スキーにはまっています。


by 幸田 晋

国民の知らないところで歯止めなく進む対米従属の深刻さ

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

国民の知らないところで
歯止めなく進む対米従属の深刻さ


「天木 直人の公式ブログ」  
2019年3月9日より転載


 もはやひとつひとつを書いて行っても、むなしさだけが残るほどの対米従属だ。

 どんどんと国民の税金が米軍に吸い取られていく。

 きょう3月の9日の読売が書いた。

 政府が導入を進める地上配備型迎撃システム「イージスアショア」に関し、米国が日本の費用負担で米国に試験施設を建設するよう求めている事が8日、分かったと。

 ただでさえ2基で約2400億円というイージスアショア導入の無駄遣いが、さらに膨れ上がり、今度は米国の軍事施設建設にまで使われる事になる。

 おなじくきょうの読売が書いていた。

 日本政府は4月にワシントンで2プラス2(外相・防衛相会談)を開く方向で調整に入ったと。

 そこで何が話されるのか。

 そこでは、米軍空母艦載機の離着陸訓練を硫黄島から鹿児島の馬毛島へ移転することを正式合意するという。

 なんということか。

 わずか10数億円の無人島がいつの間にか菅官房長官のひとことで、根拠不明のまま160億にまで膨れあがり、それが、今行われている国会でほとんど審議されないままに、4月に正式合意されるという。

 もいうめちゃくちゃだ。

 そういえば、米軍基地上空を飛ぶドローンが、いつの間にか禁止されることになったという報道も一週間ほど前にあった。

 いずれも一段の小さな記事であるから国民は全く知らない。

 掛け声ばかりの日米地位協定の改定の裏で、現実には日米不平等がいたるところでます当たり前のように拡大している。

 それを止めようとする政治勢力はいまや完全にゼロだ。

 新党憲法9条の実現すらも手遅れになるほどの、急速に進む日米同盟の神聖化である(了)

*****




北朝鮮「労働新聞」の
対日批判の部分のすべてを知りたい


「天木 直人の公式ブログ」  
2019年3月9日より転載


 朝鮮労働党機関紙である「労働新聞」が対日批判した事について書いた後で、東京新聞の記事で、さらに次のような対日批判の部分があったことを知った。

 安倍晋三首相や河野太郎外相らを呼び捨てにし、ハノイの交渉テーブルに「拉致問題」という風呂敷を載せようと、主人(米国)のズボンの裾をつかんで見苦しく振る舞った、頬を張り飛ばしたくなる奴らだ、と批判したという。

 過去の罪悪を十分に賠償して軍事大国の翼を閉じない限り、われわれと向き合うことを夢にも見てはならないとして、日朝首脳会談に、現時点では応じる考えが無い事をしめしたと。

 いやはや、これはひどい。

 もはやこうなったら喧嘩腰だ。

 いっそのこと、どこかのメディアが労働新聞の対日批判の部分を全訳して掲載したらどうか。

 そうすれば国民も気づくかもしれない。

 安倍首相では拉致問題は絶対に解決出来ないということを(了)

*****



王毅中国外相に
見事に否定された安倍首相の
日中関係改善発言


「天木 直人の公式ブログ」  
2019年3月9日より転載


 安倍首相が日中関係について「完全に正常な軌道へと戻った日中関係を、新しい段階へ押し上げていきたい」と答弁したのは6日の参院予算委員会だった。

 それを報道で知った私は 外交の行き詰まりをかわすための苦し紛れの大ウソだと書いた。

 私が書くまでもなく、王毅中国外相が、それからわずか2日後の3月8日に、全国人民代表大会に合わせて行った記者会見で見事に証明してくれた。

 確かに王毅外相は、「日中関係は安定した発展期に入る事が出来る」と語っている。

 しかし、それはあくまでも可能性であり、「まだ歩み始めたに過ぎない」と言っている。

 しかも「ともに努力すれば」という但し書きがついており、その努力とは「歴史に誠実に向き合う事」だと言っている。

 何のことはない。

 これまでの中国の考えと何も変わらない。

 まさしく安倍首相には、「完全な日中関係の改善など」、出来ないということだ。

 それよりもなによりも、王毅外相の記者会見の中心は米中関係であり、北朝鮮問題であり、その後に欧州、アフリカ、インド、・パキスタン、中南米との関係が続き、最後に出てくるのが日中関係だ。

 極めつけは、きょう3月9日の読売新聞の解説記事だ。

 習近平主席の中国にとって米国やロシアが大国とすれば、日本は韓国やベトナム、ラオスと並ぶ周辺国に分類されている(2018年版外交白書)という。

 (筆者註:そういえば数年前に中国外務省から日本課という部局がなくなって韓国などと一緒に取り扱われる地域課になったという報道があった記憶がある)

 要するに、今や日本は中国にとって、内外情勢に合わせて利用される存在になった(同読売)ということだ。

 それにしても、ここまで重要な王毅外相の記者会見であるというのに、ほとんどの新聞は小さな扱いで終わっている。

 まるで安倍首相に忖度しているかのごとくだ。

 安倍首相の御用新聞である読売新聞が一番詳しく、的確な報道しているのは、なんとも皮肉である(了)

*****




「次は私が金正恩委員長と
首脳会談する番だ」いうおまじない


「天木 直人の公式ブログ」  
2019年3月9日より転載



 米朝首脳会談の失敗を見た安倍首相は、次は私が金正恩委員長と首脳会談する番だと繰り返している。

 私はこの発言は、「ウソ」ではなく、「おまじない」だと皮肉を込めて切り捨てた。

 あり得ないことをひたすら念じるのは、嘘ではなく、念仏の領域だからだ。

 それにしても、このタイミングで、ここまで北朝鮮に酷評され、それでも安倍首相は日朝首脳会談が出来ると本気で思っているのだろうか。

 そう思わざるを得ないほど北朝鮮は安倍外交を酷評した。

 すなわち、北朝鮮の労働新聞はきのう3月8日付の論評で、合意を得られずに終わった米朝首脳会談について、はじめてまともに言及したらしい。

 
 きょう3月9日の各紙が小さく報じている。

 労働新聞は、米朝首脳会談が成功裏に行われる事を願っていた内外は、予想外に合意文なしに終わった事に失望し、その責任は米国にあると一様に主張していると、論じているという。

 しかし、トランプ大統領の批判は避けたという。

 まさしくこれが北朝鮮の本音だ。

 そしてその後で、労働新聞はもう一つの本音を語っている。

 すなわち、皆が残念に思ってため息をついている中で、唯一日本の反動層だけは、期待したうれしいニュースに接したように、拍手して憎らしくふるまっていると酷評しているのだ。

 そして拉致問題に触れ、安倍首相らが日本人拉致問題の解決への協力を米国に要請したことを、「招かざる客の日本が朝米間に割り込んで、朝鮮半島と地域の平和を論じる事が出来ない憐れな境遇を免れようと邪魔している」と日本を批判したというのだ。


 これはものすごい安倍外交批判だ。

 こまで言われてもなお安倍首相は首脳会談しようとしているのだろうか。

 首脳会談ができると思っているのか。

 そうだとしたら本物のおまじないだ。

 拉致被害者家族会は、
この北朝鮮の安倍首相批判を
どういう思いで聞いただろうか(了)


*****
by kuroki_kazuya | 2019-03-10 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)