スキーにはまっています。


by 幸田 晋

徴用工問題の本質を見事に解説してくれた週刊プレーボーイ

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

徴用工問題の本質を
見事に解説してくれた週刊プレーボーイ


「天木 直人の公式ブログ」  
2018年11月12日より転載


 徴用工問題について、はじめてまともな記事を見つけた。

 きょう11月12日発売の週刊プレーボーイ(11月26日号)の記事がそれだ。

 「徴用工問題ー日韓が自国民には言いたくない『後ろめたい事情』とは!?」と題するこの記事は、韓国嫌いの国民も、安倍嫌いの国民も、すべての国民が虚心坦懐に必読すべき有益な記事だ。

 週刊プレーボーイに敬意を表して、ここではその要旨をあえて紹介しない。

 ぜひ購読して永久保存版にしていただきたいからだ。

 今後、この徴用工問題がどのような形で日韓両国間の外交・政治問題に発展していくか私には想像できないが、どのような展開になろうとも、この週刊プレーボーイに書かれている内容の一つ一つが、どの専門家の解説より立派な教科書になるだろう。

 この記事は次の文章で締めくくられている。

 「・・・『韓国は約束を守らない』、『日本は歴史を直視しない』、と罵しり合っても稚拙な対抗論、バッシング論に流されるだけだ。いたずらに日韓対立をエスカレートさせることなく、個人の被害を救済する。そのための知恵を日韓政府はいまこそ発揮すべきではないか?」

 その通りである(了)

*****




ペンス副大統領には、
日本に来てまで対中宣戦布告をさせてはいけない


「天木 直人の公式ブログ」  
2018年11月12日より転載


  ペンス米副大統領がきょう11月12日に訪日する。

 パプア・ニューギニアで開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)にトランプ大統領の代行として参加するためのアジア歴訪の一環で日本に立ち寄るのだ。

 そして、このペンス米副大統領の訪日を、メディアは安倍・菅暴政コンビの振り付け通り、大きく書き立てるだろう。

 見ないでもわかる。

 いまやペンス副大統領はトランプ大統領政権の最も重要な人物だ。

 トランプ大統領に何かあれば大統領になる人物だ。

 そのペンス副大統領が中間選挙後に真っ先に日本を訪問する意義は大きい。

 揺ぎ無い日米同盟のあかしだ、などなど。

 そして、報じるだろう。

 北朝鮮の非核化に向けて制裁を緩めない事であらためて一致したと。

 そこまではいい。

 しかし、日本に来てまでペンス副大統領に対中宣戦布告をさせてはいけない。

 ペンス副大統領は、去る10月4日、米国のシンクタンク、ハドソン研究所で50分にもわたる歴史的な対中国敵視政策演説を行った。

 その内容の激しさは、専門家をしてこれは宣戦布告だ、と言わしめたほどだ。

 その対中国敵視政策演説を、今度はアジア太平洋経済協力会議の首脳の前で行うために、ペンス副大統領はパプア・ニューギニアへ行くのだ。

 米国内でいくら対中敵視政策の批判を行っても、それは自由だ。

 APEC首脳会議と言う場で対中敵視政策演説を行っても、それは米国の外交の選択肢だ。

 しかし、日本に立ち寄って、日本で対中敵視政策の発言をすることだけは、日本は許してはいけない。

 おそらく安倍首相はそれをさせるだろう。

 そして中国に向けて、中国に法の支配を尊重させることで一致した、中国の海洋進出阻止に向けて日米共同で対処する事で一致した、などと発信するだろう。

 しかし、これだけはメディアは無批判に垂れ流してはいけない。

 メディアは米中の戦争にだけは、日本は巻き込まれてはいけないと書くべきだ。

 日中戦争に自ら巻き込まれようとする安倍首相に、メディアは、それだけはしてはいけないと、引き留め役を果たさなければいけない。

 これだけは安倍首相に釘を刺さなければいけないのだ。

 果たしてメディアはペンス訪日をどのように報じるだろうか(了)

*****
by kuroki_kazuya | 2018-11-13 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)