スキーにはまっています。


by 幸田 晋

IAEA 柏崎刈羽原発 調査へ

IAEA、柏崎刈羽原発を現地調査へ…政府に打診
7月21日3時6分配信 読売新聞より

 国際原子力機関(IAEA)のエルバラダイ事務局長は20日、
日本政府に対し、新潟県中越沖地震でトラブルが多発した
東京電力・柏崎刈羽原子力発電所に対する調査に加わる用意があることを伝えた。

 日本側も、受け入れを前向きに検討している。

実現すれば、IAEAが調査団を日本に派遣し、
経済産業省原子力安全・保安院との合同調査に入ることになりそうだ。

 IAEAには、自力で原発事故に対応できない途上国などを、
IAEAや加盟国が援助する「原子力事故援助条約」がある。

 先進国の日本は、この条約に基づく援助の必要はない。
しかし、エルバラダイ事務局長は、設計の想定を上回る揺れがあった
今回の地震を「国際的な教訓」と位置づけ、事故情報を共有して、
原発の安全性確保に役立てたい考えだ。
IAEAは、1999年に作業員2人が死亡した茨城県東海村の臨界事故の際も
調査団を派遣している。
by kuroki_kazuya | 2007-07-21 04:05 | 環境 | Comments(0)