スキーにはまっています。


by 幸田 晋

原発ゼロで日本は発展する!

原発ゼロで日本は発展する!
 タイトル「黙って寝てはいられない」
 小泉純一郎/談 吉原 毅/編 扶桑社
(解説:吉原 毅) (上) (2回の連載)


たんぽぽ舎です。【TMM:No3079】
2017年5月18日(木)午後 09:46
地震と原発事故情報より一部


┏┓
┗■2.書籍の紹介
 |  原発ゼロで日本は発展する!
 |  タイトル「黙って寝てはいられない」
 |  小泉純一郎/談 吉原 毅/編 扶桑社
 |  第7章「原発ゼロ」で安心して経済成長できる社会を…
 └──── (解説:吉原 毅) (上) (2回の連載)

◯加藤寛先生との繋がりで小泉元首相が二代目名誉所長に

 私が「原発ゼロ」で小泉さんと行動をともにするようになったのは、2012年4
月に城南信用金庫の「友の会」設立総会で講演をしていただいたことがきっかけ
でした。
 その翌年(2013年1月)、慶応大学時代のゼミの先生で親しくさせていただいた
加藤寛名誉教授が、「日本再生最終勧告 原発即時ゼロで未来を拓く」というご
著書をまとめられた直後に亡くなられました。
 加藤先生に城南総合研究所の初代名誉所長を引き受けていただいたこともあっ
て、本社でお骨を一時的に預かってお葬式をしました。その時、小泉さんが突然
来られて御線香をあげられたのです。
 そんな縁から、城南総合研究所の二代目名誉所長を小泉さんにお願いし、快諾
していただきました。
 それ以降、加藤先生が最後に訴えた「原発即時ゼロ」を目指して、行動をとも
にしています。

 川内原発再稼働が迫っていた2015年6月に小泉さんが鹿児島で講演をした時も、
柏崎刈羽原発の再稼働を認めない泉田裕彦・新潟県知事に会った時も、大間原発
の凍結を訴える工藤寿樹・函館市長を激励した時も一緒でした。
 2015年6月に泉田新潟県知事と食事をしながら意見交換をしましたが、「福島
原発事故の検証が終わるまで再稼働をするべきではない。いまだに地震か津波か
原因が特定されていない」という知事の話に対して、小泉さんは「なるほど、頑
張ってください」と共感していました。
 川内原発再稼働が迫っていた鹿児島での講演では、小泉さんは「日本の原発テ
ロ対策は不十分」と指摘していました。ベルギーのテロで原発が標的の一つにな
っていたことを予見するかのような警告を発していたのです。改めて「先見の明
がある」と感じました。

 2015年10月に工藤市長と懇談した時にも、函館の対岸に建設中の「大間原発」
(青森県大間町)が原発テロに対して脆弱との説明を聞くと、「沿岸から乗り込ま
れたらおしまいだね」と小泉さんは頷いていました。
 津軽海峡は外国の潜水艦や不審船が行き交う国際海峡で、「ふつう領海12海里
で22キロメートルぐらいあるが、津軽海峡は3海里で5.5キロメートルしかありま
せん。テロ船であろうが、不審船であろうが、あっと言う間です。福島第一原発
の事故で分かったことは、海から機関銃を持って乗り込んで行って電源を全部切
れば、福島と同じことが起きるということです」と工藤市長は説明しました。
 さらに工藤市長が「常に自衛隊の艦船がいるわけでもないし、海上保安庁が見
張っているわけでもないから、すぐですよ。イスラム国みたいなものに同調する
ようなテロリストが出てきたら、もう一発ですよ」と警告を発すると、小泉さん
が「特殊潜航艇を造られたら、もう一発だね。戦前、日本はシドニー湾まで攻撃
しているのだから」と答えるやりとりもありました。
 稼働していない原発でも、原発テロのリスクを抱えています。使用済核燃料を
水冷しているプールが攻撃され、水が抜かれたらメルトダウンを起こしてしまう
からです。

◯「原発ゼロ」は、日本国を思う人たちの結論

 警察官僚出身の亀井静香・衆院議員(元金融・郵政改革担当大臣)も原発テロの
リスクを指摘しながら、「原発は絶対に再稼働すべきではない」「イスラム国は
日本をテロの対象に加えてくる。安倍首相が挑発するのはとんでもない」とはっ
きり言っています。小泉政権時代に自民党を離党した亀井さんは、元警察官僚の
保守派政治家です。
 そんな亀井さんが、「原発事故が万が一起きた場合、福島原発事故の対応を見
ても分かるように、警察官や自衛隊員や消防署員の方々が命がけで収拾に当たら
ないといけない。たかが電気会社の金儲けのために、自衛隊員や警察官や消防署
員の命が失われることがあってはならない」と訴えていました。元警察官僚とし
て「国民の安全を守るためには『原発ゼロ』が当然」と言うのです。私もまった
く同じ考え方です。 

 天皇陛下も2016年の新年の挨拶で「日本は地震が多い国です。危険なことがな
いように」と仰っています。「原発は再稼働をするべきではない」とは直接言え
なくても、お言葉の端々からそう感じます。
 現に皇室関係者からも「天皇陛下は『原発再稼働はするべきではない』という
考えです」ということを聞いています。
 日本国の事を考えたら「原発ゼロ」というのは、日本国を思う人たちの結論な
のです。「そんなことはどうでもいいから金儲けのことを考えよう」という原発
推進の人たちは“国賊”といえます。

◯「電力会社の倒産=電気が来なくなる」ではない

 小泉さんは「原発事故以降、“ほとんど原発ゼロ”で5年間できている」とい
う話をされていますが、私も同意見です。このまま原発を止め続けても、日本が
困ることはない。
 「原発即時ゼロ」こそ、現実的なエネルギー政策なのです。
「電力会社の経営が苦しくなる」という主張もありますが、「仮に会社が潰れて
も会社更生法ですぐに立ち直れます。事業は続けられます」と反論しています。
「会社を潰す」というのは、「それまでの経営者が辞める」ということであって
「社員は仕事を続けることができる(事業は存続する)」ということです。

 会社経営によっては珍しい話ではなく、国民にとっても、「電力会社の倒産=
電気が来なくなる」ということではないので、たいした問題でありません。
 「間違った路線を取り続けた経営者がその責任を取って辞める」というだけの
話です。
 「原発再稼働しないと倒産してしまう」と訴えている電力会社の経営者は、
「責任を取りたくない」と自己保身に走っているだけの話です。

 例えば、会社更生法が適用された日本航空も新しい会社として生まれ変わり、
事業は続けられた。電力会社も同じです。間違った原発依存路線を取った経営者
が責任を取って辞めるというだけの話です。 (下に続く)

 ※吉原 毅氏の許可を得て引用。

*****
by kuroki_kazuya | 2017-05-19 06:15 | 核 原子力 | Comments(0)