スキーにはまっています。


by 幸田 晋

<   2012年 05月 ( 105 )   > この月の画像一覧

<東電>
賞与も値上げ分に 

今冬147億円、

人件費に計上


毎日新聞
5月29日(火)2時31分配信より一部

家庭向け電気料金の
平均10%超の値上げを

枝野幸男経済産業相に申請している

東京電力が、

社員の今冬の賞与(ボーナス)

147億円分を

料金値上げの原価となる

人件費に計上していることが

28日分かった。

福島第1原発事故の処理と

賠償で財務内容が悪化し、

国から1兆円規模の

公的資金投入を受ける東電は

今夏のボーナス支給は見送ったが、

冬のボーナスに関しては「未定」としていた。



電気料金値上げの妥当性を審査している

経産省の有識者会議「電気料金審査専門委員会」

(委員長・安念潤司中央大法科大学院教授)は、

東電に対し、人件費の一段の削減を通じた値上げ幅圧縮を促したい考え。

同専門委は29日に会合を開き、

人件費や修繕費などの計上が適正か審査するが、

委員からは

「公的資金を投入される立場を考慮し

人件費を決めるべきだ」との厳しい声も出ており、

冬のボーナスの大幅削減を迫られる可能性がある。


東電が経産省に示した資料によると、

12年度はボーナスを147億円計上。

13~14年度も各290億円強のボーナス(夏・冬含み)を見込んでいる。

東電は福島第1原発事故以降、社員の年収を20%(管理職は25%)削減したが、

専門委では「実質破綻企業の合理化策としては甘過ぎる」との指摘が出ている。




・・・・
by kuroki_kazuya | 2012-05-29 04:49 | 九電労組 | Comments(0)
<静岡県知事>
浜岡再稼働判断

「任期中はない」


毎日新聞
5月29日(火)1時19分配信

静岡県の川勝平太知事は

28日の定例記者会見で、

中部電力浜岡原発(同県御前崎市)

の再稼働の是非を判断する

タイミングについて、

「向こう1年の間に

再開が可能であるような条件、環境が

整うとは常識的にみて考えられない」



と述べ、

来年7月までの任期中には

来ないとの見通しを示した。


 


・・・・
by kuroki_kazuya | 2012-05-29 04:36 | 核 原子力 | Comments(0)
<脱原発>

九州各地から

2500人が

集まり集会 

佐賀市で


毎日新聞
5月27日(日)23時16分配信より一部

原発の再稼働反対と

廃炉を訴える

「さよなら原発!佐賀集会」が

27日、佐賀市であった。

九州各地の脱原発市民団体の
メンバーら約2500人が集まり、

市内をデモ行進。

佐賀県庁前では

「子供を守ろう」

「ここから廃炉」

などとシュプレヒコールを上げた。


同実行委代表の青柳行信さん(65)が

「原発全基停止は市民の行動で実現した。

全原発廃炉への道を今日の集会で勝ち取りたい」とあいさつ。

福島からの避難者によるスピーチなどのほか、

国内全原発の廃炉を求める集会宣言を採択した。

 

集会後は、

佐賀県知事公舎前や

九州電力佐賀支社前など

経由の3コースをデモ行進し、

声を張り上げた。
 







・・・・
by kuroki_kazuya | 2012-05-28 05:13 | 九電労組 | Comments(0)

水前寺公園

水前寺公園
a0043276_4433491.jpg
a0043276_4434714.jpg
a0043276_444094.jpg
a0043276_4441446.jpg
a0043276_4443095.jpg

by kuroki_kazuya | 2012-05-28 05:05 | 写真 | Comments(0)
国会事故調 

枝野氏は陳謝するも弁明に終始 

「調整と発信を
同じ人間がやるのは正直しんどい」


産経新聞
5月27日(日)23時13分配信より一部

東京電力福島第1原発事故の際、

官房長官として

政府のスポークスマンの役割を担った

枝野幸男経済産業相は

27日の参考人聴取で、

政府の情報発信が
十分ではなかったことは認めた。

だが、住民への避難指示に関する

政府側と専門家の協議内容など

核心部分では「記憶にない」と発言したり、

釈明が前面に出たりした。

調査委員会の委員からは

枝野氏への不信をあからさまにする発言も

飛び出すなど、

改めて官邸の対応に問題があった

ことを浮き彫りにした。
(坂本一之)







・・・・





 

聴取で焦点となったのは、

避難指示が拡大されていった点と、

緊急時迅速放射能影響予測
ネットワークシステム(SPEEDI)の

公表が遅れた点などだ。
 


特に、枝野氏が避難指示を発表する際「念のため」という言葉を連発したことについて、被災者代表の委員は「大臣の言葉で右に行き左に行きだった」と述べ「念のために」の避難が今も続いていることへの不満をぶちまけた。枝野氏は謝罪する一方で「ベストを尽くしたつもりだ。今戻ってもあまり違った対応にはならないと思う」と強弁した。

 SPEEDIの存在を知ったのが昨年3月15日か16日とした上で「文部科学省に責任もって各部署や各機関が発表している数字を全部集約し整理しろと指示した」と説明した。枝野氏から「SPEEDI情報はどこかで一元化して勝手に出さないように」との指示があったと指摘されていたのを暗に認めたといえる。

 
原子力安全・保安院が

「炉心溶融(メルトダウン)」

という言葉を避けたとされることには

「炉心溶融はないという印象を与えていた

とすれば真意ではない」などと

語気を強めながら自身の指示を否定した。



 首相の「女房役」としての役割を十分に果たさなかったことも露呈した。枝野氏は事故翌日の菅直人首相(当時)の現地視察や、菅氏が親しい人を内閣官房参与に相次いで任命したことには反対だと助言しながらも、菅氏に受け入れられなかったことを認めた。

 弁明を受け、黒川清委員長は「大事な教訓として、変わらないと国の信頼がメルトダウンしつつある」と皮肉を込めて述べた。
by kuroki_kazuya | 2012-05-28 04:57 | 核 原子力 | Comments(0)
国会事故調 

枝野氏が事故対応に

改めて陳謝 

東電は「全面撤退」と強調


産経新聞
5月27日(日)23時13分配信

国会の
東京電力福島原発事故調査委員会

(国会事故調)は27日、

事故当時の官房長官だった

枝野幸男経済産業相から
参考人聴取を行った。


枝野氏は放射性物質の拡散を予測する

緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム

(SPEEDI)の試算結果公表の遅れが

「信頼を損なっている大きな原因になっている」と指摘。

「多くの皆さんが避難を余儀なくされ、申し訳なく思う」
と陳謝した。

昨年3月15日未明に

東電の清水正孝社長(当時)がかけてきた

電話については

「全面撤退したいという話だった」
と強調した。



枝野氏は清水氏の電話について

「部分的に残す趣旨でなかったのは明確だ」と述べた。

第1原発の吉田昌郎所長(当時)にも

電話したことも明らかにし、

「本社が全面撤退のようなことを言っているが、

まだやれることはあるかと聞いたら、

所長は『まだやれることがある。頑張ります』と答えた」
と説明した。
 


東電は全面撤退を考えたことはないと
説明しているが

改めて政府中枢との認識の違いを浮き彫りにした。



 



・・・・
by kuroki_kazuya | 2012-05-28 04:47 | 核 原子力 | Comments(0)
博多 どんたく
a0043276_6341270.jpg
a0043276_6343422.jpg
a0043276_634467.jpg
a0043276_635031.jpg
a0043276_6351328.jpg
a0043276_6352943.jpg

by kuroki_kazuya | 2012-05-27 05:03 | 写真 | Comments(0)
<原発耐震>

「旧指針でも安全確保」

電事連、

安全委に要請



毎日新聞
5月25日(金)22時26分配信より一部

電力10社で組織する
「電気事業連合会」が


04年、

原発施設の耐震設計審査指針の

改定作業を進めていた

内閣府原子力安全委員会に対し、

「新指針は安全確保上必須ではない」

と宣言するよう求める

書面を提出していた
ことが

25日、安全委の開示文書で分かった。



書面は04年9月1日付。

安全委や経済産業省、

電力会社にとって、

改定に伴い想定される
スケジュールを記している。

その中で「安全宣言シナリオ案」として、

改定案とりまとめ時に、

(旧指針でも安全確保されており)改定は

必須ではない

▽新指針を既存原発に適用することは必要ない--

と表明するよう要請。

決定時には

「規制行政庁は

既設炉が安全上問題となるものではない

ことを明言していただく」と求めた。


 
指針改定を巡っては、

経産省原子力安全・保安院も

「(耐震安全性への)批判が

立地自治体、マスコミなどで厳しくなる」

などと懸念を示す文書を提出していたことが

既に明らかになっている。

安全委は06年に

改定された指針で

「既存原発の設置許可を無効とするものではない」と明記した。

安全委審査指針課は

「いずれの要請の影響も受けていない」

と説明している。






・・・・
by kuroki_kazuya | 2012-05-26 05:18 | 九電労組 | Comments(0)
<福島第1原発>

4号機建屋を点検 

地元の崩壊懸念で


毎日新聞
5月25日(金)21時43分配信

東京電力は25日、

福島第1原発4号機建屋の
点検結果を公表した。

建屋爆発に伴う傾斜は見られず、

使用済み核燃料プールを支える
コンクリート壁の強度も
設計基準値を上回ったとしている。

燃料プールの水位測定や
建屋外壁にレーザーを当てる手法で
傾きを調査した。


核燃料プールには
1535本の使用済み核燃料が残っており、

地元からさらなる地震で崩壊する可能性について

懸念が寄せられたため、点検した。



エレベーター設備や
吹き抜けがある建屋西側の外壁には、

爆風の影響とみられる

幅0.6~3.3センチの膨らみが見つかった。

松本純一原子力・立地本部長代理は

「建屋全体やプールの健全性に与える影響は小さいだろう」

と説明した。






・・・・
by kuroki_kazuya | 2012-05-26 05:12 | 核 原子力 | Comments(0)
博多 どんたく
a0043276_6221662.jpg
a0043276_6222837.jpg
a0043276_6224097.jpg
a0043276_6225583.jpg
a0043276_6231239.jpg

by kuroki_kazuya | 2012-05-26 05:02 | 写真 | Comments(0)