スキーにはまっています。


by 幸田 晋

核のごみ、処分場推進派から現金1000万円受領 南大隅町長「誘致と無関係」

核のごみ、
処分場推進派から
現金1000万円受領 

南大隅町長


「誘致と無関係」

12/20(木) 21:05配信より一部

毎日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181220-00000094-mai-soci

 鹿児島県南大隅町の森田俊彦町長(59)は20日、鹿児島市で記者会見し、原子力発電所の使用済み核燃料から出る高レベル放射性廃棄物の最終処分場誘致を求める東京の会社役員や町民ら4人から、2009年の初当選前に現金計1000万円を受け取っていたことを明らかにした。森田氏は「個人的な借り入れで、誘致とは関係ない」と説明。一方、現金を渡した町民の一人は毎日新聞の取材に対して、「誘致のために選挙資金として渡した」と話している。

 森田氏は09年4月の町長選で初当選し、現在3期目。1期目の途中で最終処分場の誘致反対を表明したが、融資を受けた東京の会社役員に初当選後に誘致交渉を一任する「委任状」を出していたことが13年に発覚し、町議会で問題となった。

 森田氏によると、08年、最終処分場の誘致推進派の町民らから翌年の町長選への出馬要請を受け、立候補を決意。09年1月と選挙直前の2回に分けて、東京の会社役員から400万円、町民3人から各200万円の計1000万円を現金で受け取ったという。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2018-12-21 06:55 | 土建 赤字 無責任 | Comments(0)