スキーにはまっています。


by 幸田 晋

<   2017年 08月 ( 223 )   > この月の画像一覧

<海自ヘリ墜落>青森県沖3人不明

1人救助 

発着艦訓練中


毎日新聞 8/27(日) 21:03配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170827-00000056-mai-soci

 26日午後10時50分ごろ、青森県・竜飛崎(同県外ケ浜町)の西南西約90キロの日本海で、海上自衛隊大湊航空基地(同県むつ市)所属の哨戒ヘリコプターSH60J(乗員4人)の連絡が途絶えた。乗員1人は救助されたが、機長の佐藤佑樹3佐(36)ら3人の行方が分かっていない。現場周辺の海域では同ヘリのものとみられる機体の一部が見つかっており、ヘリが墜落したとみられる。海自は行方不明者の捜索を続けている。

海自によると、
SH60Jは
護衛艦「せとぎり」に搭載されており、
当時は甲板からの発着艦訓練をしていた

発艦から約15分で連絡が取れなくなり、その約10分後、せとぎりが近くの海域で救難用の信号弾の光を確認。さらに約5分後には救難信号も受信し、周辺を捜索したところ、午後11時25分ごろに乗組員1人を海上で発見した。外傷はないという。

 同ヘリには、海中に沈むと機体から切り離されて浮き上がり救難信号を出す飛行記録装置(フライトレコーダー)が付いており、現場周辺の海域で見つかった。付近では27日午前11時15分ごろ、機体下に取り付けられたレーダーの一部とみられる破片(約30センチ四方)も発見。記録装置からはデータも抽出されており、海自は27日、同型機の飛行を当面自粛することを決めると共に、事故調査委員会を設置した。データの分析などを進める。

 SH60Jは護衛艦に搭載され、周辺海域の警戒監視などを行う。全長19.8メートル、幅16.4メートル。1991年から配備され、現在は34機ある。行方の分からなくなった機体は2001年に配備された。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-08-28 06:15 | 軍事 | Comments(0)
みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

不倫議員があぶりだした政治家の税金泥棒ぶり

「天木 直人の公式ブログ」  2017年8月27日より転載

 橋本健という神戸の市会議員が今井絵里子参院議員と不倫した事を週刊新潮がスクープ報道したのは7月下旬だった。

 その週刊新潮が、今度は8月31日号で、橋本市議の政務活動費疑惑をすっぱ抜いた。

 不倫疑惑は誰にでもありうるゴシップだが、政務活動費疑惑は政治家にしか起こり得ない疑惑だ。

 そして国民にとって、政務活動費疑惑は、不倫疑惑などと違って、断じて許せない政治家の行状だ。

 橋本市議の政務活動費疑惑とは、政策チラシを架空発注して、その経費を政務活動費からネコババした疑惑である。

 橋本疑惑の報道から分かった事は、神戸市議は一人当たり、毎月38万円が支給されているという事実だ(8月27日東京 週刊誌を読む)。

 驚くべき優遇だ。

 給与の他に、これだけの月収があるのだ。

 しかもこの手当は経費であるから税金がかからない。

 そして、その使い道は議員に白紙委任されているのも同然のいい加減さがまかり通って来た。

 政務活動費が、第二の給与と呼ばれるゆえんである。

 問題は、この手当は市議に限らないということだ。

 国会議員には文書通信交通滞在費という名目で、毎月100万円が支払われ、それに加えて毎月65万円の経費が「立法事務費」という名目で支払われる。

 なんと、あわせて165万円が毎月銀行口座に自動的に振り込まれるのだ。

 法律を作るのが国会議員の仕事であり、そのために高い給与(歳費)が支払われているのに、そしてJRのグリーン車は無料という特権を与えられているのに、この手当だ。

 これを税金泥棒と言わずに何と言えばいいのだろう。

 誰もが国会議員になりたがるはずだ。

 ところが、これほどの疑惑にもかかわらず、国会で追及される事はない。

 野党議員も同罪だからだ。

 追及して、第二の給与がなくなってしまえば、元も子もないからだ。

 確かに共産党の議員はこのような税金泥棒はしていないだろう。

 しかし共産党は議員に支払われる経費に見ならず給与(歳費)までも一括管理して、共産党の活動費として使っている。

 党の運営そのものを税金に頼っているのだ。

 橋本不倫疑惑があぶりだしてくれた事。

 それは、与党も野党も、この国の政治家たちは我々の税金にたかって政治をやっているということだ。

 その政治が国民の為に役立っているのならまだ許せる。

 しかし、我々が毎日目にしているのは、国民そっちのけの、政局に明け暮れた政治家の姿だ。

 政権交代そのものが、国民には何のメリットもない、政治家たちの権力争奪でしかないのである。

 こんな政治から決別し、国民の為に身銭を切ってでも本物の政治をする。

 それが新党憲法9条が目指す政治である。

 それは決してきれいごとではない。

 それでも国民の為に政治をやりたいという立派な人物は、この世の中にはごまんといる。

 そういう人物が政治家になれるような政治システムをつくらなければいけないのだ。

 そして、その時は待ったなしに来ている(了)

*****





国民一揆がおきてもおかしくない一枚の写真

「天木 直人の公式ブログ」  2017年8月27日より転載

 安倍首相が山梨で夏休みをとって小泉、森、麻生氏ら元総理と政局の話をしたらしい事は報道で知っていた。

 しかし、こんな国民感情を逆なでするような事をやっていたとは知らなかった。

 二日前に大手紙が一斉に流した、小泉、森、安倍、麻生氏が大笑いしているあの写真の事である。

 なぜ各紙が流したか。

 それは笹川陽平が三日前の自らのブログで公開したからだ。

 こんな写真を自慢気に公開した笹川陽平は軽率の極みだ。

 笹川陽平は山梨の鳴沢村にある自慢の別荘で彼ら4人を招いて会食させていたのだ。

 私が軽率だと書いたのは、こんな写真を公開した事によって国民の怒りに火をつけ、ただでさえ危ない安倍自民党政権が、今度こそ国民の手で倒されかねないと思うからだ。

 もっとも、国民の一揆が起きるためには、大手新聞が、ただ写真を掲載するだけではなく、この四人の首相がやったことと、その四人を食事に招いて自慢した笹川陽平について、わかりやすく解説する必要がある。

 そうでなければ国民は気づず、ただの首相たちの馬鹿笑いで終わってしまう。

 さすが首相たちは優雅な連中だ、羨ましい、で終わってしまう。

 小泉、安倍政権は対米従属に終始して日本を米国に売り渡し、ここまで日本を格差社会にした首相だ。

 その後見役の森喜朗は、2000年の小渕首相の急逝のドサクサに、クーデターまがいの不正な手続きで首相になり、この国の政治を清話会支配(旧福田派)にしてしまった男だ。

 麻生は吉田茂の孫であり、岸信介の孫の安倍が二度首相をやれるぐらいだから、安倍の後に俺がもう一度やる、と顔に書いているような男だ。

 笹川陽平は笹川良一の三男で、笹川良一という人物は、戦前、戦中を生き抜いた右翼のドンであり、岸信介らと並んでA級戦犯容疑者であり、あの児玉誉士夫を部下に持つほどの闇資金まみれの人物だ。

 その資産を受け継いでいるのが笹川陽平ら世襲息子たちだ。

 そんな連中が、いまでも日本を牛耳って大笑いしている。

 大手新聞は、写真を掲載するだけではなく、その事を書くべきだ。

 いやしくも大手新聞が民主主義を掲げるなら、いまこそ平成の国民一揆が起きるように、国民を覚醒させるべきである。

 日本に民主革命が起きるとしたら、今をおいてないのだから(了)

*****
by kuroki_kazuya | 2017-08-28 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)
イルカランド 夏
a0043276_1835683.jpg
a0043276_1835189.jpg
a0043276_18353439.jpg
a0043276_18354533.jpg
a0043276_18355692.jpg

by kuroki_kazuya | 2017-08-27 07:12 | 写真 | Comments(0)
米電力、
原発建設計画を撤回


=ウェスチングハウス破綻で


時事通信 8/26(土) 10:32配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170826-00000042-jij-n_ame

 【ニューヨーク時事】米電力デューク・エナジーは25日、南部サウスカロライナ州での原発建設計画を撤回すると発表した。

 計画では、東芝の米原発子会社で経営破綻したウェスチングハウス(WH)が原子炉2基の建設を請け負う予定だった。

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-08-27 06:55 | 核 原子力 | Comments(0)
汚染水処分「ゼロ回答」 

第一原発、
放射性廃棄物具体策なし 

東電


福島民報 8/26(土) 9:55配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170826-00000515-fminpo-l07

 東京電力は25日、原子力規制委員会から回答を求められていた原発の安全確保に関する「基本的な考え方」を文書で提出した。福島第一原発事故の教訓を踏まえた取り組みを強調する一方、焦点だった福島第一原発の汚染水の処分などについては具体的な対応方針が示されず、
事実上の「ゼロ回答」となった。 

 文書には増え続ける汚染水や放射性廃棄物について「どう取り扱うか、どう処分するのか課題がある」との認識を示しながらも、「地元の要請に真摯(しんし)に向き合い、責任を果たす」と回答するにとどまった。「第一原発の廃炉をやり遂げ、主体性のある企業文化を根付かせる」とも答えたが、具体策はなく、文書全体で「誠意」「責任」「安全性向上」といった言葉を何度も使い、社内文化の変化を強調した。 

・・・(途中略)

規制委は
7月、川村隆会長や小早川社長らを呼び、
異例の面談を実施した

田中俊一委員長(福島市出身)は
「福島の事故処理を主体的にできない事業者に再稼働は認めない」とし、
合否判断の前に、経営陣が、汚染水などの問題を解決する考えがあるのか迫った。
しかし、
東電側が即答できず、
文書での回答を指示していた

by kuroki_kazuya | 2017-08-27 06:45 | 東電 出鱈目 資本 | Comments(0)
米国原子力空母の常設配置は世界中で日本のみ
核(原子力)空母問題にもっと関心を持ってほしいと切に思う

  柳田 真(たんぽぽ舎、再稼働阻止全国ネットワーク)


たんぽぽ舎です。【TMM:No3158】
2017年8月26日(土)午後 08:45
地震と原発事故情報
より一部

┏┓
┗■1.米国原子力空母の常設配置は世界中で日本のみ
 |  他の9隻の空母は米国内に。1隻10万トン、乗組員5000人位
 |  8/20沢園昌夫、新倉裕史両講師の空母学習会が活況
 |  核(原子力)空母問題にもっと関心を持ってほしいと切に思う
 |  10/1(土)母港化NO集会(横須賀市内)に参加しよう
 └──── 柳田 真(たんぽぽ舎、再稼働阻止全国ネットワーク)

◎10月1日(土)に、東京湾に浮かぶ2つの原子炉NO!米国原子力空母母港化反
対集会が神奈川県横須賀市ヴェルニー公園で例年どおり開かれます。
 「北」朝鮮と米国との緊張の高まり(米空母もその一因)に対し、「話し合いで
解決せよ-戦争絶対反対」と訴える立場から、例年の横須賀集会への参加。その
盛り上げを兼ねて8月20日(日)「原子力空母」学習会を開きました。2人の講師
(映像資料)の話しと40人弱の参加者。質問・意見も活発でした。

◎沢園昌夫講師の話(A3判2頁の資料)
 自分が住んでいる神奈川県横須賀市の人口は41万人です。市財政は1450億円(そ
のうち交付金は22億円で2%以下の少ない額だと指摘)、米国空母は5代目(今は
「ロナルド・レーガン」)の基礎的な話から始まる。1年のうち、3分の2は横須
賀港にいる核(原子力)空母。
 東京湾浦賀水道は狭いので巨大軍艦が通るのはいろいろ困難。国際法に違反し
た先制攻撃をした米艦は許せない-等の話でした。

◎新倉裕史講師の話(A4判8頁と28頁の資料)
 8頁の資料を基に話。安保と原子力災害から始まる。自衛隊の現場にとって安
保法の肝は米艦防護だ。横須賀母港化によって日米安保の信頼度は飛躍的に増し
た。

◎もう少し、「原子力空母」に関心を持ってほしい。
 「北」朝鮮と米国との『大きな緊張』の時期でもあり(その空母が日本海に入っ
ていたりする)、東京湾に浮かぶ2つの原子炉でもある。この重大な核(原子力)空
母について『感性が鈍い』。
◎8/20学習会の資料は4つです。
 ・A3判2頁の資料、 ・A4判8頁、 ・A4判28頁、
 ・A3判を3つ折りにしたリーフレット
 残部が若干あります。
 ご希望の場合は4つ1セットで500円(コピー代400円+送料100円)で
 お送りすることができます。
 お問い合わせはメール「 nonukes@tanpoposya.net 」でお願い致します。

*****
by kuroki_kazuya | 2017-08-27 06:15 | 核 原子力 | Comments(0)
みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

祖父岸信介と同じ道を
たどりつつある安倍首相


「天木 直人の公式ブログ」  
2017年8月26日より転載


 加計獣医学部の新設の可否の結論を、文科省は10月下旬まで引き延ばしたらしい。

 当然だろう。

10月22日の補欠選挙前に
認可の結論を出したら選挙に勝てない


 しかし、いくら引き延ばしても、安倍首相は逃げられないだろう。

 今朝の朝まで生テレビで、田原総一朗がわざわざ繰り返していた。

 加計学園疑惑が続く限り安倍政権の支持率は上がらないと。

 その通りだ。

 そして加計疑惑は広がる一方だ。

 10月22日の補選が終っても、結論が出れば、どっちに転んでも大騒ぎになる。

 追及は必至であり、追及されれば安倍首相の支持率は下がる。

 安倍首相は加計疑惑から逃げられないのだ。

そして、逃げられないのは
加計疑惑だけではない。

砂川判決の
再審査請求訴訟の判決もそうだ。

ここからがこのメルマガの本旨だ


 在日米軍は違憲だという東京地裁の判決(いわゆる伊達判決)が下されのは1959年3月だった。

 おりから安保条約改定が日米政府の最大の課題だった。

 それを忖度した最高裁は、高裁を飛び越して最高裁で差し戻し判決を下し、結果的に伊達判決は否定された。

 ところが、その最高裁の判決を下した田中耕太郎最高裁長官が、駐日米国大使と通じて司法を歪めていたという驚くべき事実が、その後発見された米国の極秘文書で明らかになった。

 当時の被告らが原告になって、再審請求提訴を行ったのは当然だ。

 ところが、日米軍事同盟最優先の安倍首相を忖度した東京地裁は、その再審請求を2016年3月に棄却した。

 当然ながら原告は東京高裁に控訴した。

 その東京高裁の判決が本年の5月にも下されるはずだった。

 高裁側が原告側にそう伝えていた。

 ところが、いまだに東京高裁は判決を下せないままだ。

 なぜか。

 まさしく加計疑惑と同じ構図だ。

 誰が見てもおかしいのに、安倍首相を忖度して不当な判断を下そうとする。

 しかし、それがますます疑惑を募らせ、結果的に安倍首相を追い込む事になる。

 たとえ高裁で棄却しても、原告側は上告する。

 最後は最高裁が判決を下さざるを得なくなる。

 ところが、軽率にも、東京地裁は2016年3月の棄却判決の中で、米国の極秘文書の存在を認めてしまった。

 門前払いにすればよかったのに、極秘文書を認めた上で、田中耕太郎最高裁長官がマッカーサー米国駐日大使と会ったことは、単なる社交だったという見え透いた詭弁を弄した。

 こんな詭弁を高裁や最高裁が繰り返せるはずがない。

 真面に審理すれば、この国の司法が歪んでいる事を認めざるを得なくなる。

 もはやこの国の司法は、砂川事件再審査請求訴訟から逃げられないのだ。

 加計疑惑と砂川判決再審査請求訴訟の二つから逃げられない安倍首相は、終わりということだ。

 それでも安倍首相が逃げようとするなら、安倍首相は日本という国を破壊することになるだろう。

 国民全体を敵に回すことになる。

 今のうちに首相を辞めれば、まだ、間違いをおかした首相という汚名だけで済む。

 しかし、この期に及んでさらなる逃げ切りを画策するようなら、安倍首相は国民の怒りで引きずり降ろされた祖父の過ちを繰り返す事になる。

 安倍首相はそれでいいのか(了)


*****





姿を現す前に終わってしまった小池新党に対する期待

「天木 直人の公式ブログ」  2017年8月26日より転載

 きのう8月25日の定例記者会見で、小池百合子東京都知事が関東大震災の朝鮮人犠牲者への追悼文取りやめについて答えたらしい。

 それを報じるきょうの各紙を見て、私の中では小池新党に対する期待は完全に終わった。

 彼女の歴史認識は安倍首相のそれと基本的に同じだ。

 それは知っていた。

 しかし、それを棚上げして安倍首相との違いを打ち出せるのか。

 それが私の関心事だった。

 どうやら小池百合子は自らの本性を隠せなかったようだ。

 昨年追悼文を送ったのは、私の知らないうちに慣例を踏襲して行われた。

 だから今年は私の判断で送らない事にした。

 そこまではっきり述べた上で、特別な形の追悼文は送らない、それが私の判断だと言ったのだ。

 正しい歴史認識を小池氏が持ってれば、こういう発言は出て来ない。

 そして、それを隠そうともしなかった。

 日本と朝鮮半島には歴史的に特別な関係があった事は否定できない事実だ。

 だからこそ、その歴史的な関係が両国の国民の間で将来にわたってわだかまりがなくなるまで、特別な配慮が必要なのである。

 それは、好き嫌いの問題ではない。

 日本の政治家として必要な最低限度の外交的配慮である。

 おりから若狭議員が松沢、長島議員と会談し、年内に設立する新党が憲法改正を目指す事を明らかにしたという。

 安倍首相の安保法に自民党議員で棄権したのは村上誠一郎と私の二人だけだと言って、憲法9条を諳んじて見せた若狭議員の姿はそこにはない。

 憲法9条改憲と歴史認識において安倍自民党と違わない小池新党なら、その存在意義はない。

 私の中では小池新党への期待は、その姿を見せないうちに終わった。

 左翼でない一般国民の政党が、憲法9条と正しい歴史認識の二大重要テーマについて正しいことを訴える。

 それが新党憲法9条である。

 新党憲法9条の存在意義がますます輝くことになる(了)

*****
by kuroki_kazuya | 2017-08-27 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)
イルカランド 夏
a0043276_1545094.jpg
a0043276_15451363.jpg
a0043276_15453438.jpg
a0043276_1545487.jpg

by kuroki_kazuya | 2017-08-26 07:12 | 写真 | Comments(0)
火山灰濃度の影響評価
100倍に引き上げ
 

日本の全原発が
非常時の基準満たさず


週刊金曜日 8/25(金) 17:37配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170825-00010000-kinyobi-soci

 原発の火山灰の影響評価について、原子力規制委員会は7月19日の会合で、評価に用いる火山灰濃度を百倍規模に引き上げる基本方針を承認した。
すでに許可済みの
川内、高浜、伊方、美浜、大飯、玄海原発は、
稼働中も含め、現状で規制の要求を満たしていない


 審査で用いられる規則及び火山影響評価ガイドは、火山灰によるフィルターの目詰まりで非常用ディーゼル発電機が機能喪失に陥ることがないよう要求している。電力各社は、火山灰濃度を仮定し、フィルターが詰まる時間と交換に要する時間を算出し、交換できることを示し、許可を得ていた。

 仮定する火山灰濃度について、規制委は昨年10月に、米国セントヘレンズ火山での観測値を採用し、基準を約十倍に引き上げた。
しかしその値は、観測機器の性能から過小評価の可能性があると観測者当人が指摘していたものだった。 また、同時期の規制委に、
富士宝永噴火の推定値により、
火山灰濃度が最大で
セントヘレンズの約30倍になる
との電力中央研究所による新知見が報告された


・・・(途中略)

 電力各社は、許可済みの原発について新基準での試算を行なったが、
川内、伊方、玄海原発は、
交換の限界となる濃度の3~4倍に

大飯や美浜も限界濃度を超えた。高浜原発は同程度となったが、規制委が電源2系統の機能維持を要求したことから現状では新基準をクリアできない。
電力各社は、フィルター性能を向上させ、運転しながら交換できるようにするというが、
いずれも今後のことだ

・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-08-26 06:55 | 核 原子力 | Comments(0)
<東電>汚染水対策言及せず 

規制委に文書提出


毎日新聞 8/25(金) 20:51配信より一部

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170825-00000093-mai-sctch

 東京電力は25日、再稼働を目指す柏崎刈羽原発(新潟県)6、7号機の安全審査に関連し、原発の安全管理に対する基本的な考え方をまとめた小早川智明社長名の文書を原子力規制委員会に提出した。

福島第1原発事故の反省から安全確保や事故の風評被害対策に取り組む姿勢を強調した一方、
規制委から
「東電の主体性が見えない」と
批判された福島第1原発の汚染水対策については
具体的に言及しなかった


・・・(後略)
by kuroki_kazuya | 2017-08-26 06:45 | 東電 出鱈目 資本 | Comments(0)