スキーにはまっています。


by 幸田 晋

二つの地獄 若い世代に伝えたい 横浜大空襲から72年

二つの地獄 
若い世代に伝えたい 

横浜大空襲から72年


東京新聞 2017年5月28日より一部

http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/list/201705/CK2017052802000133.html

一九四五(昭和二十)年五月二十九日の
横浜大空襲から、間もなく七十二年

「空襲は暮らしの場を地獄にした。
戦争の実態を知らない若い世代に、そんな記憶を伝えたい」。
当時、横浜市南区に住んでいた打木松吾(うちきしょうご)さん(85)=横須賀市長井=は、二十九日午後二時から、横浜市中区の横浜にぎわい座で開かれる「5・29横浜大空襲祈念のつどい」で、体験を語る。 (梅野光春)

 当時十三歳の打木さんの記憶に残る横浜大空襲は、二つの「地獄」だ。一つは焼夷弾(しょういだん)による火炎と煙の中を逃げ惑ったこと。「焼夷弾って分かる? 落ちると、中に詰めた油がシューッと出てきて、点火する。木造の家はすぐ燃える」

 その日、横浜市内の工業学校に登校するとすぐ、空襲の危険があるからと自宅に帰らされた。乗った電車は空襲が始まると止まり、打木さんは道路脇の小山に掘られた横穴型の防空壕(ごう)に避難。だが十五分ほどで火の手が迫り、壕を出た。

 すると晴天の空が煙で覆われ、あたりは暗い。「壕にいた短い間に、夜になったようだった。腰が抜けて自分は今日死ぬと思った」。道には燃えて倒れた木製の電柱が転がる。路上をはう電線をよけて走り、自宅の防空壕に潜った。「防空壕といっても、各家庭のものは床下に穴を掘っただけ。家が焼け、壕の中で蒸し焼きのようになってしまい、亡くなる人もいた」

 自宅の近くに焼夷弾が落ち始めると、母親に「逃げなさい」と言われて壕を出て、近くの学校のグラウンドへ近所の人と列を成して走った。前で転んだ年配の女性を、勢いのまま踏んで進んだ。「自分が逃げるので精いっぱい。人の体を踏んだ、ぐにゃっという感覚は今も残っている」

 一時間足らずの空襲の後、打木さんが見たのは「第二の地獄」だった。自宅近くの寺の境内に、真っ黒焦げの人や、焼けていないが動かない人、赤ちゃんを背負った女性など、多数の遺体が横たえられていた。「百以上はあったと思う。熱い中を逃げ回ったのに続く、地獄の光景だった」

 そこに、顔にやけどをした母親が歩いてきた。近所の人の避難を助けていたという。「地獄」の中、ホッとした瞬間だった。だが自宅は全焼し、その晩は親戚宅に身を寄せた。

 死と隣り合わせながらなんとか助かった記憶を、大勢の前で語るのは初めて。
「戦争の苦難は、
兵隊さんだけに降り掛かるのではない、
と伝えたい。
それに、いまの核ミサイルなら、
一瞬で何十万人も亡くなる。
絶対に戦争をやってはならない、
というのが結論です」と力を込める


・・・(中略)

 <横浜大空襲> 
1945(昭和20)年5月29日午前9時22分から同10時半にかけ、
米軍のB29爆撃機約500機と
P51戦闘機約100機が
横浜市中心部を襲撃

木造家屋が火災を起こしやすい焼夷弾を約44万個、約2600トン投下した。直後の記録によれば、横浜市内では死者3649人、負傷者1万197人、行方不明者300人の人的被害があり、7万8949戸が焼けるなどした。横浜市は戦時中、ほかに20回以上、空襲を受けた記録がある。
by kuroki_kazuya | 2017-05-29 06:15 | 対米 従属 | Comments(0)