スキーにはまっています。


by 幸田 晋

日米交渉という国難には与野党を超えて迎え撃つしかない

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

日米交渉という国難には
与野党を超えて迎え撃つしかない


「天木 直人の公式ブログ」  
2018年10月19日より転載


 いよいよ来年1月から日米貿易交渉が本格的に始まる。

 この交渉は、安倍政権の発表とは裏腹に、サービス分野も含めた事実上の二国間自由貿易交渉だ。

 ライトハイザー米通商代表部代表が16日、声明を出してそう宣言した。

 おまけに、パーデュー農務長官は農産品関税のさらなる引き下げを求め、ムニューシン財務長官は為替条項の導入の要求を公言した。

 そこで思い出すのがトランプ大統領の発言だ。

 米国の要求に対し、どれくらい対価を払わなければならないか日本に伝えた途端、安倍首相との良好な関係は終わるだろうと。

 これが、まさしく来年の1月から現実のものとなるのだ。

 この米国との交渉を、安倍政権の対米従属外交の失敗だと攻めるだけでは何の解決にもならない。

 実態を隠す安倍政権をゴマカシだと批判してもはじまらない。

 なぜなら、どんな政権であったとしても、トランプ大統領の米国第一の要求は防げなかったに違いないし、誰が首相や閣僚であっても米国の理不尽な要求を止められなかったからだ。

 来年1月から始まる日米交渉はまさしく国難である。

 国難に対応するには、与野党の違いを超えて挙国一致して対応しなければいけない。

 国益を守る事で一致し、そして負担を甘受しなければいけない場合は、皆が等しく負担を分担する。

 特定の政党、業界、国民に都合のいい形で交渉が進められてはいけないのである。

 メディアは情報公開に徹し、国民が納得するように、日米交渉を監視しなければいけないのである。

 国難に対処する要諦は、公平、公正、透明性の徹底である(了)

*****



ここまで来れば金正恩は
先に譲歩の姿勢を見せるべきだ


「天木 直人の公式ブログ」  
2018年10月19日より転載


 私は北朝鮮の為に提言しているのではない。

 日本のためだ。

 日本のために朝鮮戦争終結宣言は一日も早く行われるべきだ。

 その結果、事実上の在韓米軍である駐韓国連軍の撤退が実現し、それが本物の在韓米軍の縮小・撤退につながり、そして、最後は在日米軍の撤退・縮小につながる。

 それこそが日本のためであり、それを期待するから金正恩委員長に助言しているのだ。

 金正恩委員長は文在寅大統領に語ったらしい。

 米国が相応の措置を取る場合、核開発施設やミサイル実験場やミサイルの廃棄だけではなく、現在保有している核兵器と核物質をすべて廃棄する用意があると。

 それを文在寅大統領はマクロン大統領を通じ米国に、そして世界に代弁している。

 これは物凄い決断だ。

 この言葉に偽りがなければ、金正恩委員長はトランプとの駆け引きをきっぱりと止め、6月の南北首脳会談の合意から一歩踏み込んで、トランプ大統領を信じるから、北朝鮮から先に、完全かつ検証可能で不可逆的な非核化を受け入れると宣言するのだ。

 トランプのだまし討ちはないと覚悟を決めるのだ。

 そうすれば、トランプ大統領は、北朝鮮を屈服させたと世界に喧伝し、制裁解除と米朝国交化に踏み切るだろう。

 米朝合意の最大の問題は、非核化と体制保証の同時実現という堂々巡りにあった。

 ならば、その堂々めぐりを、金正恩委員長の譲歩によって打ち破るのだ。

 負けるが勝ちである。

 そうすれば世界が北朝鮮の体制を保障してくれるだろう。

 もちろんトランプ大統領も体制保証に応じる。

 繰り返して助言する。

 いま、金正恩委員長に求められているものは、非核化と体制保証のどちらが先かという不毛なゲームを続けることではない。

 文在寅大統領に自らの立場を代弁させることではない。

 みずから先に譲歩して、非核化の決断をし、歴史を動かす事である。

 そうすれば、少なくとも東アジアの和平は一気に進む。

 まさしくそれは日本のためである(了)

*****



米国の沖縄選挙工作を示す極秘メモ
発覚に沈黙するメディア


「天木 直人の公式ブログ」  
2018年10月19日より転載


 またもや驚くべき極秘文書が米国側の公表で明らかになった。

 きのう10月18日、ワシントン発時事が報じ、それを毎日新聞が引用して報じた。

 すなわち、米ジョージ・ワシントン大学の国家安全保障公文書館は、16日、沖縄返還前の1965年に当時のライシャワー駐日大使らが、米統治下にあった沖縄に対する政策を話し合った米政府の極秘会議メモを公表したというのだ。

 その中で、ライシャワー大使は沖縄の選挙に影響を与えるための資金工作を提起、自民党の政治家を介して資金をばらまくことを提案していたというのだ。

 しかもライシャワー氏はさらにこう語っていたという。

 米政府が直接資金を投入するのではなく、自民党の政治家に託して最も効果的な方法で使ってもらうことが「より安全な方法だ」と。

 その資金がきちんと沖縄側(琉球側)に届くのかという懸念に対し、「日本の保守政治家にとっても、選挙の勝利は死活的に重要」だから問題ないと。

 日本の政治家も金をつぎ込むとの見方を示した上で、「彼らの資金に上乗せしてもらうだけで、完全に秘匿できる」、と主張したという。

 物凄いライシャワー大使の発言だ。

 現ナマが自民党政治家に直接わたっていたのだ。

 この事実は、もはや極秘ではない。

 ジョージ・ワシントン大学が公表したのだ。

 それをいち早く時事が見つけて読み解き、その一部を報じたのだ。

 それを毎日新聞が引用しただけなのだ。

 私はてっきりきょう10月19日の主要各紙が、このニュースを後追いして、詳しく報道してくれるものとばかり思っていた。

 なぜならば、時事通信社はあくまでも配信社であり、スピード性を重視する。

 スタッフも限られており、本格的に翻訳、分析して国民に知らせるのは大手紙の仕事だからだ。

 ところが今日の新聞にはどこにもその関連記事は見当たらない。

 毎日新聞でさえも時事のニュースを引用しただけで終わっている。

 これは明らかに大手紙の怠慢だ。

 怠慢でなければ意図的な情報隠しである。

 1965年当時と言えば安倍首相の大叔父に当たる佐藤栄作政権時だ。

 その時の内閣の大蔵大臣は福田赳夫氏だ。

 その子息は福田康夫元首相であり、いまではそのまた子息の福田達夫議員が世襲している。

 この沖縄工作は、まさしく今の政治家たちにとって無縁ではないのだ。

 いまからでも遅くない。

 いくら時間をかけてもいい。

 大手メディアはジョージ・ワシントン大学が公表してくれた極秘文書の全貌を国民の前に明らかにすべきだ。

 野党議員はこの公表された極秘メモに基づいて、安倍首相や自民党議員の責任を追及すべきだ。

 それから50年以上も経ったいまの沖縄の選挙でも、同様のことが行われていな保証はない。

 この問題は国会で徹底追及さるべきである(了)

*****



「ローマ法王、訪朝に前向き」
というニュースに思う


「天木 直人の公式ブログ」  
2018年10月19日より転載


 文在寅大統領がバチカンを訪問し、金正恩委員長からの訪朝要請を伝えたところ、フランシスコ法王は前向きな姿勢を示したという。

 このニュースを知って、私の頭に様々な思いが駆け巡った。

 ひとつは金正恩委員長の和平外交攻勢だ。

 独裁政権にとっては人民の心をとらえる宗教は邪魔なはずだ。

 それにもかかわらず、このタイミングでローマ法王を招待する。

 平和外交に舵を切って国際社会の仲間入りをしたいのだ。

 もちろん米国に対し、非核化の意思は本物である事をアピールする狙いがある。

 二つは文在寅大統領のメッセンジャー外交だ。

 ここまで金正恩委員長のために代行外交をしている。

 文在寅大統領の南北融和の思いは本物だ。

 そしてフランシスコ法王の平和に対する強い思いである。

 法王はこう文在寅大統領に応えたという。

 あなたの伝達だけでも十分だが、公式な招待状があってもいいと。

 まだ北朝鮮の非核化が実現していない段階で、ここまで訪朝に前向きとは驚きだ。

 明らかに米朝首脳会談の成功を願って、北朝鮮を励まそうとしているのだ。

 フランシスコ法王の平和に対する思いは本物だ。

 それらの思いの中で、私が一番強く思ったのは、フランシスコ法王の訪日は、いまどういう状況にあるのかということだ。

 法王の訪日がメディアで取り上げられてから久しい。

 しかし、その後ぷっつりと報道が途絶えた。

 フランシスコ法王が、「焼き場に立つ少年」(筆者註:米国の従軍カメラマンである故ジョー・オダネル氏が撮影した、原爆投下直後の長崎で、亡くなった幼子を背負って焼き場で順番を待っている少年の姿を映した写真)の写真を見て感動し、新年の挨拶状と共のその写真を世界に配布したというニュースが流れたのは今年のはじめだった。

 そのニュースで私はフランシスコ法王の、平和、非核を願う強い思いを知った。

 だから、法王の訪日を歓迎し、出来れば同じく平和を願う今上天皇の在位のうちに、つまり来年4月までに、訪日してもらいたいと願っていた。

 そして、過日、バチカン大使館を訪れる機会があった時、バチカン大使にローマ法王の来日予定について尋ねてみた。

 その時バチカン大使は、明らかに狼狽した表情を見せて、その件については、私は何も承知していないと、話をそらした。

 私は自らの大使の経験から、このバチカン大使の動揺を見て直感した。

 ローマ法王の訪日案件は、バチカン法王庁と日本政府の間の微妙な外交問題となっているに違いないと。

 はたして、ローマ法王の訪日が遅れている理由はどこにあるのだろう。

 平和を望むローマ法王が広島、長崎の日本を訪れたいと思ってるのは間違いない。

 にもかかわらず法王の訪日が遅れている理由は、安倍首相の日本を訪れることに法王のためらいがあるのか。

 それとも安倍首相の方が、あえて今上天皇の退位の後まで、法王の訪日を遅らせたいと思っているのか。

 いずれにしても、ローマ法王が訪日より先に訪朝するような事があっては、憲法9条を誇る日本にとって残念だ。

 今上天皇もまた、ローマ法王の訪朝のニュースを残念な思いで聞かれたのではないだろうか。

 ローマ法王の訪日はいまどういう状況になっているのだろう。

 取材して、報道してくれるメディアが出て来ないものだろうか(了)

*****
by kuroki_kazuya | 2018-10-20 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)