スキーにはまっています。


by 幸田 晋

<   2017年 01月 ( 184 )   > この月の画像一覧

イルカランド
a0043276_422150.jpg
a0043276_423679.jpg
a0043276_424950.jpg
a0043276_43677.jpg

by kuroki_kazuya | 2017-01-28 07:10 | 写真 | Comments(0)
再稼働差し止め仮処分申請

=玄海3、4号機で住民ら
―佐賀地裁


時事通信 1/27(金) 19:03配信より一部

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170127-00000139-jij-soci

 九州電力が再稼働を目指している玄海原発3、4号機(佐賀県玄海町)は、重大事故の際の対策に不備があるなどとして、
佐賀県など九州地方と山口県の住民計81人が
27日、九電を相手に
再稼働の差し止めを求める仮処分を
佐賀地裁に申し立てた

 
 原子力規制委員会は18日、玄海3、4号機が再稼働に必要な新規制基準を満たしたとする審査書を決定している。

 住民側は申立書で、新規制基準について万全の措置が取られた基準ではないと指摘。「新規制基準に適合することが安全性を担保することにはなり得ない」として、再稼働させないよう求めた。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-01-28 06:58 | 裁判 | Comments(0)
<辛淑玉さん>
BPOに申し立て
 

MXテレビ番組で人権侵害


毎日新聞 1/27(金) 20:08配信より一部

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170127-00000108-mai-soci

 沖縄県の米軍ヘリ離着陸帯(ヘリパッド)建設への抗議活動を取り上げた東京メトロポリタンテレビ(MX)の番組で中傷され人権を侵害されたとして、人材育成コンサルタントの辛淑玉(シン・スゴ)さんが27日、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送人権委員会に申し立てをしたと発表した。

 申立書によると今月2日の番組「ニュース女子」で、「辛淑玉とは何者?」「反対運動を扇動する黒幕の正体は?」「反原発、反ヘイトスピーチ、基地建設反対など……職業的に行っている!?」など名指ししたと読めるテロップや、「在日韓国人の差別っていうことで戦ってきた中ではカリスマ」などの出演者の発言で名誉を傷つけられたとしている。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-01-28 06:53 | 反動 | Comments(0)
原子力災害時の対応確認 

東通原発で総合訓練


デーリー東北新聞社 1/27(金) 12:06配信より一部

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170127-00010007-dtohoku-bus_all

 東北電力は26日、東通原発(青森県東通村)で電源と原子炉への注水機能の喪失などを想定した総合訓練を実施し、約110人が緊急時の対応を確認した。

 原子力災害が発生した際の対応能力の把握、向上を目的にしており、
東日本大震災以降で通算12回目

 青森県東方沖を震源とする大地震が発生し、電源を確保できずに原子炉の冷却機能が失われた―との想定。対策本部の運営、関係機関への通報、避難誘導など一連の動きを確認した。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-01-28 06:45 | 核 原子力 | Comments(0)
浜岡原発地元4市 

安全確保施策、知事に要望へ


@S[アットエス] by 静岡新聞 1/27(金) 7:55配信より一部

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170127-00000008-at_s-l22

 中部電力浜岡原発(御前崎市佐倉)から半径10キロ圏内の4市(御前崎、牧之原、掛川、菊川)でつくる浜岡原発安全等対策協議会(4市対協、会長・柳沢重夫御前崎市長)は2月2日、川勝平太知事に対し、浜岡原発の事故時に確実な避難につながるインフラの整備などを求める要望書を提出する。

4市対協が、
浜岡原発の事故を想定し
安全確保の観点で県に要望するのは初めて


・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-01-28 06:35 | 核 原子力 | Comments(0)
室井佑月「やるなぁ、牧さん」

〈週刊朝日〉

dot. 1/27(金) 7:00配信より一部

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170125-00000180-sasahi-pol

 作家・室井佑月氏は、政府の推し進める「共謀罪」法案の内容から、この国の在り方を問いただす。

*  *  * 
 まずはじめに大きな声で叫ぶ。

「ヒロジを返せ!」

 ヒロジといえば、去年の10月に逮捕された沖縄の反基地運動家、山城博治さんである。

 なんでも、高江での抗議活動中、2千円相当の有刺鉄線一本を切った容疑で逮捕され、ほどなく、沖縄防衛局職員の肩をつかんでゆさぶってけがを負わせるなどの容疑も加わったみたいだ。

 その程度のことで、3カ月も勾留。家族にも会わせてもらえないんだって。……異常だな。

 彼がここまでやられる理由は、誰が考えてもわかるでしょうが。

 菅官房長官が『共謀罪』は「一般の方々が対象になることはありえない」とかいっていたけど、一般の人かどうかを決めるのは、逮捕する側なんだっちゅーの。

 もうすでに、政府に刃向かう人は一般人じゃないって解釈が許される世の中になってやしない?

 政府に刃向かう人、とくに目立つ人に目星をつけ、盗聴でもなんでもがんがんやって、微罪で逮捕。後から罪はなんとでも作り上げられていく。そんな世の中になれば、誰も本音をいえなくなる。戦争反対って当たり前のことをいうのもはばかられ、子どもに赤紙がきても万歳三唱しなきゃならなくなるのか?

 安倍首相は1月10日、共同通信の単独インタビューで、「(共謀罪の)成立なしで五輪開けない」と語った。

 が、そこまでして東京オリンピックをやりたい国民はどれほどいるんだ?

 世論調査では、五輪に期待するかしないかだけでなく、まずはじめに、この国の貧困問題をあげ、その上、共謀罪の危なさなども話し、そうそう未だどうやったら解決できるんだかわからない福島第一原発の現状も、五輪招致を巡って賄賂疑惑が出た巨額支出の話もしてから、

「東京オリンピック、やるべきだと思いますか?」

 と聞いてもらいたい。ぜんぶ、本当のことじゃん。そこまでしての世論調査だ。

東京新聞の1月9日付「こちら特報部」の
デスクメモがまたイカしてた


〈現代の治安維持法たる共謀罪を導入しないと、五輪が開けないという。ならば五輪などやらなくてもよい〉

ほかの新聞もこのくらいわかりやすく、
はっきりと書いてほしいよ


〈米軍がいないと、中国に侵略されるという。米軍が守ってくれるという「お花畑思考」は論外だが、米軍基地とテロの関係も語られない。今年はおめでたい空気と決別したい。(牧)〉

 ひゃー、ラストの嫌味もいいね、いいね。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-01-28 06:25 | 反動 | Comments(0)
戦時下に起きていた「逆神風」
国民の戦意喪失を恐れ厳しい報道統制

島村英紀(地震学者)


たんぽぽ舎です。【TMM:No2985】
2017年1月27日(金)午後 08:50
地震と原発事故情報より一部

┏┓
┗■4.戦時下に起きていた「逆神風」
 | 国民の戦意喪失を恐れ厳しい報道統制
 | 三河地震について詳細が知られるようになったのはごく最近だ
| 「警戒せよ!生死を分ける地震の基礎知識」その182
 └──── 島村英紀(地震学者)

◎ 日本人が知らされていなかった大地震があった。
 それは三河地震。1945年1月13日、第二次大戦の終戦の半年あまり前
に、愛知県を襲った内陸直下型地震だ。マグニチュード(M)6.8だった。
 2ヶ月前の1944年12月に東南海地震(M7.9)が起きて、当時、軍需工
場が集中していた名古屋に壊滅的な被害を与えてから間もないとき
だった。東南海地震は、恐れられている南海トラフ地震の直近の先祖で
ある海溝型地震だ。

◎ この二つの地震の報道には厳しい報道統制が敷かれた。軍需工場が
大被害を受けた「逆神風」が敵国に知られるのではないか、戦争で疲れ
切っていた国民の戦意をいっそう喪失させるのではないか、と軍部が恐
れたのだ。
 このころ太平洋やアジア各地で日本軍の撤退や玉砕が続いていて、こ
れらの情報も同じ理由から報道されなかった。

◎ この二つの地震は国民には隠されてしまった。被害を受けた住民
は、被害について話さないように、話すことはスパイ行為に等しいなど
とされたのだ。
 三河地震の震源は三河湾から内陸にかけての場所だった。沖合の南海
トラフ付近で起きた東南海地震よりもずっと陸地に近い震源だった。
 三河地震について詳細が知られるようになったのはごく最近だ。
 この地震では、東南海地震の倍もの死者が出た。2300人を超えたので
はないかと言われている。
 なかでも悲惨だったのは、米軍機の空襲に備えて名古屋から学童の集
団疎開が行われていた、その集団疎開先を襲った地震だったことだった。
 疎開先には、大広間がある寺が数多く利用されていた。寺は、柱が少
なくて屋根が重い。地震には弱い建物なのである。
 このほか、ある集落では117戸あったうち107戸が全壊して77名が死亡
し、別の集落では、391戸のうち310戸が全壊し88名が死亡した。
 地震が襲ったのが午前3時すぎという時間で、寝ている人が多かった
ことも不幸だった。

◎ 日本の敗戦をはさんで、大きな地震がいくつも日本を襲った。1943
年の鳥取地震(M7.2)、1944年の東南海地震、1945年の三河地震、1946年
の南海地震(M8.0)である。この4つの地震は敗戦前後にかけての4年連
続で千人を超える死者を出した。「四大地震」といわれている。
 いまの地震学では、この地震の連発には関連があることが分かってい
る。東南海地震と南海地震は巨大な海溝型地震で、鳥取地震はその前に
西日本で頻発する内陸直下型地震のひとつだった。
 そして三河地震は巨大な海溝型地震に誘発されて陸側に震源が上がって
きた地震だった。

◎ 東日本大震災(2011年)の1ヶ月あとに福島県の内陸で起きたM7.0
の地震も、昨年12月末に茨城県北部の内陸で起き、高萩市で震度6弱を
記録したM6.3の地震もその仲間だ。
 しかし、敗戦前後で疲れ切ったところに大地震に襲われて不幸に
なった当時の人々は、なぜ地震が続発したか、分からなかったにちが
いない。

(島村英紀さんのHP「 http://shima3.fc2web.com/ 」
「島村英紀が書いた『夕刊フジ』のコラム」より2017年1月20日の記事)
by kuroki_kazuya | 2017-01-28 06:15 | 地震 大災害 | Comments(0)
みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

野党が追及すれば「でんでん解散」もありうる漢字の読めない安倍首相

「天木 直人の公式ブログ」  2017年1月27日より転載

 かつてバカヤロー解散というのがあった。

 1953年の事だ。

 当時首相であった吉田茂が野党党首との国会論戦で頭に血が上り、バカヤローと小声でつぶやたのがマイクで拾われ、騒ぎがひろがり、吉田首相の謝罪でいったんは収拾に向かうと思われたが、結局、解散・総選挙に追い込まれたという事件だ。

 その例でいけば、今度の安倍首相の漢字読み間違えは、野党の追及次第では安倍首相を「でんでん解散」に追い込めるかもしれない。

 例によって大手メディアは完全にスルーしているが、1月24日の参院本会議で、安倍首相はとんでもない漢字の読み間違いをしていた。

 すなわち、前日の施政方針演説の中で安倍首相が、「国会でプラカードを掲げても何も生まれない」と発言したことに対し、蓮舫民進党代表が自民党も野党時代に同じ事をやっていたではないかと抗議した。

 これに対し例によって怒り狂った安倍首相がこう答弁したというのだ。

 「あくまでも一般論。民進党とは言っていない。思い当たる節がなければただ聞いていればいい。『訂正云々』というご指摘はあたりません・・・」

 この「云々」という漢字は「うんぬん」と読むのが我々がならった読み方だが、安倍首相はそれを「でんでん」と読んだという。

 ウソかと思ってインターネットで流されている動画を見ると確かにそう言っていた。

 これは聞きしにまさる珍事だ。

 もし野党がこぞってこの読み間違いを大騒ぎして、漢字も読めない者に首相が務まるかと攻撃すれば、批判に弱い安倍首相の事だからブチ切れて何を言い出すかわからない。

 まさしく「でんでん解散」になるかもしれない事件だ。

 しかし私はそれでは面白くないと思う。

 安倍首相には、やはり、政策で行き詰まって破れかぶれ解散が似合うと思うからである(了)。

*****





トランプ大統領との首脳会談は、今は見送ることが正解である

「天木 直人の公式ブログ」  2017年1月27日より転載

 早朝のNHKのニュースが報じた。

 メキシコは1月31日に予定されていたトランプ大統領との首脳会談を取りやめる事にしたと。

 もし、それが事実なら快挙だ。

 しかし、考えてみれば当然だ。

 首脳会談もしないうちに国境壁をつくる大統領令に署名したトランプ大統領だ。

 おまけにその経費をメキシコの払わせるという。

 何のための首脳会談だ。

 いやしくも主権国家の首脳なら、そんな首脳会談など拒否してあたりまえだ。

 ひるがえって日本はどうか。

 向こうからの要求もないままこちらから首脳会談をいぞぐ安倍首相。

 足もとを見透かされて、電話会談すらさせてもらえないまま、ついにTPPの代わりに二国間協議をやれと要求され、国務長官ではなく、国防長官を派遣して、防衛負担を迫られようとしている。

 あわてて首脳会談をすれば、そんな米国の不条理な要求に裏書きさせられるだけだ。

 ところが、我が国の国会でどんな議論が戦わされているか。

 安倍首相は、それでも首脳会談にこだわり、野党は、そんな安倍首相を批判するばかりで、野党共闘ならトランプ
大統領の米国とどう向かい合うかを語らない。いや、語れない。

 これでは万が一政権を取ったとしても、安倍政権よりもっと混乱するだろう。

 ここはトランプ大統領の出方を見極める時だ。

 ここまで世界をなめてかかるトランプ大統領が長続きするはずがない。

 いや、トランプ大統領は世界をなめているのではない。

 弱いものをいじめているだけだ。

 その証拠に中国やロシアとの首脳会談は決して急がない。

 中国の核心的利益を攻撃すれば戦争になるからだ。

 プーチンのロシアに弱みを握られているトランプ大統領はロシアと本気で喧嘩できないからだ。

 だからといって中国やロシアとの関係改善をすぐには出来ない。

 米国の国益に反するからだ。

 弱い者にはこれ見よがしに強く当たり、強い相手には様子をうかがう。

 こんな相手との首脳会談は決して急いではならない。

 そのうちすべてが落ち着くことになる。

 首脳会談はその後でいいのだ。

 もし落ち着くことにならず、どんどんとトランプ大統領と世界が対立、分裂していくなら、なおさら首脳会談は不必要になる。

 いまはトランプ大統領との二国間協議は断るのが正解だ。

 それを堂々と唱える政党も政治家も、いまの日本には一人もいない。

 平和的に対米自立を訴える新党憲法9条がいまこそ必要な時である(了)

*****





野党共闘は無理だと書いた中北浩璽一橋大学教授

「天木 直人の公式ブログ」  2017年1月27日より転載

 きのう1月26日の朝日新聞で一橋大学の政治学の教授である中北浩璽と言う学者が、「あすを探る」という政治コラムの中で「野党共闘 問われる本気度」という論説でつぎのように書いていた。

 ・・・民進党は野党一党である限り『政権交代ある民主主義』を定着させる責任を負っている。政権交代に向け無党派層にアピールする政策を打ち出す一方、解散が一時的に止んでいる今こそ、共産党に対して路線転換を積極的に働きかけるべきではないか」

 その通りだと思う。

 そしてその後で中北教授はこう続けている。

 「共産党も本気で自公政権を倒したいのなら、『野党共闘に独自の立場を持ち込まない』という小手先の柔軟対応に終始せず、路線転換にまで踏み込まなければならない。『政権交代ある民主主義』に向けた新たな扉を日本政治が開けるか。それは共産党の覚悟にかかっている」と。

 これもその通りだと思う。

 しかし、まさしくそれがこれまでの民進党、共産党に出来なかった事であり、そして、それは、これからも出来そうもない。

 中北教授が野党共闘を応援する立場なのか、野党共闘を批判する立場なのか、私にはわからない。

 しかし、少なくとも今の野党共闘の問題を見事に言い当てている。

 これを要するに、野党共闘はもはや無理だという事である(了)

*****
by kuroki_kazuya | 2017-01-28 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)
イルカランド
a0043276_1133517.jpg
a0043276_114828.jpg
a0043276_1142177.jpg
a0043276_1143437.jpg
a0043276_1144638.jpg

by kuroki_kazuya | 2017-01-27 07:10 | 写真 | Comments(0)
梅沢富美男、
横浜教育委員会のいじめ問題対応に
激怒


スポーツ報知 1/26(木) 22:47配信より一部

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170126-00000166-sph-ent

 俳優の梅沢富美男(66)が26日、TOKYO MX「バラいろダンディ」(月~金・後9時)に生出演し、福島原発事故で横浜に避難してきた中学生が不登校なったことに対する、横浜市教育委員会の対応に激怒した。

 福島原発事故で避難してきた中学1年生の男子生徒は、いじめを受けていた小学5年の時、同級生から「賠償金をもらっているだろう」と言われ、自宅から現金を持ち出して1回5万~10万円、合計約150万円を支払わされた。第三者委員会が調査をするも、横浜市教育委員会委員長は「おごってもらったと言っていることなどから、いじめという結論を導くのは疑問がある」と発言。これが大問題となり、林文子横浜市長が「子どもに寄り添った発言ではなかった。大変申し訳ない」と謝罪した。

このニュースを受け、梅沢は
「市長があやまることじゃねえだろう。教育長があやまらなきゃしかたないだろう」と怒り、
共演の金村義明(53)も
「教育長はどうなったんですか? 当然クビでしょう。
150万円て、中学生がおごったおごられたって、サラリーマンでもいじめですよ」と同意した。


 梅沢は、その生徒の書いた「いままでなんかいか死のうとおもった。でもしんさいでいっぱい死んだからつらいけどぼくは生きるときめた」という文章を読みあげ、「こんな文面が、子どもがウソ付いて書けるか。てめぇが教育長だったら分かるだろう、文面読めば、バカ野郎。情けない、よく教育長なんて言えるもんだ」とまくし立て

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-01-27 06:55 | 核 原子力 | Comments(0)