スキーにはまっています。


by 幸田 晋

カテゴリ:宗教( 9 )

新宗教の信者数は
30年間で4割減、

創価学会をも襲う
「構造不況」


10/9(火) 6:01配信より一部

ダイヤモンド・オンライン

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181009-00181605-diamond-bus_all

 『週刊ダイヤモンド』10月13日号の第1特集は「新宗教の寿命」です。今特集では、現代の新宗教界を象徴する3教団、創価学会と立正佼成会、そして真如苑に加え、存亡の危機にある主要教団のビジネス(布教)戦略を明らかにし、そのカネと権力、政治のタブーに迫ります。その特集から、宗教界全体が直面する“構造不況”とも呼べる状況を解説した記事を、ダイヤモンド・オンラインで特別公開します。

 創価学会の実権は、原田稔会長や谷川佳樹主任副会長ら「四人組」と呼ばれる執行部が握っている。執行部は例年、池田大作名誉会長の誕生日の1月2日に、池田氏が療養中とされる東京・信濃町の学会施設に“池田詣で”を行うのが慣例だ。

 ところが今年、かつてない異変が起きた。「執行部の面会が初めて池田家側から拒否された」(池田家に近い関係者)というのだ。

 目下、その解釈をめぐって、二つの見方が信者たちに流れている。

 一つは、2010年5月の本部幹部会出席を最後に表舞台から姿を消した池田氏が、執行部と面会できないほど体調が悪化した、という見方である。

 そして、もう一つが、池田家と執行部の間に“亀裂”が生じ始めた、というものだ。執行部は近年、創価大学派閥など池田家に近いと目されていた側近などを次々と“粛清”する一方、学会の憲法に相当する「創価学会会憲」を昨年制定し、組織運営から教義に至る全権を原田会長に集中させるなど、“池田外し”ともいえる動きを加速させている。それを不快に感じている当の池田氏側が面会を拒否したというのである。

 「今の執行部は池田先生をあまりにないがしろにしている」──。

 そう悔し涙をにじませるのは、池田氏直属の親衛隊「転輪会(てんりんかい)」所属の古参信者だ。詳細は本誌記事に譲るが、池田氏本人と日常的に接してきた転輪会メンバーがメディアに口を開くのは極めてまれだ。

● 衆院選に続き 沖縄県知事選も大敗北の公明党

 こうした池田外しの背景にあるのは、卒寿(90歳)を迎えた希代の“カリスマ”池田氏の喪失に向けた組織固めだ。9月8日、機関紙「聖教新聞」で四半世紀にわたり連載された池田氏の小説『新・人間革命』が完結を迎えたことは、「時代の終わりが近い」ことを信者たちにあらためて実感させた。

 新宗教最大の教勢を誇る学会の足元では今、高度経済成長期に入会した会員のボリューム層が高齢化し、その自然減や世代間における信仰の断絶といった、構造的問題が顕在化している。

 その最たる例が、学会を母体とする公明党の苦境に表れている。昨年10月の衆議院議員選挙では比例得票数で700万票を割り込み、6議席を失う惨敗となった。さらに、およそ5000人といわれる学会活動家を本土から送り込むという、党を挙げての“総力戦”となった9月30日の沖縄県知事選挙でも敗北を喫した。

 衆院選敗北から1年。学会では目下、来夏の参議院議員選挙を視野に信者の引き締めを図るべく、執行部に異を唱える一般信者にまで“首切り”の嵐が吹き始めている。執行部を批判した会員を除名するだけではなく、地区幹部の役職解任や「査問」という名の“脅し”をかけられる一般信者が全国で急増しているというのだ。これらは身内に寛容とされる学会において、前代未聞の変化だ。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2018-10-10 06:35 | 宗教 | Comments(0)
創価学会・立正佼成会・真如苑、

3大新宗教の「寿命」を
大胆予想


10/9(火) 6:00配信より一部

ダイヤモンド・オンライン

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181009-00181606-diamond-bus_all

 『週刊ダイヤモンド』10月13日号の第1特集は「新宗教の寿命」です。今特集では、現代の新宗教界を象徴する3教団、創価学会と立正佼成会、そして真如苑に加え、存亡の危機にある主要教団のビジネス(布教)戦略を明らかにし、そのカネと権力、政治のタブーに迫ります。しかし、そもそも新宗教とはどういうものを指すのか、どのように発展してきたのかなど、新宗教に縁がない人からすれば、よくわからないだろう。そこで、発展の歴史や信者数、政治的立場、収入の規模などを解説。さらに本特集でフォーカスする立正佼成会と真如苑の信者数シミュレーション、創価学会を支持母体とする公明党の衆院選比例区の得票数シミュレーションを、ダイヤモンド・オンラインで特別公開する。

 新宗教に縁がないという読者も多いだろう。各教団の詳細に入る前に、新宗教界の全体像を押さえておきたい。

 新宗教と一口に言っても、実はその明確な定義はない。図(1)で分かるように、新宗教と呼ばれる教団の多くは日蓮正宗や真言宗など伝統仏教や神道、キリスト教から枝分かれしたり、影響を受けたりしているからだ。本誌では、宗教学の第一人者、井上順孝氏などが編集した『新宗教 教団・人物事典』に基づき、18世紀初頭以降に一派を興した教団を新宗教とした。

 このうち、文化庁発行の「宗教年鑑」最新版ほかによる、各教団の公称信者数が多い10教団を信者数でランキング化したのが図(2)だ。

 本誌で示したように、宗教年鑑に記載されたものを含めて、各教団の公称信者数ほど信ぴょう性に欠けるデータも珍しい。全宗教法人の合計信者数は、日本の人口をはるかに上回る。信者をどうカウントするかは各教団の基準次第で、退会者や死亡者まで含めている教団さえある。誇大申告が常態化しているのだ。

 だが、それでも公称信者数からは、その教団の勢いや新宗教界を取り巻く世相を読み解くことはできる。図(3)は信者数の推移のうち、特徴的なパターンを持つ教団を抽出した。例えば、創価学会は2005年に827万世帯と公称して以降は更新されず横ばい。片や、立正佼成会は右肩下がり、真如苑は逆に右肩上がりだ。絶対数は当てにならずとも、その教団の信者のカウント基準を押さえれば、一定の比較も可能となる。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2018-10-10 06:25 | 宗教 | Comments(0)
「反応が見たかった」
女子中学生に

投石の僧侶を送検


産経新聞 7月4日(金)22時10分配信より一部

茨城県つくばみらい市の路上で、
女子中学生に石を投げたとして、
茨城県警常総署は4日、

暴行の容疑で、
同市の僧侶の男(31)
=窃盗罪で起訴=を、
水戸地検土浦支部に追送検した。


僧侶は「女子中学生に石を投げて、驚く反応が見たかった」と、容疑を認めている。

追送検容疑は
5月2日午後5時35分ごろ、つくばみらい市内の路上で、
市立中1年の女子生徒(13)に、
直径約5センチの石を投げたとしている。


石は女子生徒の背中に当たったが、けがはなかった。


・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2014-07-05 06:06 | 宗教 | Comments(0)
400人が聖職失う
=児童性的虐待で
―バチカン


時事通信 1月18日(土)21時54分配信より一部

 【ジュネーブ時事】




・・・(前略)




2011~12年の2年間に、
世界で計約400人の聖職者が
解任されるなどして教会を去っていた
ことが
18日、明らかになった

by kuroki_kazuya | 2014-01-19 06:35 | 宗教 | Comments(0)
豪邸建てた
独「ぜいたく司教」
更迭
…資金源調査


読売新聞 10月24日(木)20時26分配信より一部

【ローマ=青木佐知子】

ローマ法王庁は23日、
豪華な暮らしぶりに批判が殺到していた
ドイツのフランツペーター・テバルツファンエルスト司教(53)に、

管轄する独西部リンブルク司教区を
一時的に離れるように命じた。


 
法王フランシスコは
「質素な教会」を掲げており、「ぜいたく司教」(独メディア)を
事実上更迭したとみられる。

・・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2013-10-25 05:55 | 宗教 | Comments(0)
池田氏不在の
創価学会、
11月にも
会長交代か


プレジデント
10月21日(月)14時20分配信より一部

体調不良が伝えられる創価学会の池田大作名誉会長(85歳)の
近著『多宝抄 第三の人生を謳歌する友に贈る』(光文社)が売れている。

「発売前から予約が殺到。

初版3万部が完売し、
発売前に、さらに2万部増刷しました。
内容は池田氏が昔書いた随想などを集めたもの。







・・・・(中略)






ジャーナリストの乙骨正生氏も「池田不在で弱まっている学会の求心力を保つには人心一新が効果的。

当分、選挙もないので人事が行われる可能性はあります」と前置きして、こう語る。

 
「原田稔会長は2期目の途中だが、以前から健康不安がささやかれています。

原田氏は典型的な学会官僚で、組織を無難にまとめていく安全運転型。
でも72歳と高齢でマンネリ感もあり、
以前から谷川佳樹学会事務総長(57歳)か正木正明理事長(59歳)に交代するのではないか
とささやかれてきました」

 
谷川氏と正木氏はともに創価中高卒。
大学も谷川氏が東大、
正木氏は創価大卒という学会エリートだ。

「官僚的な谷川氏に比べ正木氏は人当たりがいいとされる」(乙骨氏)が、

現状では谷川氏が本命視されているという。

果たして池田氏のお眼鏡にかなうのはどちらか。
by kuroki_kazuya | 2013-10-22 06:32 | 宗教 | Comments(0)
「千日回峰」2度
…大阿闍梨、
酒井雄哉師が死去


読売新聞
9月24日(火)3時9分配信より一部

天台宗総本山・比叡山延暦寺(大津市)に伝わる
荒行「千日回峰(せんにちかいほう)」を
2度達成した大阿闍梨(だいあじゃり)、
酒井雄哉(さかい・ゆうさい)師が
23日、歯肉がんで死去した。87歳。




・・・・(中略)




大阪市生まれ。39歳で得度した。

54歳だった1980年には、
地球1周にあたる約4万キロを7年かけて歩き、
このうち9日間は不眠・断食で真言を唱え続ける荒行「千日回峰」を達成。

記録の残る織田信長による比叡山焼き打ち(1571年)以降では、
最高齢で「大阿闍梨」となった。

60歳の87年には2度目も満行。
3人目の快挙で、生き仏とたたえられた。
by kuroki_kazuya | 2013-09-24 05:55 | 宗教 | Comments(0)
<高野山真言宗>
損失額、
大幅に増 
外部調査委


毎日新聞
9月11日(水)19時33分配信より一部

宗教法人の高野山真言宗
(総本山・金剛峯寺、和歌山県高野町)の

宗務総長が
宗団の資産運用を巡り交代した問題で、

外部調査委員会が
損失額を当初の約6億9600万円から
約17億円に訂正していたことが明らかになった。


添田隆昭宗務総長が11日の「宗会」(宗派の議会)議員の会議で報告した。







・・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2013-09-12 06:36 | 宗教 | Comments(0)
本日も、当ブログへお出で頂きまして
誠にありがとうございます。

さて、
私は、生前葬を近いうちに
しておこう、と、考えています。
何故か?
原発反対運動をしていて(20数年は、特に強力に)
仏教界が、
一番重要な問題の一つに
ほとんど、取り組まない。
(極一部の仏教者のみの取り組みでしかない)
(福井県の中嶌哲演さんなど)

これに対し、脱仏教(自分の親が信仰していた宗派への決別)
を、宣言し、また、いつ果て様と悔いなし。を、
近しい方々へ案内しておこうと・・・・

宗教者が、完璧な人間でないことが
タイの事件は、今一度、証明した、と、思います。
どこの国でも、乱れています。ネ。

「ぜいたく僧侶」
逮捕状請求へ=
淫行などの疑い―
タイ


時事通信
7月15日(月)21時24分配信より一部

【バンコク時事】

タイ法務省
特別犯罪捜査局(DSI)は
15日、

僧侶でありながら
高級ブランドのバッグを持ち
サングラス姿で
自家用ジェット機で
移動する様子が
動画投稿サイトに掲載され、
「ぜいたく」との批判を受けていた
男について、

未成年者と性的関係を結んだ
淫行などの容疑で
17日に裁判所に
逮捕状を請求する方針を決めた。


バンコク・ポスト紙(電子版)などが伝えた。

男はウィラポン容疑者(33)で、
当時14歳だった女性と
性的関係を持ったのをはじめ、
違法薬物の使用や
マネーロンダリング(資金洗浄)などに
関与した疑いが持たれている。






・・・・(途中略)





女性関係のほか、
22台もの高級車ベンツを
総額9500万バーツ(約3億円)で
購入していたなど
聖職者らしからぬ行状が
相次いで伝えられ、
13日に僧籍を剥奪された。
 
by kuroki_kazuya | 2013-07-16 06:46 | 宗教 | Comments(0)