スキーにはまっています。


by 幸田 晋

「被曝に関するウソあり」東大名誉教授論文を先輩学者が指摘

「被曝に関するウソあり」
東大名誉教授論文を

先輩学者が指摘


2/15(金) 11:04配信より一部

女性自身

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190215-00010006-jisin-soci


「とても頭の切れる方でした。だから、あの早野龍五氏が原発事故や被曝についてツイッターで発信していると知り、注目していたんです」

こう語るのは、高エネルギー加速器研究機構(KEK)の物理学者、黒川眞一名誉教授。

黒川さんは伊達市民の個人被曝データに関する論文について数々の誤りと問題点を指摘している。その論文の著者は東京大学名誉教授の早野龍五氏。共著者は福島県立医大講師で、伊達市の市政アドバイザー・宮崎真氏だ。
黒川さんは40年ほど前、早野氏と共に素粒子物理学の研究をしたことがあるという。ところが早野氏が14年に出版した『知ろうとすること』(新潮文庫)を読んで仰天した。

「彼はこの本で、あきらかにいくつかのウソを書いていた。たとえば、『福島原発事故のときより大気内核実験のころのほうが、放射性降下物は多かった』と述べている。しかし、私がデータを調べたら全く事実と異なっていました」

こうした経緯から、早野氏が福島県伊達市民の被曝に関する論文を出す、と聞いた黒川さんは不安を感じていた。

・・・(途中略)

このように、疑惑と偽りの多い“宮崎・早野論文”を、放射線防護の参考資料として採用していたのが、原子力規制委員会の諮問機関でもある“放射線審議会”だ。

放射線審議会は1月25日「宮崎・早野論文には同意のないデータが使用されていた」として、参考資料から削除する決定を下した。しかし一方で、「学術的な意義において全否定されるものではない。本審議の結論には影響しない」といった見解を表明した。

つまり、個人線量での被曝管理は過小評価にはつながらない、という“早野・宮崎論文”の結論を踏襲するということだ。

黒川さんは強い口調でこう述べた。

「早野さんは、私の反論論文を読んでいるわけだから、なんの反応もないのはおかしい。学者なら早く、私に対してきちんと回答するべきです」
by kuroki_kazuya | 2019-02-16 06:44 | 核 原子力 | Comments(0)