スキーにはまっています。


by 幸田 晋

野党は残る国会できょうの毎日のスクープ記事だけは追及せよ

みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

野党は残る国会で
きょうの毎日のスクープ記事だけは追及せよ


「天木 直人の公式ブログ」  
2019年6月3日より転載


 もはや国会は政局一色だから、与党も野党も審議どころではない。

 しかし野党はきょう6月3日の毎日新聞の一面トップのスクープ記事だけは取り上げたほうがいい。

 安倍首相を追いつめる事が出来る格好の記事だからだ。

 その記事は、公文書記録のガイドラインに反して首相官邸が内部打ち合わせの記録を一切作成していない事が、情報公開法に基づく毎日新聞の調査で判明したというスクープ記事だ。

 まさか安倍首相が、「記録を残すな」と指示したはずはない。

 もしそうなら内閣総辞職ものだ。

 だからこれは各省が忖度して面談記録などを残さないようにしたのだ。

 モリカケ疑惑の追及に凝りてそうしたのだ。

 なんと災害対策の議論を含め。一切の記録を残さないようになったという。

 これは国家の存亡に関わる大問題だ。

 だから野党は安倍首相の責任を追及すべきだ。

 モリカケの疑惑を招いた安倍首相がここまで官僚をダメにしたのだと。

 安倍首相は気色ばんで、そんなことはあり得ない!と否定するに違いない。

 そうしたら、すかさずこう迫るのだ。

 それでは安倍首相の一言で、今後は首相の面談を含め一切の記録を残すように、官邸官僚はもとより、すべての官僚たちに命令するようこの場で約束しろと迫るのだ。

 毎日新聞もそう書いている。

 「国民の代表である首相の面談記録は国の歴史の記録でもある」と。

 「もはや首相が記録作成を指示するしかない」と。

 その通りだ。

 安倍首相は野党の要求を拒否できないだろう。

 もし拒否すれば、モリカケ疑惑を自ら認めるようなものだからだ。

 だから安倍首相はそうすると約束するしかない。

 野党が今度の国会で、唯一まともな成果を残す事が出来る。

 選挙前にはいい宣伝になる。

 野党はきょう6月3日の毎日新聞の一面トップの記事を残る国会で是非とも取り上げるべきである(了)

*****

やぶれかぶれ解散に追い込む事が
出来れば野党共闘に利がある


「天木 直人の公式ブログ」  
2019年6月3日より転載


 果たして同日選はあるのか。

 私はその可能性は少ないとこれまで思って来た。

 解散風を吹かせてきたのは安倍首相自身だったからだ。

 しかし、ここに来て、あり得るという気がしてきた。

 そしてそれは、6年半の安倍政権について国民の信を問う、という大上段に構えた解散だ。

 そう言えばいかにも格好がいい。

 しかし、それは取りも直さずやぶれかぶれ解散だ。

 もはやすべての政策が裏目に出た。

 特に安倍パフォーマンス外交はすべて失敗した。

 北方領土をあきらめたと思ったら日朝首脳会談だ。

 ついにきのう6月2日、前提条件なしに金正恩朝鮮労働党委員長との会談を目指すとする安倍晋三首相の方針を、北朝鮮に「厚かましい」と突き放された。

 残るパフォーマンスは6月12日から訪問する米・イラン仲介外交であり、最後は大阪でのC20首脳会談だ。

 しかし、よせばいいのに最高指導者ハメネイ師に会おうとするものだから、ハメネイ師にトランプの使い走りは止めろと一喝されて、恥をかいて終わる。

 そして大阪でのG20は、米国と中国の対立激化のあおりを食って立ち往生する。

 参院選が終わればトランプとの密約を実行しなければいけなくなる。

 どう考えても安倍政権は野垂れ死ぬ。

 だから、その前に信を問うのだ。

 この難局を野党共闘の連中が乗り切れますかと。

 引き続き安倍政権に乗り切らせてくださいと。

 これを、失敗必至のG20前に宣言するに違いない。

 まさしく、やぶれかぶれ解散であり、安倍失政隠し解散であり、開き直り解散だ。

 安倍首相がここまで強気なのは、今なら野党共闘に勝てるという読みがある。

 どんなに失政を野党からつかれても、それなら野党は乗り切れるか、と切り返せばいい。

 ここまで野党は舐められているのだ。

 ならば野党は先手を打って、6月19日の党首討論の冒頭で安倍首相に解散・総選挙を迫るしかない。

 無意味で冗舌な安倍首相の答弁を封じ、党首討論の冒頭で安倍首相を挑発して、怒った安倍首相に解散を口走らせるのだ。

 そうすれば、野党共闘にも勝ち目が出てくるかもしれない(了)

*****
by kuroki_kazuya | 2019-06-04 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)