スキーにはまっています。


by 幸田 晋

沢田研二ドタキャン騒動で知った…反原発・反核の人になっていたジュリー

沢田研二
ドタキャン騒動で知った…

反原発・反核の人に
なっていたジュリー


10/20(土) 9:00配信より一部

週刊SPA!

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181020-01518810-sspa-soci

 いまだ余波が収まらない、沢田研二のドタキャン騒動。

 10月17日、さいたまスーパーアリーナで予定されていたコンサートを当日になって中止し、本人は帰ってしまった件だ。翌18日にメディア陣の取材を受けた沢田研二は、イベント会社から動員数が9000人と聞いていたのに直前に7000人だと聞かされたと明かし、「客席がスカスカの状態でやるのは酷なこと。『ライブをやるならいっぱいにしてくれ、無理なら断ってくれ』といつも言ってる」と中止の理由を語って謝罪した。

◆沢田研二は本気の反原発論者

 一方、ある個人のツイートをもとに、ネットニュースの一部が「会場で反原発の署名集めをしようとして、会場ともめたせい」という説を報じた。だが、J-CASTニュースの取材(10月19日)に対して、沢田研二の事務所は「署名活動を行うときは、すべての会場に許可を求めており、埼玉スーパーアリーナではやる予定はなかった」と否定、会場側も「署名の話はなかった」と否定した。

 これらの報道で初めて知った人も多いと思うが、実は、沢田研二は熱心な反原発論者。東日本大震災の翌年2012年以降、毎年3月11日に、反原発や反核平和をテーマにした4曲入りシングルをリリースしているのだ。たとえば2018年3月にリリースした『OLD GUYS ROCK』に入った「核なき世界」は、「核なき世界 嘘果せても 逃げ果せても」「傘が命を護りはしない」「国はみんなを護りはしない」といった歌詞だ。

◆2008年還暦コンサートで“憲法9条賛歌”を熱唱

 それにしても、いつから沢田研二は政治的な行動をするようになったのだろう? この10年で何度もコンサートに行ったファンはこう言う。

「よく知られるようになったのは2008年頃だと思います。私、2008年12月の還暦コンサート(東京ドーム)に行きましたが、6時間以上、80曲を歌い続けて素晴らしかった。

 そのときコーラス隊をバックに歌った曲が『我が窮状』。これは、自分の窮状と、憲法9条をかけてるんですよ。えっ、ジュリーがいつの間にか護憲派になってる!とびっくりしましたけど。仕事が減った自分の窮状を素直に歌っちゃって、ダジャレで9条にかけるってすごいな、と」(50代男性ファン)

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2018-10-21 06:54 | 学ぶ | Comments(0)