スキーにはまっています。


by 幸田 晋

日本国民を相手にしようとしないハガティ大使は日米関係の象徴だ

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

日本国民を相手にしようとしないハガティ大使は
日米関係の象徴だ


「天木 直人の公式ブログ」  
2019年2月5日より転載


 きょう2月5日の朝日新聞が、ハガティ米国駐日大使とのインタビュー記事を大きく掲載している。

 そこで彼が語っている内容は、米国の立場を一方的に日本に押しつける傲慢そのものだ。

 まるで日本はそれに従って協力しろといわんばかりだ。

 いわく、中国も参加するあらたなIFN条約をつくらなければいけないと。

 いわく日本企業もファーウェイ製品を使わないように米国の協力すべきだと。

 いわく、米国は日米貿易交渉についてTAG(物品貿易協定)などという言葉は使わない。

 日米交渉に向けた日本政府のこれまでの対応は失望的だと。

 いわく、辺野古以外の案はないと。

 いわく最近の日韓関係の悪化は深刻であると。

 よくもここまで日本に注文がつけられるものだ。

 このハガティ大使は、着任が遅れたばかりか、着任後、ほとんどメディアに登場することなく、登場したと思ったら日本に注文をつけることしか言わない。 
 
 トランプ大統領が訪日した時しか日本国民の前に姿を現した事はない。

 かつてマイク・マンスフィールド という米国上院の重鎮議員が駐日大使となり日米友好関係に尽力し、日本の各界の敬愛をあつめた(77年―89年)ことがあった。

 いまとなっては語り草だ。

 その後の駐日米国大使は、日米友好に意を払ったのはせいぜいハワード・ベーカー駐日大使(01-05)ぐらいで、あとは皆日本を相手にしなかったり、日本嫌いの大使ばかりだ。

 その行き着く先がこのハガティ大使だ。

 もっとも、その前任はキャロライン大使だが、彼女はお人形さんに徹し、難しい政治問題に一切かかわらなかった。

 安倍・オバマの疎遠な仲をごまかすように昭恵夫人との友好関係演出に専念した。

 これはこれで日本をバカにしている事になる。

 要するに、駐日米国大使は日米関係そのものを物語っている。

 戦後が遠ざかるほど日米関係が疎遠になっていくごとくだ。

 日本の対米外交は、根本的に間違っていたのではないのか、と言う事である(了)

*****



始まってすぐに茶番と化した
今度の国会


「天木 直人の公式ブログ」  
2019年2月5日より転載


 よくも毎日、毎日、メディアは飽きもせずに統計不正問題を大騒ぎして報道するものだ。

 安倍政権批判の朝日や東京だけでなく、読売、産経までも熱心に報道している。

 おかしくはないか。

 その理由は簡単だ。

 この統計不正問題は安倍政権にとって大した問題にならない事を知っているからだ。

 安倍首相にとって都合の悪い内政・外交問題は山ほどある。

 それを追及させないために、この問題を大騒ぎして、野党を釘付けにしようとしているのだ。

 そして、ただでさえ短い審議時間を終わらせようとしている。

 その証拠に、安倍政権は、早くも予算案の通過を口にし始めた。

 メディアがそれを当たり前のように報じ始めた。

 野党は激怒しなければ嘘だ。

 そんなことをするなら直ちに内閣不信任案を叩き付けなければいけない。

 しかし、その覚悟は今の野党には皆無だ。

 ここぞとばかり安倍首相は解散・総選挙に打って出る。

 そうなれば野党は選挙協力が間に合わない。

 それを、安倍政権も、安倍政権を忖度するメディアも知っている。

 始まったばかりの国会は、すでに茶番と化してしまったと言う事だ。

 ここまで日本の政治は劣化してしまった。

 政治家たちがつまらない連中の集まりになってしまった。

 私が官僚をやっていた頃には、といってもすでに20年も前の話だが、考えられないような緊張感のない国会である(了)

*****




なぜメディアは
天皇在位30年式典の事を大きく報じないのか


「天木 直人の公式ブログ」  
2019年2月5日より転載


 私は1月26日のメルマガ第63号で書いた。

 安倍首相は辺野古の是非を問う沖縄県民の投票日に天皇陛下在位30年記念式典をぶつけて来たと。

 それは、偶然ではないと思ったからだ。

 そして、そう書くことによって、メディアがこの天皇在位30年記念式典の事についてもっと関連記事を書いて国民に教えてくれることを期待したからだ。

 野党がこの事を国会で取り上げてくれることを期待したからだ。

 なによりも沖縄県民がこの事に気づき、県民投票日と天皇在位以30年記念式典の日を異なる日にするように求める動きを見せることを期待したからだ。

 ところが、それから10日も経つと言うのに、メディアも野党も沖縄県民も、この2大イベントの同時開催について何も語らない。動かない。

 そもそも天皇在位30年記念式典は誰の為に、なんの為に行われるのか。

 その事が、どういう議論を経て、どこで決まったのか。

 私は知らない。

 そう思っていたら、やっときのう2月4日の一部の新聞が一段の小さな記事で報じた。

 政府は警備強化のため、出席者の本人確認に顔認証システムを使う事を決めたと。

 それだけで終わっている。

 これではまるで天皇陛下在位30年記念式典が行われる事は、もはや説明不要の当然の行事であるがごときだ。

 それで沖縄県民はいいのか。

 日本国民はいいのか。

 そのことをあらためて問うために、私はこのメルマガを書いている。

 メディアは何も疑義を呈さなくていいのか(了)

*****
by kuroki_kazuya | 2019-02-06 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)