スキーにはまっています。


by 幸田 晋

<   2011年 04月 ( 194 )   > この月の画像一覧

東日本大震災:
福島第1原発事故 
損害賠償請求へ、
36団体連絡会議
--県 /福島

毎日新聞
4月28日(木)11時12分配信より


 県は27日、
福島第1原発事故に伴う損害賠償請求に向け、
関係36団体による連絡会議を設置すると発表した。

避難した住民や企業の損害や風評被害状況を把握し、
県全体として東電と国に要望する。


 会議は、
警戒区域や計画的避難区域などに
指定された13市町村と県、
JA福島中央会、県商工会議所連合会、
県医師会などで構成。

5月2日に福島市で初会合を開き、
損害範囲などを協議する。

 また県は29日から、
県民の賠償に関する相談を受け付ける
電話窓口(024・523・1501)を開設する。

月~土曜の午前8時半~午後9時。
通常は県職員が対応し、
水曜午後1~5時のみ弁護士が相談に応じる。
【関雄輔】
by kuroki_kazuya | 2011-04-29 05:30 | 核 原子力 | Comments(0)
東京電力・清水社長が
リーダーシップを発揮できないワケ

東洋経済オンライン

4月20日(水)11時12分配信より


東京電力の清水正孝社長が、
4月7日、ようやく業務に復帰した。

東日本大震災から1カ月が過ぎたが、
清水社長が
リーダーシップを発揮することができない背景には、
体調面の不安ばかりではなく、
社内派閥の影響力が強いために
身動きが取れなくなっている可能性が高い。
東電は東大文系が歴代社長を独占、10電力会社の歴代社長の学歴一覧

 東洋経済が毎年7月、全上場会社を対象にアンケート調査を行っている『役員四季報』から役員の出身大学を1989年から2010年調査までの過去21年分にわたって分析、さらに各社の有価証券報告書から電力10社社長の職務経歴をまとめたところ、東電は東大、文系、間接部門出身が力を持つ、硬直的な人事となっていることが分かった。

 歴代東電役員の学歴を見ていくと、東大派閥が非常に大きな力を持っていることが見て取れる。89年には38人のうち26人、7割ほどを東大派閥が独占していた。10年には44.4%に低下している。ただ、会見に登場していた武藤栄副社長はカリフォルニア大バークレー校工学部を修了しているが、東大工学部も卒業しているので実質的には役員27人中13人、2人に1人が東大卒だ。ちなみに清水社長は慶応大学出身だが、私立大学出身の役員が社長となるのは東電では初めてのケースだ。

 次に歴代東電社長の出身学部を見ると、社長の椅子は法学部、経済学部と文系出身者が独占してきたことがわかる。取締役会の構成は文系63%、理系37%と文系が優位で、工学部など理系出身役員は副社長止まりが「お決まり」だ。『役員四季報』89年調査時点以来、理系トップが1人も見当たらないのは電力10社のなかでも東電だけ。

 さらに、有価証券報告書から東電歴代社長の職務経歴を調べた。84年、93年は2代続けて総務部出身、99年、02年は企画部出身、08年から就任している清水社長は資材部出身だ。また、他の電力会社と比較してみると職務経歴の少なさが目立つ。歴代東電社長は5人中3人が1つの部門の経験のみ。最も職務経歴の多い勝俣恒久会長も3部門にとどまる。一方、関西電力の場合は5人中4人が3部門以上を経験、中国電力は特に人事交流が盛んで、山下隆社長は8部門も経験している。

 他社をみると、関西電力は京大が89年も10年も最大派閥。東大と置き換えれば、東電と変わりない。2社とも取締役会の構成は文系63%、理系37%であることも東電と同じだ。ただ、90年代は文系社長だったが、01年から3人連続で理系出身の社長が就任していることが大きな違いだ。

 中部電力は、89年調査時は29.7%と3人に1人が東大派閥だったが、10年調査では9.1%にまで低下。代わって名大比率が36.3%で最大となった。ただ、特定の大学に偏らない役員構成であり、かつ社外役員として女性を登用するなど風通しを良くしようとする意欲が感じられる。理系出身役員が54.5%と文系を上回っていることも特徴的だ。つまり、他社では東電ほど1つの大学の派閥に偏っていない。文系・理系の昇進区別も見当たらず、特定の部署の比重が高いわけでもないのだ。

 東電の清水社長は出身大学、職務経歴から見て、社内に強い基盤を持っているとは考えにくく「強いリーダー」とは言い難い。そもそも、02年に辞任した南直哉元社長は柏崎刈羽原子力発電所のデータ改ざんを隠ぺいしたことが発覚しての辞任だった。それを受けて現在指揮を取っている勝俣恒久会長が02年に社長に就任。さらに柏崎刈羽原子力発電所の運転再開のめどが立たないなかで08年6月に勝俣会長も社長を退任、清水現社長が引き継いだ経緯がある。

 東電トップは3代続けて地震と原発問題に翻弄され続けている。トップがリーダーシップを発揮することが難しいばかりでなく、一刻を争う非常時の対応がまずいという弱点も改善されないままだ。東電にとっては企業体質の改善もまた、大きな課題だ。
(『役員四季報』編集部・山本亜由子 =東洋経済オンライン)
by kuroki_kazuya | 2011-04-29 04:00 | 核 原子力 | Comments(0)
累積100ミリシーベルト超で
原発作業5年不可

読売新聞
4月29日(金)3時3分配信より
 

厚生労働省は28日、
東京電力福島第一原子力発電所の
緊急作業で累積被曝(ひばく)線量が
100ミリ・シーベルトを超えた作業員は、


同原発での作業期間を含む5年間、
他の原発などでの放射線業務に従事させないよう、
全国の労働局に通達した。



 作業員の被曝線量の積算方法については、
東電側と厚労省に解釈の違いがあり、
同省が改めて見解を示した形だ。


 労働安全衛生法に基づく規則では、

原発作業員の通常時の
累積被曝限度は

5年間で100ミリ・シーベルト、
かつ1年間で50ミリ・シーベルトを超えてはならない、
と定めている。


一方、
緊急時の限度を定めた別の条文では
「通常時の限度にかかわらず、
放射線を受けさせることができる」
とも書かれているが、

緊急時の被曝線量を
通常時の基準に従って累積させるかどうかは、
明記していない。

東電ではこれまで、
福島第一原発での作業で浴びた被曝線量は
「5年間で累積100ミリ・シーベルト
という上限とは、別枠だと考えている」
(松本純一・原子力立地本部長代理)
と説明してきた。
by kuroki_kazuya | 2011-04-29 03:24 | 核 原子力 | Comments(0)
原発事故賠償、
一次指針まとまる


TBS系(JNN)
4月28日(木)21時24分配信より



 第一次の指針は、

原発事故の損害に
該当する可能性の高いものから提示し、

住民の避難にかかった費用
や放射線の検査費用、

そして、
政府による農水産物の出荷停止
を受けた地域の営業的損害などを対象
とすることを認定しました。

できるだけ早く、
救済する方針を示しています。


 また、出荷制限のない地域でも、
いわゆる「風評被害」
で生じた損害や、
長期の避難による精神的損害への賠償
も次の指針以降に盛り込む方針です。

審査会は

今後、どこまで損害と認めるかなど議論し、
7月頃に中間の指針をまとめることにしています。


 「東京電力においても、
この指針発表を受けて
仮払いの実施について検討する
というふうに承知していますが、

検討にとどまらず、
直ちに実施をして頂きたい
というふうに強く政府としても求めて参ります」
(枝野幸男 官房長官)


 原子力賠償紛争審査会
が第一次指針をまとめたことを受けて、

枝野官房長官は東京電力に対して、
賠償金の仮払いを早期に行うよう強く求めました。
by kuroki_kazuya | 2011-04-29 03:16 | 核 原子力 | Comments(0)
原発30キロ圏内で窃盗、
兄弟を逮捕



日本テレビ系(NNN)
4月29日(金)1時58分配信より
 

福島第一原子力発電所から
30キロ圏内で屋内退避区域となっていた
福島・いわき市の

留守宅から

現金1万円や腕時計などを盗んだとして、

警視庁は、
23歳と18歳の兄弟を逮捕した。

2人は「金が欲しかった」などと容疑を認めている。

 2人の自宅からは
テレビや掃除機が複数見つかっていて、
警視庁は余罪を調べている。
by kuroki_kazuya | 2011-04-29 03:11 | 核 原子力 | Comments(0)
福島第一原発の
内部映像を入手


日本テレビ系(NNN)
4月29日(金)2時36分配信より


 福島第一原子力発電所では、爆発や津波で施設が激しく壊れた中、原子炉圧力容器の冷却に向けた作業が進んでいる。NNNはこの生々しい様子をとらえた内部映像を入手した。

 この映像は、原子力委員会専門委員で独立総合研究所社長・青山繁晴氏が22日に撮影したもの。

 映像には、「東京電力」の職員と車で移動していた青山氏が「(3号機の前)止まれますか?」と質問したが、職員が「(ここは)線量が高いので、もうちょっと先で」と話す様子や、青山氏が4号機の正面で車を降りる様子が映っている。また、海側を走り、津波の直撃を受けて施設が破壊された様子が映っている。

 前線本部がある原発内の免震重要棟では、作業を取り仕切る福島第一原発・吉田昌郎所長が話す様子が映っている。

 吉田所長「最初、1週間2週間というのはどうなるかわからない状況だったから、必死で原子炉の冷却をやってきた。(今は)ある程度、落ち着きを取り戻してきている状況」

 また、吉田所長に案内され、東京電力や協力企業の人たちが24時間体制で詰めるフロアの様子も映っている。

 現場を見た青山氏は「長期戦を考えると、(作業環境が)もちろん、現状でいいわけがない。後発部隊を作っていくことが大事」と述べた。

 現場作業が長期化する中、予断を許さない状況が続く。
by kuroki_kazuya | 2011-04-29 03:09 | 核 原子力 | Comments(0)
原発賠償、
免責あり得る=
報酬半減は「大変厳しい」
―東電社長


時事通信
4月28日(木)16時41分配信より
 

東京電力の清水正孝社長は28日、

福島第1原発事故の被害補償に関し、

巨大災害の場合は
電力会社の責任を免除する
原子力損害賠償法の規定について

「私どもとして、
そういう理解があり得ると考えている」
と述べ、


東日本大震災による
大津波が免責理由に該当する
可能性があるとの認識を表明した。

都内の本社で記者団に語った。


 また、役員報酬の50%カット
を決めた東電の姿勢を

海江田万里経済産業相が
生ぬるいと批判したことに対し、

「大変厳しい(リストラ策)と考えている」と反論。


ただ、今後の対応は「未定」として、
さらなる減額などに含みを持たせた。 
by kuroki_kazuya | 2011-04-29 03:05 | 核 原子力 | Comments(0)
“風評被害”“イオン”に不機嫌な「岡田幹事長」
週刊新潮 4月21日(木)11時1分配信より

 表情の起伏に乏しく“フランケン顔”と揶揄される民主党の岡田幹事長(57)。が、最近は不機嫌な表情が垣間見えることが多いという。顔を曇らせる原因は、統一地方選前半戦での大惨敗の責任論だが、実はそれだけではないらしい――。
 岡田氏は4月16日、津波の被害に遭った千葉県旭市を視察した。そこで農業関係者がこう窮状を訴えた。
「出荷制限で3月の収入はゼロだが、東京電力からはビニールハウスなどの電気代で20万円の請求があった。農産物の値崩れも深刻で、風評被害も補償対象にしてほしい」
 岡田氏は、愛想良く即答した。
「補償基準を早急に決めて、生活ができるように努力します」
 この“政治家答弁”に周囲は呆れ返り、農業関係者の1人が詰め寄った。
「岡田さんのお父さん、お兄さんはイオンを経営している。我々を助けると思って、農産物を買ってもらえるように頼んでほしい」
 それまで笑顔を浮かべていた岡田氏の表情は、苦虫を噛み潰したように険しく豹変。挙句、こう切り捨てたのだ。
「それとこれとは別の話でしょう」
 ご存知の通り、岡田氏の父卓也氏はスーパーのジャスコを展開するイオングループの創業者で、兄の元也氏が社長。だが、岡田氏は“家業”の話題を極端に嫌い、永田町では彼の前でイオンの話をするのは御法度だという。
 実は岡田氏、4月3日に福島県いわき市、12日に東京・新橋の福島県物産展を視察した際にも、旭市と同様の言葉を投げかけられていたのだ。
“仏の顔も三度まで”とでも言いたいのだろうが、ボンボン政治家の我慢など被災者のそれとは比べるべくもない。
by kuroki_kazuya | 2011-04-29 03:00 | 核 原子力 | Comments(0)
竜巻と暴風雨、
原子炉3基が自動停止
…米

読売新聞
4月28日(木)13時1分配信より


【ニューヨーク=吉形祐司】
米南部アラバマ州にある

ブラウンズフェリー原子力発電所

の運転会社、テネシー峡谷開発公社は
27日、同州など米南部を襲った竜巻と暴風雨で
送電線が破損し、
3基の原子炉が自動停止したと発表した。


4段階の緊急事態で最も程度の低い
「異常事態」が宣言されたが、
機器は正常に作動しているという。


 AP通信によると、
この竜巻と暴風雨で、
同州やミシシッピ州など
4州で計64人が死亡した。
by kuroki_kazuya | 2011-04-29 02:59 | 核 原子力 | Comments(0)
<共済組合粉飾>
元法相の敗訴確定…
最高裁が上告棄却
毎日新聞
4月29日(金)0時40分配信より


 03年に
58億円の負債を抱えて破産した
佐賀商工共済協同組合(佐賀市)

が破綻を隠しながら集金を続けた
として、元組合員らが
元理事長の陣内孝雄元法相らを
相手に損害賠償を求めた

2件の訴訟で、
最高裁第3小法廷(田原睦夫裁判長)は
26日付で、

元法相側の上告を棄却する決定を出した。

元法相らに
総額約3億7680万円の
支払いを命じた2審判決が確定した

【伊藤一郎】
by kuroki_kazuya | 2011-04-29 02:54 | 裁判 | Comments(0)