スキーにはまっています。


by 幸田 晋

ついに天皇陛下のお言葉に応える国民が現れた!


みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。

ーーーーーーーーーーーーーー

ついに天皇陛下のお言葉に応える
国民が現れた!


「天木 直人の公式ブログ」  
2019年2月6日より転載


 天皇陛下はメルケル独首相との会談で自らの退位について言及されたと報じられた。

 それを読んだとき、私はなんともやるせない気持ちで、天皇陛下の心中を察した。

 あのお言葉に対する国民の答えが聞けないまま退位する事はこころ残りに違いないと。

 実際のところ、天皇陛下が最も心を砕いた沖縄の平和が実現されないまま退位しなければいけないのはさぞかしこころ残りに違いない。

 おまけにこの国の首相である安倍首相が、そのような天皇のこころを逆なでする意地悪ばかり繰り返している。

 辺野古移設について県民が賛否を投じる2月24日と同じ日に、安倍首相は天皇在位30年を祝う式典を行うという。

 何が祝うだ。

 これほど天皇を悲しませる事はない。

 それでも天皇は自らの心中を言葉に出せない。

 なぜ国民は、メディアは、そしてなによりも、この国の政治家たちは、動こうとしないのか。

 そう思っている私の手元に、一冊の新著が郵送で献本されてきた。

 「天皇メッセージ」(矢部宏治著 小学館 2019年2月11日初版1刷発行)という本がそれだ。

 建国記念日にあたる2月11日に発行するところがいかにも彼らしい。

 矢部宏治氏と言えば日本の戦後と日米同盟の」不都合な真実」を究明する本を編集・出版するとともに、自らも書き続けて来た言論人だ。

 私もその偉業にささやかながら貢献して来た一人だ。

 さっそくその本を読んで、私は心の中で喝さいした。

 この本こそ、国民があの天皇のお言葉に見事に応え本だ。

 その本は天皇陛下と美智子皇后が平成の時代に発せられた言葉の数々からできている。

 そしてその言葉の数々について、日本国民のひとりである著者の矢部宏治が見ごとに天皇や皇后の心中を代弁している。

 これこそが天皇のあのお言葉に対する国民の明確な「答え」だ。

 この本は、間違いなく天皇陛下と美智子皇后の目に留まるだろう。

 そして天皇・皇后は喜び、安堵されるだろう。

 これで安心して退位できると。

 この本は1億2千万の国民の必読の本だ。

 老いも若きも、天皇制に賛成するものも反対するものも、そして憲法9条改憲に賛成するものも反対するものも、ひとしく読むべき本だ。

 私は天皇のお言葉に応える二人目の国民として、憲法9条を国是とすることを公約に掲げる新党憲法9条をこの国の政治の中に誕生させるべく頑張ってきた。

 そして、ついに、4月21日に投開票日を迎える栃木県矢板市の市会議員選挙で、私の新党憲法9条に心を震わせて賛同してくれる市会議員が誕生する。

 その時こそ、新党憲法9条がこの国の政治の中に誕生する時だ。

 平成の最後にぎりぎり間に合った。

 天皇・皇后に知らせる事ができるのだ。

 矢部宏治と天木直人という二人の日本国民が、それぞれのやり方で、いままさに平成の時代が終わろうとしている時に、天皇陛下のお言葉に応ようとしている。

 新天皇と新皇后が新しい時代に目指す国の方向を、天皇。皇后に代って国民に訴えようとしている。

 全国の国民もまた、それぞれの形で後に続くべきだ。

 立ち上がるべきdさ。

 政治家たちが出来なかった事を我々国民が、実現するのだ。

 ちなみに「天皇メッセージ」は一カ月限定で電子書籍の形で全文無料公開されるという。

 問い合わせ先を以下に添付したい。

 小学館マーケティング局 井本一郎 03-3230-5359 
                  imoto852@mail.shogakukan.co.jp
 小学館新書・書籍編集室 柏原航輔 03-3230-5801

                  kashiwa@mail.shogakukan.co.jp

*****




三島由紀夫が
平成の終わりに生きていれば、と思う


「天木 直人の公式ブログ」  
2019年2月6日より転載


 三島由紀夫が自衛隊に乗り込んで割腹自殺したのは1970年11月だった。

 当時私は外務省に入って米国の大学で研修をはじめたばかりだった。

 衝撃は受けたがその訴えは当時の私には響かなかった。

 いまなら理解できる。

 理解できるが、その間違いをはっきりと指摘できる。

 1月27日の毎日新聞の書評欄で「三島由紀夫と天皇」(菅孝行著 平凡社新書)という新著について渡辺保氏が書評を書いていたのを見つけた。

 書評の中で渡辺氏は著者の意図をこう語っている。

 三島由紀夫の戯曲「サド侯爵夫人」の中のルネ夫人は、三島由紀夫そのものであると。

 一度は脱獄さえも手伝って夫のサド侯爵に寄り添ったルネ夫人が、フランス革命が起きて王室の滅亡とともに釈放されたサド侯爵の変わり果てた姿を見て、会おうともしなかった。

 三島にとってサド侯爵こそ昭和天皇だったというのだ。

 本来は神性を持っていた天皇が敗戦後の人間宣言によってその神性を失った。

 ルネの至福の根拠がアルフォンス(サド侯爵)なら、喪失の根拠もまたアルフォンスなのだ。

 そしてそれはそのまま、三島の至福の根拠が天皇なら、喪失の根拠も天皇なのである。

 この事を、渡辺保氏は書評の中でこう説明してくれている。

 「・・・日本に対する占領政策として天皇制を利用したアメリカ。そのために妥協して人間宣言をした天皇、さらにそれらを政治的に利用してアメリカに盲従し、そのことによって『戦後民主主義』という幻想を国民に抱かせ続けた保守政権。その構図は今日まで続いてきた。その虚妄のからくりがここに(三島由紀夫と天皇)に分析されている。この分析こそ60年安保、70年安保の国民運動の中に生き続けてきた著者(菅孝行)にとって、もっとも大きな問題である・・・」と。

 三島由紀夫が提起した問題は、そから半世紀近くたって、ますます深刻な問題落として日本を覆っている。

 しかし、もし三島が今も生きていれば、考えは変わらざるを得ないだろう。

 天皇は昭和天皇から平成天皇に代った。

 神聖天皇から脱却できなかった昭和天皇と違って、即位の時から象徴天皇として出発し、昭和天皇の負の遺産を清算する事に全力を注いで国民の共感と支持をた平成天皇の時代となった。

 もし三島が生きて、いまあるなら、対米従属の昭和天皇に喪失感を抱いて「極限的な孤独感」で割腹自殺する暇などないはずだ。

 平成天皇の苦悩に思いを致し、憲法9条を掲げ、命がけでて対米自立の先頭に立たなければ嘘だ。

 それこそが本物の愛国、保守である。

 安倍政権の対極にあるものである(了)

*****
by kuroki_kazuya | 2019-02-07 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)