スキーにはまっています。


by 幸田 晋

<伊方原発>再稼働迫る中の訓練 実効性に疑問の声 大分

<伊方原発>

再稼働迫る中の訓練 
実効性に疑問の声
 

大分


10/13(土) 10:02配信より一部

毎日新聞

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181013-00000018-mai-soci

 ◇高齢者避難に不安も

 四国電力伊方原発(愛媛県伊方町)の重大事故を想定した大分県の原子力防災訓練が12日、大分市佐賀関などであった。伊方原発は「日本一細長い」とされる佐田岬半島の付け根に立地。事故が起きれば、原発西側の住民約4700人が孤立する恐れがある。27日には再稼働が予定されている。今回は初めて佐伯市を避難ルートに加えたが、「大津波が大分側を襲ったら……」「高齢者が訓練通りに動けるのか」などと訓練の実効性に対し、疑問の声が漏れた。【田畠広景、柳瀬成一郎】

 ◇原発事故

 事故は震度6強の地震が発生し、原子炉が停止、放射性物質が流出したと想定。広瀬勝貞知事は内閣府や中村時広・愛媛県知事ら関係機関13カ所を結ぶテレビ会議に出席した。中村知事は「避難受け入れにご協力を」と要望。広瀬知事は「港湾は大丈夫と聞いている。受け入れの連絡をしている」と応じた。

 大分への海路避難訓練は今回で4回目。住民計40人がフェリーなどに分乗し、大分市佐賀関と佐伯市に避難を始めた。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2018-10-14 06:45 | 九電労組 | Comments(0)