スキーにはまっています。


by 幸田 晋

国民に隠して4・4兆円の対米投資を約束した安倍首相

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

国民に隠して
4・4兆円の対米投資を約束した安倍首相


「天木 直人の公式ブログ」  
2019年4月30日より転載


 きょう4月29日の各紙が一斉に報じている。

 安倍首相はトランプ大統領に400億ドル(約4・4兆円)の対米投資を約束したと。

 これは日本の自動車企業が米国内に生産拠点をつくる投資だと。

 こんな約束を安倍首相が首脳会談でしていたとは、首脳会談を報じたどの記事も書かなかった。

 その後も、安倍首相がトランプ大統領にこのような約束をしたことを国民に説明した事はなかった。

 だから、日米首脳会談が終わって3日も経つというのに、テレビも新聞も一切この事を報じることはなかった。

 それなのに、なぜきょう4月29日の各紙が一斉に報じたのか。

 それは、この事実がトランプ大統領の口からバラされたからだ。

 すなわち、トランプ大統領は安倍首相が米国を離れてカナダに向かっていた頃、ウィスコンシン州の支援者集会で演説し、そこで日本から金を召し上げたと宣伝したのだ。

 その演説の中で明らかにされたのだ。

 それを各紙が米国発の外電として一斉に報じたのだ。

 安倍首相は国民に隠し、トランプ大統領にこれで勘弁してくれと懇願していたのだ。

 自動車業界の尻を叩いて、自動車の規制圧力を避けるために投資を増やすことを約束させ、それを自分の口からトランプ大統領に伝えて、選挙に負けないように自分を助けてくれと泣きついていたのだ。

 二人だけの話だから記録はない。

 追及されてもそれは自動車企業の判断だと逃げられる。

 ここまで首脳会談を私物化した首相がかってあっただろうか。

 しかもである。

 きょうの東京新聞がロイター通信を引用してハガティ米駐日大使がこう語ったと伝えている。

 「トランプ大統領は安倍首相に対し日本の自動車メーカーが米国でもっと生産を増やすように要請し、トランプ大統領はその方向で更なる動きがあると望んでいる」と。

 何のことはない。

 脅かされたのだ。

 安倍首相はかつてトランプ大統領との首脳会談で日本の自動車企業が7つの工場を米国につくると約束したと報じられたことがあった。

 それでは足らなと言われ、それでは今度はわかりやすく金額を示して大盤振る舞いしたのだ。

 しかもである。

 トランプ大統領は安倍首相のいないウィスコンシンの支持者集会で、対日貿易不均衡を強く批判し、なんとかしなければいけない、今交渉中だ、と語ったと言うのだ。

 日本が悪い事をしているから弁償させていると言わんばかりだ。

 こんな暴言を聞き逃すようでは、安倍首相はそれだけで日本の首相失格で。

 これからも安倍首相はトランプ大統領と何度も首脳会談をする。

 直近は国賓で来る5月だ。

 その時に、我々は安倍首相にトランプ大統領に抗議しろと要請しなければいけない。

 大統領、あなたはもっと勉強しろ。

 日本は不公正貿易などしていない。

 日本車が米国人に人気があるから売れるだけだ。

 あなたを助けるために、すでに米国内で生産して米国雇用を増やしているのに、さらに工場を増やすよう日本企業に頼んでのだ。日本企業も協力してくれたのだ。それなのに日本を悪者にして叩くとは何事か。日本企業が怒って投資計画を撤回しても私は知らないぞ、と。

 それを国民の目の前で行ってみろ。

 我々は安倍首相にそう要求しなければいけない。

 トランプ大統領を甘やかし続ければ調子に理不尽な要求がエスカレートするばかりだ。

 日本国民の為にトランプ大統領を一喝しなければ7月の参院選で大負けするぞ。

 そう我々国民は安倍首相を脅かさなくてはいけないのである(了)

*****

東京五輪向けの
米訓練区域変更を蟻の一穴にせよ


「天木 直人の公式ブログ」  
2019年4月30日より転載


 きょう4月29日の読売が一面トップでスクープ報道した。

 その要旨はこうだ。

 日米両政府は千葉県・房総半島沖にある米軍の訓練区域を変更する方針を固めたと。

 2020年の東京五輪・パラリンピックで訪日客の増加が見込まれる中、民間航空機の通過が制限される訓練区域の変更が必要と判断したと。

 5月に開く日米合同委員会で正式決定し、今夏から訓練区域が変更されると。

 変更は恒常的なものとなると。

 以上が読売新聞の一面トップに書かれていることだ。

 やればできるのだ。

 この文章の中に、日米地位協定の変更という、ほとんど不可能に近い巨大な壁を破る「蟻の一穴」を見る。

 羽田上空を含む強大な首都圏上空は、米軍の都合で航空ルートが限定されて来た。

 その変更は、日米安保条約とその具体的実施取り決めである日米地位協定によって不可能と思われて来た。

 実際のところ米国は一切の変更を認めことはなかった。

 ところが、東京五輪という世界中から訪問客が急増する状態に対応するため、日本のたえではなく世界からの観光客の安全性のため、米軍も例外を求めざるを得なくなったのだ。

 そして、いったん例外を認めると、五輪が終わったからといって再びもとに戻すわけにはいかない。

 世界が知ってしまったからだ。

 なぜ 米軍ごときが、日本の主権を奪ってまで、みずからの訓練を最優先し、管制権を握っているのかと。

 米国は世界中から批判される事になる。

 これは蟻の一穴だ。

 例外をひとつ認めれば次々と例外が明るみになる。

 そして米軍はその例外を国際社会に合理的に説明できなくなる。

 しかも変更の決定機関である日米合同委員会が白日の下にさらされた。

 日米合同委員会の存在と、その決定プロセスの密議性が皆の知るところとなった以上、

 その透明性を日本国民が求めれば、日米両政府は断り切れなくなる。

 五輪の例外が日米安保条約という密約そのものを崩すことになるのだ。

 いや、そうさせなければいけない。

 それほど大きな意味を持つ、今日の読売新聞一面トップの「房総沖米訓練域変更へ 五輪向け成田増便」というスクープ記事である(了)

*****

新天皇即位式をスーパーボールにたとえた安倍首相の不敬

「天木 直人の公式ブログ」  2019年4月30日

 この男はどこまで不敬なのだろう。

 それが言い過ぎでも、間違いなく不謹慎で不適当だ。

 きょう4月29日の毎日新聞が一段の小さな記事で教えてくれた。

 これもまたトランプ大統領がばらしてくれた安倍首相の隠された言動だ。

 トランプ大統領をノーベル平和賞候補に推薦した時と同じ様な驚きの安倍首相だ。

 すなわち安倍首相はトランプ大統領に対して、「新天皇の即位式はスーパーボールより100倍ぐらい大事だ」と語ったというのだ。

 なぜ、安倍首相はそんな事を言ったのか。

 その発言が発せられた背景がまた安倍首相らしい。

 安倍首相は10月に予定されている新天皇の即位式にトランプ大統領が来日して出席して欲しいと頼み込んだ。

 その時、トランプ大統領は時期的にちょっと難しいと難色を示したらしい。

 それはそうだろう。

 もうその時は大統領選挙に向けた戦いは本格化している。

 訪日している余裕などないのだ。

 その時、トランプ大統領が安倍首相に聞いたらしい。

 新天皇の即位式というのは日本人にとってどれほど重要なのかと。

 それに対して安倍首相から出た言葉が、「日本人にとっては、米国人にとってのスーパーボールより100倍ぐらい大事だ」と言ったというのだ。

 それを聞いたトランプ大統領は「本当に素晴らしい。間違いなく行きますよ」と翻意したというのだ。

 いくら米国人にとってわかりやすいたとえであっても、そしていくら100倍という言でその重要性はスーパーボールとは比べ物にならないことを強調したとしても、娯楽であるフットボール観戦と厳粛な新天皇即位式を同一視するのは不適当だろう。

 それにしても、なぜ安倍首相はそこまでトランプ大統領の訪日と新天皇即位式への参加に固執するのか。

 ペンス副大統領などの代理出席では、米国が日本をそこまで重視していないということが内外にばれるからだろうか。

 かつてないほど緊密な日米同盟関係を自分とトランプ大統領の間で築いたという嘘がばれるからだろうか。

 いや。それよりも、なによりも、自分はトランプ大統領からそれほど敬愛されていないと思われるのが嫌なのか。

 どこまでも自分の都合優先の安倍首相だ。

 新天皇の即位式さえも自分の人気取りに使おうとしたということである。

 やはり不敬だろう。

 しかし、この発言をメディアは大きく取り上げず、野党も、失言大臣の時のように追及する気配はない。

 安倍首相を甘やかすにもほどがある(了)

*****
by kuroki_kazuya | 2019-04-30 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)