スキーにはまっています。


by 幸田 晋

カテゴリ:大衆( 117 )

<女川原発>
再稼働問う住民投票請求
 

立地・周辺市町高い関心


12/13(木) 11:51配信より一部

河北新報

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181213-00000018-khks-soci

 東北電力女川原発2号機(女川町、石巻市)の再稼働の是非を問う住民投票を目指す「県民投票を実現する会」は12日、署名簿を各市区町村選管に提出、一つの節目を迎えた。丸森町を除く署名数は11万超と直接請求に必要な数(県内有権者の50分の1)の2.9倍に上り、特に原発の立地、周辺市町で関心の高さがうかがえる。

 署名を集めたのは10月2日からの2カ月間。実現する会の多々良哲代表(60)は県庁で記者会見し、「署名数は尻上がりに伸び、期待は大きい。知事や県議会は原発再稼働の賛否を決める前に県民の意見を聞いてほしい」と訴えた。

 有権者に対する署名数の比率が高い自治体は表の通り。立地する女川町が21.9%で最も高く、福島第1原発事故後、国に避難計画策定を義務付けられた原発30キロ圏の緊急防護措置区域(UPZ)内の涌谷町、美里町も10%を超えた。石巻市は6.9%。

 多々良代表は「原発の利害関係者が多く発言しにくい女川町民の不安な気持ちが表れた」と説明。メンバーは「UPZ首長は再稼働の同意権がなく、(住民の間に)意見が言えないのはおかしいとの思いがある」と指摘した。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2018-12-14 06:55 | 大衆 | Comments(0)
茂木健一郎氏、
ウーマン村本の時事ネタ漫才を

称賛「おもしろかった」


12/11(火) 14:38配信より一部

スポーツ報知

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181211-00000088-sph-ent

 脳科学者の茂木健一郎氏(56)が11日、自身のブログを更新。お笑いコンビ「ウーマンラッシュアワー」が9日放送のフジテレビ系「THE MANZAI2018マスターズ」(後7時)で披露した時事ネタを盛り込んだ漫才を「おもしろかった」と称賛した。

 ウーマンは昨年に続き、原発問題や沖縄問題などを取り入れた時事ネタ漫才を披露。ネット上で反響を呼んだ。茂木氏は「『ウーマンラッシュアワーの村本の漫才はおもしろくない』という意見について。」とのタイトルで記事をアップ。「最後の怒涛のような時事ネタ喋りのところしか見ていなかったのだけれども、その前に村本さんが中川さんとの関係を語る身辺ネタの笑いがある」とし、「これが大切だと思う。別に時事ネタだけをやるんじゃなくて、それ以外の身辺ネタとか観察ネタがあってもよくて、ただ、それを自由に行ったりきたりできればジャズのようなリズムができる」と見解を示した。

 さらに「時事ネタはやらない、という規制のようなものが日本のテレビに普段はあるとすれば、ずいぶんおかしな話だ」とつづった。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2018-12-12 06:35 | 大衆 | Comments(0)
フランス、
「黄色いベスト」運動の

情報発信と拡散を支えている
Facebook:ローカル情報が上位に表示


佐藤仁 | 学術研究員/ジャーナリスト

12/9(日) 0:30 より一部

https://news.yahoo.co.jp/byline/satohitoshi/20181209-00107098/

 フランスで燃料税引き上げに対する抗議に端を発したデモ「黄色いベスト」運動がフランス全土に拡大しており、その勢いは増すばかりだ。フランス政府は9万人の治安部隊を動員して厳戒態勢を敷いているが28万人以上がフランス全土でデモに参加しているという。

 この「黄色いベスト」運動の情報発信と拡散に大きな役割を果たしているのがSNSのFacebookだ。連日、フランスで報道される地元のニュースでも「黄色いベスト」運動は取り上げられている。またデモに参加する多くの市民が写真をその場でアップし、それに「いいね」をしたり、シェアされて拡散されていく。

地元のローカルニュースが上位に表示に

 特に2018年1月からFacebookでは、地元のローカルニュースをフィードでも上位に表示するようにアルゴリズムを変更したと同社のマーク・ザッカーバーグCEOが明らかにした。そのため、フランス各地でのローカルの「黄色いベスト」運動・デモの様子がフランス人が見ているFacebookの上位に表示されている。また友人や知人が参加してデモの様子や写真を投稿すると、それらも上位に表示される。さらに友人や知人が「いいね」を押下したニュースや情報も上位に表示される。そのようにFacebookで上位に表示された地元のデモに関する情報やニュースがさらに拡散、シェアされていき、多くの人が自分もデモに参加しようという思いに繋がっているようだ。

「Faccebookは年配の人にも情報が拡散できる」

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2018-12-09 06:58 | 大衆 | Comments(0)
<宮城>
女川原発署名5万7000筆超 

法定数突破


11/21(水) 18:17配信より一部

毎日新聞

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181121-00000068-mai-soci

 東北電力女川原発(宮城県女川町、石巻市)再稼働の是非を問う県民投票条例制定を目指す「女川原発再稼働の是非をみんなで決める県民投票を実現する会」(多々良哲代表)は21日、県庁で会見し、20日までに5万7294筆の署名を集めたと発表した。

地方自治法で定められた直接請求に必要な法定数(今回の場合、県内の有権者数の50分の1)である約4万筆を突破し、早ければ来年2月にも村井嘉浩知事に本請求の手続きを取る。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2018-11-22 06:45 | 大衆 | Comments(0)
仏の燃料税抗議デモ28万人に 

1人死亡、230人負傷


東京新聞 2018年11月18日 07時56分より一部

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018111801001277.html

 【パリ共同】フランス内務省は17日、国内2千カ所以上で行われ、1人が死亡した自動車燃料価格の高騰や政府の燃料課税引き上げに抗議するデモについて、参加者は約28万人に上り、負傷者は約230人となったと発表した。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2018-11-19 06:25 | 大衆 | Comments(0)
原発”県民投票へ”

1か月で署名1万7000人分


11/3(土) 18:23配信より一部

TBC東北放送

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181103-00000005-tbcv-l04

 女川原子力発電所2号機の再稼働を県民投票で決めるべきだとして署名活動を行っている市民グループが3日、1か月で約1万7000人分が集まったと発表しました。

 仙台市青葉区で開かれた市民グループの中間報告会では3日までの署名活動で1万7015人分が集まったことが発表されました。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2018-11-04 06:55 | 大衆 | Comments(0)
オール沖縄系3連勝 

沖縄世論は「反辺野古」へ
 

那覇市長選で現職再選


10/21(日) 23:37配信より一部

産経新聞

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181021-00000579-san-pol

 那覇市長選でオール沖縄系の現職が勝利したことで、沖縄県の玉城(たまき)デニー知事は米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に反対する姿勢を強めるとみられる。政府は移設に向けた手続きを進めているが、知事選、豊見城市長選に続く自民党系候補の敗北で、世論が大きく「反辺野古」に傾く可能性もある。

 「政権交代につながるのは衆参のねじれを起こすことだ。(野党が)参院過半数をとる強い思いを共闘の中で示していただきたい」

 玉城氏は21日夜、オール沖縄系候補の3連勝を実現した野党共闘が、来年夏の参院選で全国へ広がることに期待を示した。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2018-10-22 06:45 | 大衆 | Comments(0)
<女川原発再稼働>
住民投票へ始動 

10万人署名目指す


10/3(水) 12:33配信より一部

河北新報

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181003-00000019-khks-soci

 仙台市の市民団体が2日、東北電力女川原発2号機(女川町、石巻市)の再稼働の是非を問う県民投票条例制定の直接請求を目指し、同市で初の街頭署名活動を実施した。必要署名数の倍以上となる10万人分を目標に掲げ、県内全域で署名集めを本格化させる。

 「女川原発再稼働は間もなく正念場を迎える。2号機に国の合格が出れば、残る手続きは地元同意だけだ。知事にお任せでなく、一人一人が自分の問題と捉え、選択するため、県民投票を実現しよう」

 市民団体「県民投票を実現する会」の多々良哲代表は同日午後、青葉区の一番町平和ビル前で通行人らに訴えた。メンバー約20人が街頭に立ち、30分で20人分の署名を集めた。

 署名した若林区のパート女性(50)は「選挙は最終的に声が届かないもどかしさを感じる。住民の意思が反映されるのは大事だ」と言い、青葉区の無職男性(84)も「大きな流れに従うのでなく、原発に賛成でも反対でも一人一人が関心を持つべきだ」と話した。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2018-10-04 06:45 | 大衆 | Comments(0)
沖縄知事に玉城氏

=辺野古反対、翁長県政を継承
―自公系に大差、安倍政権打撃


9/30(日) 21:41配信より一部

時事通信

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180930-00000086-jij-pol

 沖縄県の翁長雄志知事の死去に伴う知事選は30日、投開票された。

 米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設の是非が争点となり、翁長氏の後継で移設阻止を掲げた前衆院議員の玉城デニー氏(58)が、移設を進める安倍政権の全面支援を受けた前宜野湾市長の佐喜真淳氏(54)=自民、公明、維新、希望推薦=ら3人を破り、初当選した。移設をめぐって国と対立した翁長県政が継承される。

 玉城氏の得票は40万票近くに達し、1998年に稲嶺恵一氏が獲得した過去最多(37万4833票)を上回った。
次点の佐喜真氏には
8万票超の大差を付けた。

10月4日に当選証書が付与される。

 政府側は知事選の結果に関係なく工事を進める構えだが、移設反対の民意が改めて示されたことで計画の進捗(しんちょく)に影響するのは必至。
県政奪還の失敗は、
自民党総裁選で
連続3選を果たしたばかりの
安倍晋三首相にも打撃で、
来年夏の参院選に向け、
与党内で首相への不満が
強まる可能性がある。


 投票率は63.24%で前回を0.89ポイント下回った。期日前投票は有権者数の約35%に当たる40万6984人に上り、前回の2倍を超えた。

 玉城氏は30日夜、那覇市内で記者団に「辺野古に新基地を造らせないという誓いを全うする。県民の思いをしっかりと政府に突き付ける」と述べた。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2018-10-01 06:55 | 大衆 | Comments(0)
経産省前「脱原発テント」
強制撤去から2年 

座りこみは現在も


9/12(水) 10:37配信より一部

週刊金曜日

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180912-00010000-kinyobi-soci

 東京・霞が関の経済産業省前、国有地の一角にあった脱原発運動のシンボル「脱原発テント」が強制撤去されて2年になる。

 福島第一原発事故から半年経った2011年9月11日、原発廃止を訴える「人間の鎖」が経産省を囲み、若者4人がハンガーストライキを決行した。そのサポートに一張りのテントが張られたのが「脱原発テント」の始まりだ。10月、「原発いらない福島の女たち」の座り込みを機にテントは3カ所に増え、24時間体制の市民運動の拠点となった。

 国の撤去要請に
市民グループは
「撤去するならテントではなく原発だ」
と跳ねつけた。

だが、安倍政権になった13年3月、経産省がテントを設置している市民グループに立ち退きを求め、東京地方裁判所に提訴。16年7月、最高裁が市民グループの上告を棄却し、テントの撤去と約3800万円の支払いが確定。テントは同年8月21日未明に強制撤去された。

【9月に記念集会開催】

 しかし、市民らは屈しなかった。撤去以降も経産省前の歩道で毎日午後に座り込み抗議を継続し、毎週金曜日には脱原発をめざす市民らが集結し声を上げ続けている。

 強制撤去から2年と3日が過ぎた8月24日金曜日の午後も座り込み抗議の姿があった。男性が歩道でビラを配り、一人ひとりに脱原発の必要性を丹念に説く。90歳を超えたという女性も、歩道を歩く人たちに「原発は危険です。やめましょう」と声をかけた。

 17時、40人超が参集しマイクを握り、次々と抗議の声を上げた。原発の新設を目論むようなエネルギー基本計画を出した経産省や、福島第一原発の処理水(トリチウム水)を基準値以下に薄めれば海洋投棄を容認するとした原子力規制委員会へ厳しい批判が続いた。

 当初からこの場所に来ているという女性は、「この2年はあっという間でした。今はいい方向にいっていないけど絶対にあきらめない」と話した。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2018-09-13 06:54 | 大衆 | Comments(0)