スキーにはまっています。


by 幸田 晋

前川前次官の国会証人喚問が実現すれば安倍・菅暴政は終わる

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

前川前次官の国会証人喚問が実現すれば安倍・菅暴政は終わる

「天木 直人の公式ブログ」  2017年5月26日より転載

 きのうの午後4時から行われた前川喜平前文科省事務次官の記者会見は圧巻だった。

 たったひとりでも、官僚のトップが覚悟を決めて正しい言動を行えば、安倍晋三や菅義偉といった三流政治家など、ひとたまりもないということだ。

加計学園系列大学の獣医学部が、
国家戦略特区の名の下に
不当に新設が承認された事は、
すでのこれまでの報道で明らかである


 しかし安倍・菅暴政コンビは権力を濫用して逃げ続けてきた。

 野党の非力さと骨抜きメディアに助けられて、「悪だくみ」をごまかして来た。

 しかし、担当官庁のトップであった前川前次官が記者会見で明らかにした言葉の数々は、安倍・菅暴政コンビにとって致命的だ。

 「あったものをなかったということはできない」

 「公正、公平であるべき行政のありかたが歪められた」

 「極めて薄弱な根拠のもとで規制緩和が行われた」

 「内閣府の回答は最後通告に近いもので、『開学は決まった事だ』(と伝えられた)。そこに、総理のご意向という言葉も出てくる」

 もしこれらの前川氏の発言が、国会で証人として語られるなら、間違いなく安倍政権は倒れる。

 天下り処罰の逆恨みであっても、風俗通いをした者の発言でも、次官をやめた後の発言でも、そんな事など吹っ飛ばすほど勇気ある発言だ。

 すべてのマイナスを克服する、国民のためになる発言だ。

 かくなる上は、野党は何があっても前川次官の証人喚問を実現させなければいけない。

 安倍・暴政コンビは、何があっても応じないだろう。

 その時こそ、野党はすべての国会審議をストップするのだ。

 あらゆる法案審議は止まる。

 共謀罪も、天皇退位特例法も吹っ飛ぶ。

 安倍首相が、やぶれ、かぶれ解散・総選挙に打って出れば、その時こそ国民が安倍・菅暴政に鉄槌を下す時だ。

 野党は何があっても前川次官の証人喚問を実現しなければいけない(了)

*****



官僚人事を私物化して行政を歪める安倍・菅暴政コンビ

「天木 直人の公式ブログ」  2017年5月26日より転載

森友疑惑や加計疑惑で明らかになった事は、
安倍・菅暴政コンビが、
公僕である官僚の人事を私物化して
行政を歪めているという、
あってはならない権力者の姿だ。

官僚は出世のためには黒を白というしかない。

安倍首相の権力犯罪を国会で擁護し続ける官僚が出世する。

このような官僚人事の私物化はあってはならない事だ。

そのあってはならない事が、
防衛省の制服組トップの人事でも行われた。

きょうの各紙が報じている。

防衛省はきのう5月25日、
河野克俊統合幕僚長(62)の定年を
1年間延長すると発表したという。

河野統幕長といえば、
あの安倍9条3項改憲発言はありがたい
と記者会見で言い放った男だ。

任期の延長どころか、
任期をはやめて交替させられるのが当然の人事だ。

それが、再び延長されるというのだ。


 この再延長の人事を報じる各紙は、判で押したように再延長された理由をこう書いている。

 河野統幕長は安倍首相の信任が厚いからだと。

 批判するならいざ知らず、よくもこんなことを当然のように書けるものだ。

 安倍首相による官僚人事の私物化を公認するメディアもまた、あってはならないメディアに成り下がっているという事である(了)

*****
by kuroki_kazuya | 2017-05-27 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)