スキーにはまっています。


by 幸田 晋

<   2011年 08月 ( 275 )   > この月の画像一覧

「アクセル10%削減」へ
ハイテク添加剤 
企業とNPO法人

産経新聞
8月26日(金)21時58分配信より


環境保護に取り組む
NPO法人(特定非営利活動法人)と
企業とが連携し、

自動車の「アクセル10%削減」
に乗り出した。

表面が滑らかなセラミックスの粉末を原料とする特殊な添加剤を会員向けに販売。車のエンジンオイルに添加することで、15~30%の燃費改善を図り、温室効果ガス削減や省資源化を進める考えだ。


 「アクセル10%削減運動」は、大阪府下の金型企業などとNPO法人「ホタルの会・21」(愛知県犬山市、山本修理事長)らが共同で実施。同市のセラミックス企業が特許を持つセラミックス素材「超微粒窒化ホウ素(t-BN)」を配合したエンジン活性剤「Eco21セラミックス」を、登録会員向けに限定販売している。

ホウ素は単体ではダイヤモンドに次ぐ硬さの物質で、特殊な製法により形状や大きさを整えたt-BNは非常に硬く、熱にも強い。また粒子の形状が丸いため、高温にさらされるエンジンなどの潤滑剤として効果が高いという。


エンジンオイル4リットルに対し同添加剤1本(100ミリリットル)を加えると、シリンダーとピストンの摩擦が減り、同じ量の燃料でもより多くの動力が得られる。加減速を繰り返す一般道などで走行する場合、アクセルの踏み込みを減らしても、十分なパワーが得られるという。

特に、エンジンが老朽化した走行距離の長い車ほど燃費の改善効果は顕著で、軽自動車は5万キロ以上、普通車は7万キロ以上走った車に同添加剤を使用すると、燃費が15~30%近く向上するケースもあるという。

添加剤は1本3500円で、ホタルの会は1本あたり500円を、環境保全や交通安全などに取り組む団体を支援する基金として積み立てる方針だ。

by kuroki_kazuya | 2011-08-27 03:49 | お得情報 | Comments(0)
北海道電力、
メールで「やらせ」指示

TBS系(JNN)
8月27日(土)0時56分配信より


「このようなメールを配信したことについては、
重く受け止めたい。
おわび申し上げたい」
(北海道電力 佐藤 斉 広報部長)

26日午後9時からの
緊急会見が始まってから、
およそ20分後、

記者に促され、
ようやく謝罪した北電の広報部長


「やらせ」発覚は、
共産党北海道委員会への内部告発がきっかけでした。



問題のシンポジウムは2008年、
プルサーマル計画を巡って北海道が主催し、
原発がある泊村の隣の岩内町で開かれました。

メールは「推進意見を提出して頂ければ」
などと書かれ、
発電所内の21の部署に
送られたといいます。

北電は事実関係を認めました。


 問題のシンポジウムの映像です。
 「今後この種の説明会・シンポジウムを開催するのは現実的に難しいと思いますが、お手元にこのような形でご意見を頂く紙も・・・」(当時の北海道の危機管理監)

無理に打ち切られたようにも見えますが、終了後、北海道がまとめたアンケートでは72%の人が「理解が深まった」と答えたことになっています。

「全然アンケートの結果が違うと思った。
“やらせ”があったという話を聞いたとき、
そうだったのか、
それでこういうことになっていると思った」
(パネリストとして参加 富塚とも子さん)


北電は
九州電力の「やらせメール」発覚後、
「国が主催したシンポジウムではやらせはなかった」
と回答していましたが、

「このシンポジウムは北海道主催のため調査していない」
と説明していました。
 

北電は、誰がどういう経緯でこのメールを送ったのかは会見で明らかにせず、今後、調査して発表すると答えるにとどまりました。
by kuroki_kazuya | 2011-08-27 03:41 | 核 原子力 | Comments(0)
北電もメールで「やらせ」指示=
泊原発のプルサーマル導入で

時事通信
8月27日(土)0時32分配信より


北海道電力の
阪井一郎原子力部長は26日、
札幌市の本社で記者会見し、

2008年10月に開かれた
泊原発3号機(北海道泊村)への

プルサーマル発電導入をめぐる
道主催のシンポジウムの際、

同社の地元調整の担当部署が
社内向けに、

社員の出席と
賛成意見の表明を促すメールを
送っていたことを明らかにした。

この問題では
共産党北海道委員会がメールの存在を指摘していた。



 泊3号機は今月17日、国内原発で東日本大震災後初めて営業運転を再開。北電は来春にも、使用済み核燃料に含まれるプルトニウムを再利用するプルサーマル発電を導入する予定だった。

同社によると、
問題のメールは
現地を統括する泊原子力事務所の渉外課が、

08年10月3日付で
泊原発内の21の部署宛てなどに送信。

プルサーマル計画に関する
公開シンポジウムへの参加協力と題し、

「計画を確実に進めるためにも、
数多くの方にご参加いただき推進意見を提出して
いただければと思います」などと記されていた。

社員約200人を対象とする26日の調査では、
11人が今でもメールの現物を持っていることが判明。

メールはないが
受信した記憶があった社員も2人いた。


 阪井原子力部長は会見で、やらせ指示について「大変重く受け止めている。信頼回復に努めたい」と陳謝。今後はメールを受けてシンポジウムへの出席や意見表明が実際にあったかどうかや、同様の事例がないかなどを調査するとした。
 シンポジウムは、泊原発に近く、北電と安全協定を結んでいる岩内町で開催、約380人が出席した。有識者会議での検討などを踏まえ、高橋はるみ知事は09年3月、プルサーマル計画の受け入れを正式表明した。
by kuroki_kazuya | 2011-08-27 03:39 | 核 原子力 | Comments(0)
<振興銀破綻>
調査に政治的性格も 
竹中氏は聴取応じず

毎日新聞
8月26日(金)21時34分配信より



行政対応等検証委員会は、日本振興銀行に関する金融庁の行政上の責任を指摘する報告書を提出したが、

竹中氏は意見聴取に応じていない。
調査は自見金融担当相が主導するなど政治的な性格も帯びており、実態はなお不明な点が多い。


04年に振興銀が開業した当時は、
大手銀行による中小企業への
「貸し渋り」などが社会問題化していた。

竹中氏は
銀行業の新規参入を促す
「金融再生プログラム」を策定し、

木村被告が
その具体化の1号案件として、
03年8月に振興銀の予備審査を申請した。


 報告書によると、木村被告は何度も「早く予備審査を終わらせてほしい。開業時期は決まっているんだ」などと金融庁職員に迫り、職員も「まだ(認可には)疑問はあるが、早く終了しよう」などの心境に追い込まれて十分な審査をしなかったという。


 検証委は金融庁の現職、OBなど16人に対して聞き取りを実施。竹中氏の言動が審査への影響を及ぼしたかには踏み込まなかったが、「中小企業向け専門の融資など、これまでと違った経営形態なのだから、免許認可の審査は厳しくすべきだった」と指摘した。


 検証委は竹中氏にも調査に応じるよう要請したが、竹中氏は政治利用を警戒した模様で、「記憶が定かでない部分もあるので、回答できかねる」と拒否したという。これまで指摘されてきた竹中氏と木村被告の親交関係の実態とともに、行政トップとして適切な判断を下す環境を作れなかったのかなどの説明と検証は、課題として残されたままだ。

【永井大介】
by kuroki_kazuya | 2011-08-27 03:33 | オンブズマン | Comments(0)
大飯原発1号機トラブル、
原因は安全弁の異常

読売新聞
8月26日(金)21時25分配信より


関西電力は26日、

大飯(おおい)原発1号機(福井県おおい町)で
7月、緊急炉心冷却装置(ECCS)を
構成する蓄圧タンクの圧力が低下したトラブルについて、
圧力を逃がす安全弁の異常が原因と発表した。


 関電によると、安全弁を開閉させるバネが入った筒の中に異物が入り、バネが十分に機能しなくなった。異物は弁の分解点検作業中に混入した可能性があるとし、安全弁の手入れが不十分だったとした。

大飯原発1号機は調整運転中に、このトラブルで原子炉を手動停止した。関電は再稼働について「国のストレステスト(耐性検査)を受けてからになる」としている。
by kuroki_kazuya | 2011-08-27 03:31 | 核 原子力 | Comments(0)
ネットで暴露された
徳光24時間マラソン
“噴飯”全裏側

日刊ゲンダイ
8月25日(木)10時0分配信より



<スタートは相模原市中央区。武道館まで63キロ>

「おい徳光、休みすぎだろ!」「これじゃ散歩じゃねーか」
 ネットを中心に非難囂々(ごうごう)だったのも当然だろう。

「24時間テレビ」(日本テレビ)の恒例企画、
24時間マラソンに今年は70歳の徳光和夫が挑戦した。

だが、走行距離はたったの63キロ……。

しかも、休憩ばかりで、
とてもマラソンとは呼べない内容だったのだ。



 マラソンのスターターとして巨人の長嶋茂雄終身名誉監督がサプライズで登場。そんな大盛り上がりの様子や走っている姿が番組や公式HPの動画、テキスト速報で随時アップされていた。「このマラソンへの挑戦がたくさんの人に元気を与えようとしています!」「皆の思いを背に徳光さんは、一歩一歩、武道館に向かいます!!」などと仰々しかった。
 だが、その実態は――。あるネット上のサイトでは徳光の姿をツイッターやUstreamで24時間生中継。おかげでテレビが映さないマラソンの実態が明らかになったのだ。
 
まず、
スタート早々に出発地点は
相模原市中央区の南橋本駅付近の企業敷地内であることが判明。

ちなみに、ここからゴールの日本武道館までは直線距離で約40キロ。

最短ルートならゆっくり歩いても9時間程度しかかからない。

今回は徳光の年齢を考慮して走行距離は
歴代最短の63キロ
(これまでは萩本欽一の70キロ)に設定されたが、それでも短すぎだ。


しかも、
ネットの24時間中継を見ると、
「スタートして5時間で4時間睡眠(TV中継一切なし)、

その後2時間ほど休みながら歩き、
90分休憩」。

早朝からは再び走り始めたが、
「14:00 休憩 日産プリンス東京246上馬店」
「14:56 休憩(トイレ休憩・ファミリーマート上馬交差点前店)」
「15:19 休憩 アランチャータスクーターズ(目黒区碑文谷)」
と休憩ばかり……。

しかも、
休憩中は足にお灸(きゅう)をしてもらったり、
マッサージを受けたりと至れり尽くせり。



 徳光は番組終了直前の午後8時45分頃に武道館に到着し、ゴールのテープを切ったが、血色もよく、健康そのものに見えた。階段でコケるシーンもあったが、マイクの声は「千里の道も一歩から」とよどみなかったし……。
 ちなみに、東京マラソンでは規定の7時間以内に42.195キロを完走した70代以上のランナーが多数。フルマラソンのギネス記録は2010年のホノルルマラソンを完走した92歳の女性(9時間53分)である。
 至れり尽くせりの24時間マラソン。これで視聴者に「感動しろ」とは押し売りもいいところ。その上、ギャラまでもらえるんだから、こんなにいい商売はない。

(日刊ゲンダイ2011年8月22日掲載)
by kuroki_kazuya | 2011-08-27 03:29 | 学ぶ | Comments(0)
<放射性セシウム>
イノシシ肉から検出 
福島

毎日新聞
8月26日(金)21時20分配信より


福島県は26日、県内で6~8月に捕獲したイノシシ12頭から国の暫定規制値(1キロ当たり500ベクレル)を超える563~3221ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。畑を食い荒らすなどして、二本松、相馬、南相馬の3市で有害捕獲されたイノシシの肉を北里大が調査し、全頭が規制値を上回った。県は食べるのを控えるよう呼びかけている。

また、県は同日、福島市と南相馬市のユズ4検体から国の暫定規制値(同500ベクレル)を上回る680~2400ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。


【種市房子】
by kuroki_kazuya | 2011-08-27 03:25 | 核 原子力 | Comments(0)
堆肥から高濃度セシウム=
栃木

時事通信
8月26日(金)21時6分配信より


栃木県は26日、旧黒磯市、旧西那須野町(いずれも現那須塩原市)と那須町の肥育農家、酪農家5戸で、牛ふんを原料とする堆肥から国の暫定規制値(1キロ当たり400ベクレル)を超える500~1200ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。県は旧2市町と那須町の肥育農家と酪農家に対し、堆肥の出荷自粛を継続するよう要請した。 
by kuroki_kazuya | 2011-08-27 03:21 | 核 原子力 | Comments(0)
金総書記 
ロシアの帰路に訪中 
両天秤で支援競わせる狙いか

産経新聞
8月26日(金)21時2分配信より


【北京=矢板明夫】

ロシア訪問の帰路に中国の東北部を訪問している北朝鮮の金正日労働党総書記は26日、黒龍江省のチチハル市に到着し、市内の機械工場などを視察した。

中国の習近平国家副主席も同日にチチハル入りし、
金総書記と昼食を交えて会談したとの情報も伝えられているが、
確認されてない。

その後同省の石油基地、大慶に到着した。

金総書記が中国に立ち寄ったのは、
ロシアと中国をてんびんにかけて、
より多くの経済支援を引き出したい狙いがあるとみられる。


 金総書記は今回のロシア訪問で、ロシアからの天然ガスパイプラインの建設やロシア企業の投資誘致を積極的に推進する姿勢を見せた。中国からの経済支援に過度に依存する現状から脱したい思惑があるといわれている。

 しかし同時に、ロシアへの接近は、最大スポンサーである中国の了解を得る必要がある。昨年の5月以降、4回目となった今回の訪中で金総書記は、ロシアのメドベージェフ大統領との首脳会談の成果を説明するほか、中国との関係重視の姿勢を改めて示すとみられる。

 一方、中国も北朝鮮とロシアとの接近を警戒している。共産党筋は「今日の中国の北朝鮮に対する影響力は、朝鮮戦争で莫大(ばくだい)な犠牲を払ったことで手に入れたものであり、簡単にロシアに渡すわけにはいかない」と語っている。

 ロシアと北朝鮮の経済的な結び付きが強化されれば、中国もそれに合わせて北朝鮮への支援を増やすとみられる。そうなれば、ロシアと中国をてんびんにかけて支援を競わせる金総書記の思惑通りの展開となる。

 石油基地のある大慶訪問も、北朝鮮への中国の新たなエネルギー支援と関係している可能性がある。

 また、年内の訪米を控える習近平副主席が26日に金総書記と会談したことが事実とすれば、習副主席は、金総書記がロシア訪問中に示唆していた北朝鮮の「核凍結」の約束を改めて引き出して自らの訪米のお土産とする可能性もある。6カ国協議の再開に向けて仲介役を買って出れば、訪米の成果となるからだ。
by kuroki_kazuya | 2011-08-27 03:19 | 政治・議会 | Comments(0)
民主党代表選挙 
「脱小沢」と「親小沢」の
対立の構図が明確に

フジテレビ系(FNN)
8月27日(土)0時52分配信より


政権発足から1年3カ月。菅 直人首相が退陣を正式に表明した。
後継を選ぶ党代表選挙では、最大勢力を率いる小沢元代表が26日夜、海江田経済産業相を支持することを明言した。

選挙戦の構図は、
軽量級乱立から、

海江田氏と前原前外相の2強対決へと一変した。

26日午後10時、代表選への出馬を表明した海江田氏は「民主党の代表選挙に立候補いたします、衆議院議員の海江田 万里でございます」、「私はやはり、その2年前の、あの暑かった夏の、私どもが皆さまにお訴えをしたマニフェスト、そして生活が第一であるというこの原点を忘れてはいけないと思っております」と述べた。
告示を27日に控えた26日午前10時、ついに代表選への出馬を表明した海江田氏。
会見の直前に向かったのは、小沢氏のグループの会合だった。
26日午後9時ごろ、松崎哲久衆院議員は「一致協力をして、海江田総理の誕生を目指そうということを明言いたしました」と述べた。
会合には、90人余りの議員が参加した。
海江田氏は「未熟ですが、戦わせていただきます」とあいさつしたという。
同じくグループの会合を開いた鳩山前首相は、26日午後9時ごろ、「もう一度、原点に返すという戦いに、海江田君が、ある意味で、真剣にやると言ってくれましたから、そのことに大いに私は期待をしたい、そう思っています」と述べた。
前原氏を支持できないということで一致していた、小沢氏と鳩山氏。
前原氏の対立候補として、党内最大勢力を率いる小沢氏が、海江田氏の支持を決めたことで、代表選は「脱小沢」と「親小沢」の対立の構図が明確になった。
26日午後9時40分すぎ、前原氏は「党内だけで物事を考えるんではなくて、国民が今、政治に何を欲しているのか、『信なくば立たず』という思いの中で、しっかりとした代表選挙を行うことが何よりも重要だと思います」と述べた。
また26日、野田財務相らが出馬を表明し、挙党一致を掲げた。
野田氏は「どのグループとかなんとかというんではなくて、すべての議員の皆さまに私のメッセージが届くように、党を挙げての体制をつくって、この国難を突破するためにお力を貸してほしい」と述べた。
鹿野農水相は「この民主党が政権を担うことができるような、一丸となった挙党体制をつくるために、全力を挙げてまいりますと」と述べた。
馬淵前国交相は「全党一丸となって、国民の皆さん方に、お約束したことを1つひとつ丁寧に説明をしながら、実施をしてまいりたい」と述べた。
一方で、候補の一本化を鳩山氏に一任していた小沢鋭仁元環境相、また、樽床元国対委員長も出馬を見送った。
鳩山氏は「結論を申し上げれば、お2人の中で、海江田 万里さんの方に、是非、小沢鋭仁さんが協力をしていただいて」と話した。
また、26日、菅首相が示した退陣3条件の残る2つ、「再生エネルギー買い取り法案」と「特例公債法案」が可決・成立し、首相は正式に辞任を表明した。
菅首相は「私自身はやるべきことはやった、このように感じております」などと述べた。
6月に退陣の意向を表明してからおよそ3カ月。
首相の退陣劇にピリオドが打たれた。
民主党の渡部最高顧問は「終わりよしだ。これ3人目だからね、政権として。もうあとはねえんだ、もう」と述べた。
あとのない民主党3人目の首相を選ぶ代表選。
被災地、福島の人たちからは、「今、福島が、総理代わったからどうこうなるわけじゃないし、それより自分たちがしっかりやるだけじゃないですか」、「民意をね、うまくすくってくれる人がなってくれるといいなと思いますけども」、「誰がやっても同じというような雰囲気があるので、それを打破できるような具体的な政策を実行していただきたいと思います」といった声が聞かれた
by kuroki_kazuya | 2011-08-27 03:15 | 政治・議会 | Comments(0)