スキーにはまっています。


by 幸田 晋

カテゴリ:裁判( 173 )

原発事故訴訟で

松山地裁が
国に賠償命じる(愛媛県)


3/26(火) 14:57配信より一部

南海放送

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190326-00000114-rnb-l38

福島第1原子力発電所の事故で、福島県から愛媛県に避難した人が損害賠償を求めた裁判で、松山地裁は26日、国と東京電力に賠償を命じる判決を言い渡した。

この裁判は、福島県から愛媛県に避難した10世帯の25人が、国と東京電力に合わせて1億3750万円の損害賠償を求めたもの。

・・・(途中略)

26日の判決で松山地裁の久保井恵子裁判長は、裁判を起こした25人のうち23人について、国と東京電力に合わせておよそ2700万円の支払いを命じた。

同じような裁判は
全国で30件ほど起こされていて、
判決は今回が10件目。


・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2019-03-27 06:45 | 裁判 | Comments(0)
伊方原発、運転差し止めは却下

…地裁岩国支部


3/15(金) 11:21配信より一部

読売新聞

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190315-00050145-yom-soci

 四国電力伊方原子力発電所3号機(愛媛県伊方町)について、
山口県の住民3人が
運転差し止めを求めた仮処分裁判で、
山口地裁岩国支部(小野瀬昭裁判長)は
15日、申し立てを却下した。


・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2019-03-16 06:34 | 裁判 | Comments(0)
韓国
前最高裁長官を逮捕、
徴用工訴訟で職権乱用か


1/24(木) 6:58配信より一部

TBS News i

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190124-00000020-jnn-int

 韓国最高裁が徴用工訴訟の判決を不当に遅らせた疑惑をめぐり、韓国の検察は24日未明、韓国最高裁の前長官を逮捕しました。

 職権乱用などの疑いで逮捕されたのは、韓国最高裁の前長官、梁承泰(ヤン・スンテ)容疑者(70)で、最高裁長官経験者が逮捕されるのは初めてです。

 梁容疑者は、日韓関係の悪化を懸念する朴槿恵(パク・クネ)前政権の意向を受け、すでに逮捕・起訴されている最高裁の所属機関「法院行政処」の前次長らに指示して、徴用工訴訟の判決を不当に遅らせた疑いが持たれています。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2019-01-25 06:25 | 裁判 | Comments(0)
福島第1原発
自主避難者訴訟 

最高裁が
独自算定を容認


12/17(月) 21:45配信より一部

毎日新聞

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181217-00000073-mai-soci

 東電は、国が2011年以降に順次策定した「中間指針」に基づき、避難指示区域外の自主避難者については賠償を総額12万円しか認めていない(妊婦と子どもは増額)。だが各地の訴訟では東電に追加賠償を命じる判決が相次いでいる。
今回の最高裁決定は、
裁判所が
指針にとらわれず独自に損害を算定する流れを
事実上容認したと言える。


 東電側は今回の上告審で「中間指針は裁判でも最大限尊重されるべきだ」と主張したが、最高裁は退けた。原発被災者弁護団の大森秀昭弁護士は「東電はあらゆる訴訟やADR(裁判外紛争解決手続き)で中間指針を賠償額の上限に掲げており、最高裁が退けた意義は大きい」と話す。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2018-12-18 06:25 | 裁判 | Comments(0)
裁判長ら現地視察へ

=福島原発集団訴訟、控訴審で初
―仙台高裁


12/10(月) 19:00配信より一部

時事通信

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181210-00000106-jij-soci

 東京電力福島第1原発事故をめぐり、福島県や近隣県の住民約3650人が国と東電に居住地の放射線量低減(原状回復)と慰謝料などを求めた訴訟で、仙台高裁(市村弘裁判長)は10日、事故による被害の実態を裁判長らが現地で視察する方針を決めた。
 
 原告弁護団によると、事故をめぐり全国で係争中の集団訴訟で現地視察が行われるのは高裁では初めて。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2018-12-11 06:45 | 裁判 | Comments(0)
裁判官が

帰還困難区域視察、福島


11/13(火) 18:08配信より一部

共同通信

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-00000123-kyodonews-soci

 東京電力福島第1原発事故で福島県から宮城、岩手両県に避難した住民83人が国と東電に計約30億円の損害賠償を求めた訴訟で、仙台地裁の裁判官3人が13日、原告の自宅がある福島県双葉町の帰還困難区域を視察し、被害実態を確認した。

 視察は村主隆行裁判長らのほか、原告と国、東電の代理人らが参加する進行協議として10月から行い、今回が3回目。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2018-11-14 06:45 | 裁判 | Comments(0)
社説:

組織罰の立法化 

企業の安全責任議論を


11/7(水) 11:14配信より一部

京都新聞

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181107-00000008-kyt-soci

 尼崎JR脱線事故の遺族らが、重大な死亡事故が発生した企業など法人の責任を問う組織罰の立法化を求める約1万人の署名を山下貴司法相に提出した。
 乗客106人が犠牲になった尼崎事故では、JR西日本の歴代4社長が業務上過失致死傷罪に問われたが、無罪が確定している。安全より経営優先がもたらした事故だ、とJR西の企業体質が厳しく批判されたものの、結局はだれ一人責任を取っていない。

 遺族が納得できないのは当然で、社会の受け止めも釈然としていないのではないか。

 署名を集めたのは尼崎事故のほか笹子トンネル天井板崩落事故の遺族らでつくる「組織罰を実現する会」。2016年4月に発足し、顧問として加わったノンフィクション作家の柳田邦男氏や弁護士とともに勉強会を重ねてきた。

 会がめざす組織罰は、個人にしか問えない業務上過失致死罪を、企業など法人にも問えるようにするもの。個人とともに企業の責任を問える両罰規定の法律があることを念頭に置いている。

 もう一つ、目を向けるべきは、安全確保に向けた内部統制が十分だったかの立証責任を、企業の側に課していることだ。公害や事故などの裁判では、原告住民側に立証を求められているが、それには限界があり、真相解明の壁になっているからだ。

 実現する会の遺族らが願っているのは、組織罰の立法化によって、企業が安全管理を徹底するようになることだ。悲惨な事故が二度と起きてほしくないのだ。

 組織の責任を問う法律や制度は、英国やドイツ、米国などにある。英国では193人が死亡したフェリー転覆事故を契機に、07年に「法人故殺罪」を制定。個人に法令違反がなくても企業に責任を取らせ、罰金に上限はない。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2018-11-08 06:44 | 裁判 | Comments(0)
<加計学園>

理事長と学園を
詐欺容疑で刑事告発へ 

市民団体


10/7(日) 19:21配信より一部

毎日新聞

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181007-00000053-mai-soci

 学校法人「加計学園」(岡山市)が愛媛県今治市に新設した岡山理科大獣医学部が、市に図書費を水増し請求した疑いがあるとして、市民団体「今治加計獣医学部問題を考える会」が7日、近く加計孝太郎理事長と学園を詐欺容疑で松山地検に刑事告発すると発表した。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2018-10-08 06:34 | 裁判 | Comments(0)
<伊方原発>
「一番ひどい決定」敗訴の住民側憤り
 

大分地裁


9/28(金) 21:32配信より一部

毎日新聞

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180928-00000108-mai-soci

 ◇3号機の運転差し止め求める仮処分申請が却下

 「司法は屈した」。大分地裁前に集まった申立人や支援者ら約70人は、28日午後3時過ぎ、掲げられた垂れ幕を見てため息を漏らした。伊方原発3号機の運転差し止めを求める仮処分申請が「理由がない」として却下された同地裁決定。住民らは各地で出された同様の仮処分決定などを踏まえ「これまでで一番ひどい」と憤った。

 決定後、大分市内の大分県弁護士会館で記者会見した住民側の弁護団は「積極的に原発の危険性を審理しようという姿勢が著しく欠如している」と厳しく非難。この日の大分地裁決定は、運転差し止めを取り消した25日の広島高裁決定でさえ合理性を否定した原子力規制委員会の手引書「火山影響評価ガイド」を肯定した。弁護団はこの点を特に問題視し「権力側に追従しようという姿勢を如実に示している」と指摘した。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2018-09-29 06:45 | 裁判 | Comments(0)
<アスベスト訴訟>
国「9連敗」
 

幅広く救済の司法判断定着


8/31(金) 21:01配信より一部

毎日新聞

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180831-00000093-mai-soci

 建設アスベスト訴訟は2008年以降、各地の裁判所で争われており、国は今回の大阪高裁判決で「9連敗」となった。国の責任を認める流れは決定的になったと言える。

 長く救済対象にならなかった一人親方への責任も、今年3月の東京高裁判決に続いて認められた。「一人親方の就労状況も、他の労働者と特段の違いはない」という判断は、今後の訴訟にも影響するだろう。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2018-09-01 06:45 | 裁判 | Comments(0)