スキーにはまっています。


by 幸田 晋

住民救助要請断る…原発火災で消防混乱

鎮圧後も出動指令、住民救助要請断る…原発火災で消防混乱
7月31日3時4分配信 読売新聞より

 新潟県中越沖地震で起きた東京電力柏崎刈羽原子力発電所の変圧器火災で、
柏崎市消防本部が鎮圧後も相次いで消防車を出動させ、
住民の救助要請に十分応えられなかったことが30日、わかった。

 原発火災と地震などとの複合災害を想定していなかったため、指揮が混乱。
市消防本部は体制やマニュアルを見直す考えだ。

総務省消防庁によると、原発を抱える他の自治体も複合災害を想定しておらず、
原発事業者の自衛消防体制の不備に加え、新たな課題が浮上した。

 変圧器の火災は、16日午前10時13分の地震直後に起きた。
直通電話が使えず、東電は14分後に119番通報。

本部は原発消防活動計画(マニュアル)に従い、
車両9台を市消防署と2分遣所から出動させようとした。
しかし、市民からの救助要請などで車両や隊員が出払っており、
発電所側に「自衛消防隊で対応してほしい」と要請。
午前11時になって化学消防車1台(隊員5人)を出動させた。
by kuroki_kazuya | 2007-07-31 03:55 | 環境 | Comments(0)