スキーにはまっています。


by 幸田 晋

<   2015年 12月 ( 215 )   > この月の画像一覧

<核燃料再処理>認可法人を新設へ 

経産省会議が見直し案
 

毎日新聞 11月30日(月)21時50分配信より一部

◇電力会社に再処理費用の拠出を義務づけが柱

 経済産業省の有識者会議は30日、原発の使用済み核燃料を再利用する「核燃料サイクル」の中核である再処理事業体制の見直し案をまとめた。国が監督する認可法人を新設し、電力会社に再処理費用の拠出を義務づけることが柱で、来年の通常国会に関連法改正案を提出する方針。再処理事業から電力会社が撤退するのを防ぐ狙いがあるが、再処理で取り出されるプルトニウムの処理など課題は山積している。

 原発を持つ電力会社は現在、再処理費用を外部の資金管理法人に積み立てたうえで、必要に応じて取り崩し、再処理事業を行う日本原燃に支払う。しかし、電力小売りが全面自由化される来年4月以降、電力会社の経営が悪化した場合、再処理から撤退する会社が出て必要な資金を賄えなくなる懸念がある。

 このため政府は、電力会社の原発の発電量に応じて、新設の認可法人に再処理費用を拠出することを義務づける仕組みに改める。新法人は具体的な事業を日本原燃に委託する形をとる。また、再処理で取り出したプルトニウムにウランを混ぜて作る混合酸化物燃料(MOX燃料)の加工工場の運営費も拠出対象とする。

 ただ、日本原燃が進めている再処理事業は開始のめどが立たない。11月16日には青森県六ケ所村で建設中の再処理工場の完成時期が2016年3月から18年度上期に延期された。通算23回目の延期で、建設費は既に当初の約3倍となる2.2兆円まで拡大した。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2015-12-01 06:35 | 核 原子力 | Comments(0)
年金運用、赤字7・8兆円 

7~9月、四半期で最大
 

東京新聞 2015年11月30日 17時43分より一部

 国民年金と厚生年金の積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は30日、7~9月期の運用結果が7兆8899億円の赤字で、運用利回りも5・59%のマイナスだったと発表。中国の景気減速への懸念で国内外の株価が下落した影響だ。四半期の赤字額では、自主運用を始めた2001年以降で最大。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2015-12-01 06:25 | 財政 | Comments(0)
TPP、いまだに全文公開されず

…不都合な「規定」の存在が発覚


Business Journal 11月30日(月)22時34分配信より一部

 10月5日のTPP(環太平洋経済連携協定)大筋合意発表からすでに50日が過ぎようとしているが、依然として政府からはTPP協定の全文の公表がなされていない。そんななか、内閣官房TPP政府対策本部が11月5日、「環太平洋パートーナーシップ協定(TPP協定)の全章概要」を公表した。

 TPPの大筋合意では関税撤廃率95.08%というかつてない関税撤廃率の高さが全国の農業生産者に衝撃を与えたが、政府公表のTPP全章概要を詳細に見ると、さまざまな関税撤廃へ向けた「仕掛け」が存在することが明らかになった。

 第一に、第2章附属書譲許表に7年後再協議規定が明記されたことである。文章上は次のようになっている。

「我が国は、TPP協定の効力発生から7年が経った後、又は、第三国若しくは関税地域に徳恵的な市場アクセスを供与する国際協定の発効若しくは改正の効力発生に必要となる我が国と当該第三国等による法的手続が完了した後、相手国からの要請に基づき、自国の譲許表で規定される関税、関税割当て及びセーフガードの適用に関連する原産品の取扱いに関して協議を行う旨を定める規定を、豪州、カナダ、チリ、NZ及び米国との間で相互に規定」

 要するに、TPP協定発足7年後に豪州、カナダ、チリ、ニュージーランド(NZ)及び米国との間で、関税、関税割当及びセーフガードの適用に関連する原産品の取り扱いに関して、相手国からの要請に基づき協議を行うとの規定である。TPP政府対策本部の説明では、この規定は関税撤廃を免れたコメなど重要5品目が対象となるとのことである。

 文章上は、協議内容にはなんの留保条件も明記されていない。仮に、米国政府からコメの関税撤廃を求める協議が要請された場合、日本政府はそれに応じなければならないわけである。同様にNZから乳製品の関税撤廃を要請されれば、協議に応じなければならないのである。7年後の政治経済状況は今から予測はできないが、7年後の政治経済状況によっては、その再協議によって重要5品目の関税撤廃があり得ないとは断言できない。

・・・(中略)

 結局、多国籍企業が望むP4協定の関税及び非関税障壁の撤廃原則を引き継いでいるのであり、日本がその入口に立ったことであり、これからさらなる関税及び非関税障壁撤廃の世界に進んでいくことが確定したことなのである。それだけに、TPPが日本農林水産業に深刻な打撃を与えることはいうまでもない。
by kuroki_kazuya | 2015-12-01 06:15 | 対米 従属 | Comments(0)
みなさま、時間のアル時に
是非、「ブログ『天木 直人のブログ』」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>
ーーーーーーーーーーーーーー

安倍晋三を吉田茂と対比して
酷評した東京新聞の名社説


ブログ「天木 直人のブログ」  2015年11月30日より転載

 11月29日の東京新聞はこれ以上ない安倍首相批判の社説を掲げた。

 戦後ただ二人、総理再登板をした吉田茂と安倍晋三。

 その二人の力量はあまりにも違う。

 安倍首相は吉田首相という大先輩に学ぶべきだと書いたのだ。

 吉田茂は、防衛大一期生が卒業のあいさつに大磯の吉田邸を訪れた時、別れ際にこう話したという。

 「自衛隊が国民から歓迎され、ちやほやされるのは、災害や武力攻撃を受けて国民が困窮し国家が混乱に直面した時だけだ。君たちが日陰者である時の方が国民や日本は幸せなのだ。耐えてもらいたい」と。

 ひるがえって安倍首相はどうか。

 東京新聞は、治に居てわざわざ乱を求めているのではないか、という表現で痛烈に批判している。

 思うに吉田首相も安倍首相も対米従属だ。

 しかし、吉田は占領下という異常事態にあって、対米従属を利用しながら日本の国益を守ろうとした。

 親米でありながら時として面従腹背した。

 安保条約は不完全なものに終わった事を自覚し、その責任をとって一人でそれに署名し、後世の政治家にそれを正しいものにすることを託した。

 翻って安倍首相はどうか。

 米軍の占領から70年経ったというのに、占領状態を加速、固定化しようとしている。

 嫌米であるにもかかわらず対米従属に終始する。

 自衛隊を守るどころか米国の戦争に差し出そうとしている。

 面従腹背どころか、喜々として国と国民を米国に売り渡している。

 すべては自らの保身のためだ。虚勢のためだ。

 東京新聞はその社説をこう締めくくっている。

 吉田茂の次のような改憲論が今に響くと。

 「憲法改正のごとき重大事は一内閣や一政党の問題ではないのであり、相当の年月をかけて検討審議を重ねた上、国民の総意を体しあくまで民主主義的な手続きを踏んでこれに当たらねばならない」

 何かと前のめりな安倍首相の安保法運用を見定めるに当たって、私たちが常に立ち返るべき原点がここにあります、と。

 ここまでくれば、吉田茂をほめ過ぎだ。

 それほど安倍首相が悪いということである(了)

*****

いま我々が目にしているのは
国民窮乏化政策である


ブログ「天木 直人のブログ」  2015年11月29日より転載

 今年もまた予算の季節がやってきた。

 例年の事だけれど、この国の予算は、国民から強制的に召し上げた金を、政権維持や、各省庁の権限拡大や、政治的に影響力を持つ組織にどうばら撒くか、そのせめぎ合いで決められる。

 そこには、政治的に何の影響力もない一般国民の暮らし思いやる配慮は皆無だ。

 それが言い過ぎなら、後回しである。

 しかし、今度の補正予算といい、新年度予算といい、今我々が報道で目にしている予算編成は、例年以上に深刻なものがある。

 なぜならアベノミクスが失敗に終わり財政破たんは待ったなしであるからだ。

 とにかく財源がない。

 それをつくるはずのアベノミクスが、幻に終わった。

 それにもかかわらず、対米従属の安倍政権には、支払わなければならない予算が山積みだ。

 きょうの毎日新聞の一面トップは「防衛予算初の5兆円台」である。

 TPP対策費も、法人税減税も安倍政権にとっては至上命令だ。

 しかし、それらは国民生活には役に立たない無駄遣いであり、減収だ。

 来年は、安倍自民党政権を長期政権にできるかどうか、野党を壊滅できるかどうかの、歴史的選挙が待っている。

 だからこそ選挙対策のバラマキが露骨だ。

 しかし、いくらバラ撒こうとしても赤字が累積している中で、財源は絶対的に不足している。

 バラ撒いた後から負担増が追いかけてくる。

 いま安倍政権と公明党がやっていることは、財源のたらいまわしであり、最後は増税であり、年金や社会保障の切り捨てだ。

 その結果何が起きるか。

 耐えられないほどの国民の窮乏化である。

 まともな国民が、気が付いたら生きていけなくなっている。

 そのあらわれのような不幸で悲惨な出来事が毎日のように報道される。

 しかし、それを報道する側に立つ連中は、高給に恵まれている者たちばかりだ。

 そういう連中が、リベラル顔をして安倍政府批判を繰り返している。

 ガス抜きだ。

 てのいい安倍政権への加担だ。

 究極の格差社会である。

 そして、二極化はますます進んでいくだろう。

 政治が真っ先にその是正を行わなければいけないのに、その政治家たちは、与党はもちろんの事、野党もまた税金を食い物にしている勝ち組であり特権階級だ。

 世の中が良くなるはずがない。

 本物の政治家が一人でも現れたら世の中は変わるのに、そんな政治家は現れそうにない(了)
by kuroki_kazuya | 2015-12-01 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)
2015年12月1日(火)

おはようございます。(こんばんは)

当ブログへ、お出で頂きありがとうございます。
<<KK>>




毎日のニュースなどを中心にチェックし、

ブログに記録して、何か参考になれば、と、

4年になる。

今日からも、少しずつ、毎日積み重ねて行きます。
<<KK>>

by kuroki_kazuya | 2015-12-01 03:41 | 日誌 | Comments(0)