スキーにはまっています。


by 幸田 晋

<石川文洋さん>列島縦断挑戦 15日に東海第2原発を取材

<石川文洋さん>
列島縦断挑戦 

15日に東海第2原発を取材


11/14(水) 23:18配信より一部

毎日新聞

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181114-00000137-mai-soci

 ベトナム戦争を生々しく伝えた報道写真家、石川文洋さん(80)が、北海道から沖縄まで太平洋岸約3500キロを踏破する「列島縦断あるき旅」に挑んでいる。高齢に加えて心筋梗塞(こうそく)を患った経験もあるが、元気に一人旅を続ける。来年5月のゴールを目指して14日は国道6号を茨城県日立市から東海村まで南下した。その途中、JR常陸多賀駅(同市多賀町1)付近では、色付き始めたケヤキ並木にカメラを向けた。【根本太一】

 石川さんは今年7月に日本最北端の北海道・宗谷岬を出発した。スキーのストックを両手に持つ「ノルディック・ウオーキング」スタイルだ。ポケットが多く付いたベストを着用し、重さ約10キロのリュックを背負って歩き続ける。夜はビジネスホテルなどに宿泊。食事はコンビニエンスストアの弁当で済ませることが多いという。

 石川さんは沖縄県生まれ。世界各地の紛争地帯から戦争の愚かさを報じてきた。2000年代、気晴らしに始めた自宅近くの散歩で、歩くことの魅力に取り付かれたという。

 03年に日本海側約3300キロを歩き、日本列島を縦断。06年の四国八十八カ所遍路の旅で心筋梗塞を発症したが一命を取り留め、さらにリハビリでウオーキングに励んだ。

 80歳にもかかわらず2度目の列島縦断に挑む第1の理由は、東日本大震災という。車を使って取材はしたが、歩いて回って、話を聴くことで、初めて見える現実があると考えた。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2018-11-15 06:48 | 核 原子力 | Comments(0)