スキーにはまっています。


by 幸田 晋

志賀原発につづき中部・東北の電力も事故隠し

3原発とも同種ミス=「重要性認識」も公表せず-女川、浜岡、志賀の制御棒抜け
3月19日18時31分配信 時事通信より


 中部電力浜岡原発3号機(静岡県御前崎市)と東北電力女川原発1号機
(宮城県女川町、石巻市)でそれぞれ1991年と88年、定期検査中に
原子炉の出力を調整する制御棒が抜けたのは、いずれも制御棒を動かす装置の弁の
開閉にかかわるミスが原因だったことが19日、分かった。

 99年に起きた北陸電力志賀1号機(石川県志賀町)の臨界事故も、
きっかけとなった制御棒の脱落は同種のミスだったことが分かっている。
 中部、東北電力は抜けた制御棒の炉心内での位置によっては臨界に達する可能性が
あったことを認めた上で、「事案の重要性を認識し、操作手順書などを改めた」と
しているが、当時外部への公表はしていなかった。 
最終更新:3月19日21時1分
電力会社の信頼は、地に落ちるばかり・・・
by kuroki_kazuya | 2007-03-20 04:28 | 環境 | Comments(0)