スキーにはまっています。


by 幸田 晋

【追跡スクープ】国も手が出せない“除染マネー”の「ブラックボックス」

【追跡スクープ】
国も手が出せない
“除染マネー”の
「ブラックボックス」


10/22(月) 18:02配信より一部

FNN PRIME

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181022-00010005-fnnprimev-soci

そのまま地中に…

あの原発事故から7年半…。

大手ゼネコン清水建設が国から請け負った除染事業で現場作業員が不法投棄容疑で立件された。
福島県警が18日、書類送検したのは清水建設の下請け除染企業A社(福島県いわき市)の現場作業員など3人。
福島県大熊町で続く、家屋の除染解体工事(帰還困難区域内等)で、放射性物質が付着した廃棄物(瓦礫等)計283キロを指定の仮置場に運ばず、重機でそのまま近くの地中に埋めた放射性物質汚染対処法違反の疑いだ。

「なぜ」不法投棄は起きたのか?

関与した作業員は、不法投棄の理由について、細かい廃棄物を仮置き場に運ぶには、人手と労力がかかるため、下請け除染企業A社の上司から「とりあえず小さいものは埋めてしまえ」と“指示”されたとFNNに話した。

しかし、この上司は県警の事情聴取に指示を否定。上司は立件されていない。

この作業員はA社の“利益体質”について次のように指摘する。

「どんな形でもバレなければ、売上をあげれば評価されるような考えが皆あったと思う」

「除染マネー」…43億円の巨額役員報酬

この下請け除染企業A社は、代表ら役員が巨額の報酬を得ていたことがFNNの取材で判明している。

A社の1年間(2016年1月~12月)の驚きの利益構造だ。


【清水建設が国・自治体から受注した除染・関連事業等の下請けにより】

売り上げ(営業収益) =約105億円

利益(売上総利益)=約56億円

役員報酬(代表ら役員)=約43億円

注目すべきはこの巨額の役員報酬の原資だ。

除染費用は原則、東京電力に請求することになっているが、税金や電気料金が充てられる可能性が高く、結局は“国民が負担”することになる。
つまり “国民の金”の半額近くが除染企業の“フトコロ”に入っていたのだ。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2018-10-23 06:25 | 土建 赤字 無責任 | Comments(0)