スキーにはまっています。


by 幸田 晋

地震の加速度、国内観測史上最大

地震の加速度、国内観測史上最大を記録…中越地震超す

 防災科学技術研究所は15日、
岩手・宮城内陸地震が起きた時、
震源から最も近い岩手県一関市内の観測地点で、
揺れの瞬間的な強さの指標である最大加速度が
4022ガル(ガルは加速度の単位)を記録していたことを明らかにした。

 国内の地震で、4000ガルを超える加速度が記録されたのは初めて。

これまでの記録は2004年10月の新潟県中越地震で観測された2515・4ガルだった。

 加速度は、上下、水平方向への地盤の動きを基に計算されるが、
同研究所によると、水平方向の動きよりも上下の動きが激しかった。

 今回の地震は、断層が上下にずれる逆断層型で、
観測点が震源の直上付近にあったことから、
断層の上下方向の動きで激しい縦揺れに見舞われた結果、
極めて大きな加速度が記録された可能性があるという。

6月15日22時7分配信 読売新聞より
by kuroki_kazuya | 2008-06-16 00:44 | 日誌 | Comments(0)