スキーにはまっています。


by 幸田 晋

能登地震 阪神大震災を上回る 揺れの加速度

能登沖地震、揺れの加速度が
阪神大震災上回る
3月26日0時14分配信 読売新聞より


 防災科学技術研究所は25日夕、
能登半島沖の地震で記録された揺れの最大加速度は、
午前9時42分に石川県志賀町で観測された945ガルと発表した。

 945ガルは1995年1月の阪神大震災の際、神戸海洋気象台での観測値から
算出された891ガルを上回る。

 近年の大きな地震では、2005年10月の新潟県中越地震の際に、
同県川口町で2515ガルを記録。00年10月の鳥取県西部地震では、
同県日野町で1584ガルの最大加速度が観測されている。

 ガルは地震の強さを示す目安の一つとして使われるが、
あくまでも加速度だけを表現しており、揺れの継続時間は反映していないため、
被害の大きさと直接結びつくわけではない。
とのこと。
まだまだ余震が続いているようです、被害が大きくなりませんように・・・
by kuroki_kazuya | 2007-03-26 04:04 | 日誌 | Comments(0)