スキーにはまっています。


by 幸田 晋

9条ネット 発足

長崎市議の井原様のブログより転載

教育基本法の改悪から憲法改悪まで、公明党の後押しを受けた安倍政権によって
「戦争する国」への流れがつくられ、マスコミも体制化されようとしている。
アジア太平洋戦争前夜のようなこの流れにきっちりと歯止めをかけるには、「戦争放棄」
「武器の不保持」を世界に宣言した日本国憲法、特に「9条」を守り抜かなければならない。
その最大の政治的な攻防は、今年7月の参議院議員選挙である。

そのため全国規模で護憲派の総結集を呼びかけ、「統一会派で議席を増やそう」との
運動が始まり、昨年7月7日に600名を超える世話人が名前を連ねて凡そ1,000人が
東京に結集し、集会を成功させた。

しかし、日本共産党は、この動きを批判していち早く離脱し、社民党も参加を拒んだ。
だが、この運動は、その後も広がりを見せ、去る2月24日「9条ネット」略称(9条)・

(共同代表・糸井玲子、伊藤 誠、斎藤貴男、前田知克、矢山有作氏など12人)を
旗揚げし、政党と同様の確認団体として、当面する参議院議員選挙に臨むことを決定し
第一次の比例候補として、栗原君子(新社会党委員長)、藤田 恵(元徳島県木頭村長)、
鈴田 渉(憲法学者)の3氏を選び全国的に賛同者(賛同金1口1000円)を募集する。

長崎でも「改憲反対」の一点での選挙団体に「改憲反対」の一票を議席につなげるよう
全力をあげる。

「9条ネット」連絡先

〒104-0061 東京都中央区銀座5-15-18銀座東新ビル4階
銀座東法律事務所、前田知克気付

電話 03-5652-3119  

http://www.07saninsen-kyoudou.org/
黒木 和也も支持・協力いたします。
by kuroki_kazuya | 2007-03-02 05:39 | 憲法 | Comments(0)