スキーにはまっています。


by 幸田 晋

国家予算 スピード成立

新年度予算スピード成立、国会の焦点は重要法案成否に
3月26日23時30分配信 読売新聞より


 2007年度予算は26日の参院本会議で、自民、公明両党の賛成多数で可決され、
成立した。

 予算の年度内成立は99年度予算以降、9年連続。
予算成立日としては、01、04年度予算と並んで戦後5番目の早さだった。

 これにより、国会の焦点は安倍首相が最重要課題と位置づける教育改革関連3法案
や憲法改正の手続きを定める国民投票法案など重要法案の成否に移った。
統一地方選や夏の参院選をにらみ、引き続き与野党の攻防が展開されそうだ。

 07年度予算は同日午後の参院予算委員会で締めくくり質疑を経て採決され、
同日夕の参院本会議に緊急上程された。民主、共産、社民、国民新の各党は反対した。

以上ですが、
松岡農相の年間500万円の光熱費問題は、どうなったのですか???

「社会保障や格差問題をテーマに開かれた19日の参院予算委員会の集中審議は、
本来のテーマ以上に松岡利勝農相をめぐる光熱水費問題がクローズアップされ、
農相問題が審議に集中できる環境作りを妨げている実態が改めて示された。
にもかかわらず、農相は「報告すべきは報告している」と法律を盾にかわし続け、
安倍晋三首相も同じ言葉で擁護し続けた。

 資金管理団体が無償のはずの光熱水費を多額計上していた問題は、
民主党の中井洽(ひろし)元法相らにも広がったが、中井氏らは不十分とはいえ
記者会見を開くなどして事情を説明している。
それだけに、農相の逃げの姿勢が日に日に際立っている。

 民主党はこうした構図を利用して、この日の委員会でも、
小林正夫氏が「我が党でも(光熱水費での)付け替えが発覚したが、
直ちに記者会見を開いて説明した。ましてや閣僚は率先して説明責任を果たすべきだ」
と追及。しかし、農相は「これまでも申し上げてきたが、
現在の制度で定められたことはすべて尽くしている」と、逃げの一手に終始した。」
毎日新聞 2007年3月19日より
と、そのまんまの状態ですよ!!
by kuroki_kazuya | 2007-03-27 03:09 | 政治・議会 | Comments(0)