スキーにはまっています。


by 幸田 晋

トランプ大統領の再選で、安倍首相は喜び、苦しむ事になる

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

トランプ大統領の再選で、
安倍首相は喜び、苦しむ事になる


「天木 直人の公式ブログ」  
2019年3月13日より転載


 トランプ大統領の選挙参謀を務めたバノンという元大統領首席補佐官が読売新聞のインタビューに応じてこう語っていた。

 弾劾の危機を乗越える事が出来れば、トランプ大統領は再選されるどころか圧勝するだろうと。

 米国の政治のことは米国の政治関係者が一番よく知ってるに違いない。

 バノン氏の言っていることはおそらく正しいに違いない。

 そうであれば、どうやらトランプ大統領はさらに4年、米国の大統領を務め、やりたい放題やる事になる。

 きょうの各紙が報じた。

 民主党のペロシ下院議長がこう語ったと。

 「彼が米大統領に適しているとは思わないが、それでも私は弾劾に賛成しない」と。

 「弾劾は、抑えきれないほど圧倒的で超党派的なものでなければ、国を分断させてしまう」と。

 日本の野党もだめなら米国の野党もダメだ。

 これでトランプ大統領の再選は間違いない。

 安倍首相は大喜びだろう。

 ますます安倍4選に向けて元気づくだろう。

 しかし、安倍首相は苦しむ事になる。

 トランプ大統領の日本に対する要求はどんどん厳しくなっていくからだ。

 それを断れないからだ。

 安倍首相は、気色悪い男だ。

 日本国民にとってはまるでサディストであり、自分に対してはマゾヒストのごとくである(了)

*****



安倍4選はあり得る
(もっとやりたくて仕方がない安倍首相)


「天木 直人の公式ブログ」  
2019年3月13日より転載


 私が安倍4選もあり得ると考えるもう一つの大きな理由がある。

 それは安倍首相の4選に対するこだわりである。

 やりたくて仕方がないのだ。

 なぜか。

 それは、首相在位最長記録を達成しても、なにひとつ実績を残せそうもないからだ。

 そうなれば笑い物の首相で終わる。

 その一方で、後4年やれば、まいた種が結実し、すべてに成果が出てくるかもしれない。

 特に、世界の指導者と外交をやって来た、「外交の安倍」だ。

 トランプは弾劾さえ免れれば、再選間違いない。

 プーチンもそうだ。

 習近平もそうだ。

 そして金正恩もそうだ。

 文在寅はどうなるかわからないが、むしろ代ったほうが安倍首相にとって好ましい。

 要するに、これら指導者が皆続投し、バリバリ外交をするのに、その彼らと対等な外交が出来るのは、自分しかいなではないか。

 なぜ、自分だけが代らなければいけないのか。

 日本の国益に反するではないか。

 そう安倍首相が考えても不思議はない。

 もちろんそれは妄信だ。

 しかし、そういう妄信こそ、安倍首相が4選に固執する最大の理由だ。

 そして妄信ほど怖いものはない。

 この妄信がある限り、安倍首相は4選に猛進するに違いない。

 安倍妄信に待ったをかける政治家が出て来ない限り、安倍4選はあり得るということだ(了)

*****



安倍4選はあり得る
(安倍首相に代る政治家が見当たらない惨状)


「天木 直人の公式ブログ」  
2019年3月13日より転載


 二階自民党幹事長がきのう12日の記者会見でまた言った。

 「今の状況では安倍4選は十分あり得る」と。

 ここに至って皆がにわかにこの問題を騒ぎだすようになった。

 私を含めて、安倍首相に批判的な者たちにとっては、あってはならない事だ。

 しかし、私はあり得ることだと思う。

 安倍首相の総裁任期は2021年9月だ。

 遠い先のようだが決してそうではない。

 それまでに安倍首相に代り得る政治家が現れるだろうか。

 今の自民党を見ていると、とてもそうは思えない。

 ひるがえって野党はどうか。

 もっと見当たらない。

 立憲民主党の福山幹事長がポスト安倍は枝野党首だと語っている画像が流された。

 こんな時に冗談を言ってどうする。

 もし真顔でそう言っているなら何をや言わんやだ。

 どの国民が、枝野立憲民主党党首がこの国の首相になることを望んでいるというのか。

 いみじくも二階幹事長がつぶやくように、安倍4選は、それまでに、皆が納得する政治家が現れて来ない限り、十分にあり得るということである(了)

*****
by kuroki_kazuya | 2019-03-14 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)