スキーにはまっています。


by 幸田 晋
みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

3回目の南北首脳会談は
南北経済協力一本やりで行け


「天木 直人の公式ブログ」  
2018年8月14日より転載


 私の助言が文在寅大統領に届いたとうぬぼれたい。

 韓国と北朝鮮が13日、3回目の首脳会談を前倒しして9月中に平壌で開くと発表した。

 行き詰まっている米朝非核化協議の打開のためだ。

 私は米朝非核化協議がモタモタしている中で、文在寅大統領が再び首脳外交に動けと書いた。

 その通りになったごとくだ。

 ならばうぬぼれついでに、今度の南北首脳会談についても助言したい。

 第3回目の南北首脳会談の議題は、北朝鮮の非核化でも、北朝鮮の体制保証でもない。

 ズバリ南北経済協力の具体化一本やりで行けと。

 北朝鮮がいま最も重視しているのは経済発展だ。

 それを妨げているのが米国の制裁圧力だ。

 そして制裁解除と非核化はどちらが先かで膠着している。

 そんな中で文大寅大統領が出来る事は米朝間の仲介ではない。

 南北融和だ。

 南北融和の進展は、誰も妨げる事の出来ない南北朝鮮民族の悲願だ。

 そして南北融和の中心は南北経済協力だ。

 南北融和は、南北の経済発展あってこその南北融和だ。

 特に北朝鮮にとってはいまや経済発展、開放こそ最優先政策である。

 それを妨げているのが国際社会の制裁圧力だ。

 しかし、韓国が北朝鮮との経済協力を進める事は制裁破りにはならない。

 というよりも、制裁の例外だと主張すればいい。

 民族融和は誰も否定できない民族の悲願だからだ。

 繰り返して助言する。

 今度の南北首脳会談では、文在寅大統領は、出来もしない米朝協議の仲介などではなく、ひたすら自分ができること、自分しかできないこと、つまり南北融和であり、その中心である南北経済協力一本やりで望むべきだ。
 
 そうすることによって、北朝鮮を制裁圧力から解放し、北朝鮮の経済開発、開放を実現するのだ。

 これこそが、文在寅大統領だけが出来る首脳外交であり、それはそのまま米朝関係改善につながる首脳外交である。

 果たしてこの助言もまた文在寅大統領に届くだろうか(了)

*****



石破氏は外国特派員協会で
記者会見を開くべきだ


「天木 直人の公式ブログ」  
2018年8月14日より転載


 前回のメルマガで私は石破氏に助言した。

 フリー記者をも招待した記者会見で自民党総裁選に向けた自らの思いを語れと。

 記者からのあらゆる質問を受け入れ、それらの質問にすべて答え、自らの政策と安倍首相の政策の違いを浮き彫りにさせよと。

 これこそが、八百長なしの本物の政策論争となり、自らの正しさと安倍首相の愚かさがはっきりすると。

 それでも安倍首相に投票するような自民党議員は、みずからの馬鹿さ加減とゴマすりぶりを白状したようなもだ。

 次の選挙で有権者のしっぺ返しを受けて落選するだろう。

 そう脅かせば、腰砕けの彼らのことだから、中には石破氏に乗り換える者も出て来るかも知れない。

 フリー記者を入れた記者会見は石破氏にとってこれ以上ない自民党総裁選対策になる。

 そう私は書いた。

 そして、書いた後で思いついた。

 フリー記者だけでなく外国メディアの記者も招待すべきだ。

 いっそのこと、石破氏は外国特派員協会で総裁選の記者会見をいますぐ開いたらどうか。

 外国特派員協会は安倍首相に批判的だ。

 安倍首相も外国特派員協会は苦手だ。

 かつて子分の山谷えり子拉致問題対策本部長が外国特派員協会でコテンパンに叩かれて、以来逃げまどっている。

 外国記者にとって自民党総裁は重要なネタだ。

 石破氏が記者会見を開くと言えば喜んですぐにも応じてくれるだろう。。

 石破氏がそこで総裁選に挑む自らの思いのたけを語れば世界に配信される。

 世界を味方につけたら勝ちだ。

 果たして石破氏にこの助言が届くだろうか。

 総裁選までまだ一か月以上ある。

 その間に石破氏はあらゆるメディアを使って総裁選の政策論争を仕掛けるのだ。

 とくに、容赦のない外国記者の前で正論を述べて納得させるのだ。

 読売とか産経とか、きのうの山口で開かれた長州「正論」懇話会とか、自分の味方としか話せないような腰砕けの安倍首相とは違うところを見せれてやればいいのである(了)

*****



9条改憲を急ぐ安倍首相の
愚かさを私は歓迎する


「天木 直人の公式ブログ」  
2018年8月14日より転載


 自信のあらわれなのか、それとも逆にあせりなのか、安倍首相は石破氏との一騎打ちで政策論争を挑んだ。

 しかも憲法9条改憲を主要テーマにした。

 そして、ついに次の国会に自衛隊明記の改憲案を提出するとまで言い出した。

 愚かの極みだ。

 どうせ圧勝するのだから、政策論争などせずに、「結束して来るべき選挙で野党共闘に勝とう」と叫んで終わりにしておけばよかったのに、政策論争をして自らの政策の矛盾をさらす。

 おまけに自衛隊明記の憲法9条改憲という、突っ込みどころ満載の改憲にのめり込む。

 ついに安倍首相は自衛隊明記の改憲案を次の国会に提出すると言い出した。

 「次の国会」とは、秋の臨時国会か、遅くとも来年はじめの通常国会ということだ。

 それが総裁選に向けたスローガンならまだわかる。

 しかし、もし本当にそうするつもりなら大きな失敗に終わるだろう。

 憲法9条改憲は他の政治テーマとはわけが違う。

 国民の警戒感が一気に高まる。

 弱り切っていた野党共闘が一気に吹き返す。

 こんどこそ公明党が反発する。

 そして来年4月末の天皇陛下の退位前に政治が混乱する。

 静かな雰囲気で退位してもらうと言っていた自らの言葉に反し、天皇をないがしろにする安倍首相という事になり国民の反発を受ける。

 愚かだ。

 どうせ3選は確実だ。

 3選を果たせばあと3年は安泰だ。

 新たな天皇と共に時代もますます戦後から離れて行く。

 憲法9条改憲はそれからでも決して遅くないのだ。

 それがわからない安倍首相は愚かの極みと言うほかはない。

 もっとも私はそれを歓迎する。

 憲法9条を変えようとする安倍首相が憲法9条に返り討ちにあうからだ。

 それこそが安倍首相の終わりにふさわしい姿だと思うからである(了)

*****
# by kuroki_kazuya | 2018-08-15 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)
極楽寺
a0043276_5574317.jpg
a0043276_558911.jpg
a0043276_5581987.jpg
a0043276_6254817.jpg

# by kuroki_kazuya | 2018-08-14 07:15 | 写真 | Comments(0)
福島港第35回花火大会
a0043276_6575774.jpg
a0043276_6582215.jpg
a0043276_6583326.jpg
a0043276_658576.jpg

# by kuroki_kazuya | 2018-08-14 07:05 | 記録 重要 | Comments(0)
大雨時の
汚染水増抑制へ 

第一原発建屋


8/13(月) 9:43配信より一部

福島民報

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00000994-fminpo-l07

 東京電力が福島第一原発で進めている原子炉建屋への雨水流入対策で、八月末にも大雨時の汚染水の増加量を最大で約千九百トン抑制できる見通しとなった。昨年十月の台風による大雨時に建屋内に想定を超えて流れ込んだ雨水の約八割に当たる量を減らせるようになる。

 東電は1~3号機で昨年の大雨時に建屋流入量の推定値と実績値が大きく異なった原因を突き止め、対策に当たっている。1号機で建屋付近のケーブル配管を埋める作業を進めており、八月末の完了で最大約千五百トンの流入を抑制できる見通し。2号機で七月に対策を終えた屋根の配管の改修によって減らせる汚染水約四百トンと合わせて約千九百トンの発生を抑えられる見込みだ。

・・・(後略)
# by kuroki_kazuya | 2018-08-14 06:55 | 東電 出鱈目 資本 | Comments(0)
関西電力が

洋上風力発電に出資


8/14(火) 0:17配信より一部

読売テレビ

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180814-00000001-ytv-soci

関西電力は日本の電力会社として初めて海外の洋上風力発電事業に出資すると発表した。関西電力が出資するのはイギリス東海岸の北海沖で2021年に運転開始を予定している「トライトンノール洋上風力発電所」の建設・運営会社。

・・・(後略)
# by kuroki_kazuya | 2018-08-14 06:45 | 九電労組 | Comments(0)
台湾の
洋上風力発電計画が本格化 

事業者9社決定 
「脱原発ありき」高コスト懸念も


8/13(月) 22:37配信より一部

産経新聞

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00000551-san-cn

 【台北=田中靖人】2025年の脱原発を目指す台湾で、洋上風力発電計画が本格化し始めている。目標発電容量5・5ギガワット分の事業者が6月、内外の9社に決まり今後、契約手続きに入る。蔡英文政権は25年の発電量に占める再生エネルギー比率を17年の5%から20%に引き上げる計画で、洋上風力は再生エネの中で太陽光に次ぐ電源となる。ただ、電力価格の上昇など課題を指摘する声は根強い。

 台湾海峡は特に冬場に強い風が吹き、世界で有数の風力発電の適地とされる。台湾当局は、騒音問題を生み設置場所が限られる陸上風力より、風車を大型化でき発電効率の良い洋上風力に注目。台湾本島の西側中部沖を中心に16カ所の「発電場」を設定し、事業者の選定を進めてきた。現在はモデル事業で苗栗(びょうりつ)県沖に風車2基が設置されている。

 洋上風力は当初、計3ギガワット分の発電装置の設置を想定していたが、その後の調査で5・5ギガワットまで拡大できると判断。20~24年に発電を開始する固定買い取り価格制を随意契約で約3・8ギガワット、25年に発電を開始する約1・7ギガワットを価格競争入札で整備することを決め、4月末と6月にそれぞれ事業者が決まった。発電量は台湾全体の7%程度となる見通し。投資額は9625億台湾元(約3兆5千億円)に上ると見積もられ、発電設備の納入には日本企業も参加する。

・・・(後略)
# by kuroki_kazuya | 2018-08-14 06:35 | 九電労組 | Comments(0)
「次の国会に改憲案」 

首相講演、
総裁選の争点に


東京新聞 2018年8月13日 夕刊より一部

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/list/201808/CK2018081302000082.html

 安倍晋三首相は十二日、山口県下関市で講演し、改憲について「自民党としての憲法改正案を次の国会に提出できるよう、取りまとめを加速すべきだ」と時期を明示した。秋の臨時国会が念頭にあるとみられる。首相は九月の自民党総裁選に関連し「党員の間で(改憲)議論を深め、一致団結して前に進むきっかけとなることを期待する」と総裁選での主要争点とする考えを示した。

 首相は憲法への自衛隊明記に向けた「決意」を表明した上で「いつまでも議論だけを続けるわけにはいかない」と強調した。

 自民党は自衛隊明記など改憲四項目の条文案をまとめているのに対し、総裁選に出馬表明した石破茂元幹事長は、九条二項を削除する全面改憲が持論だが、九条改憲を優先しない考えを示している。総裁選では、九条の考え方が最大の焦点になりそうだ。

・・・(後略)
# by kuroki_kazuya | 2018-08-14 06:25 | 反動 | Comments(0)
みなさま、時間のアル時に
是非、「天木 直人の公式ブログ」へ
お出で頂きたい。と、思います。<<KK>>

ーーーーーーーーーーーーーー

俄然面白くなってきた
安倍と石破の一騎打ち


「天木 直人の公式ブログ」  
2018年8月13日より転載


 大手新聞は一切報じなかったが、ネット上の書き込みが教えてくれた。

 8月10日の自民党総裁選の出馬宣言の記者会見で、石破茂氏は記者クラブ以外のフリー記者の参加も認め、しかもあらゆる記者の、あらゆる質問に答えたというのだ。

 石破茂は覚悟を決めたようだとは思っていたが、これは凄い。

 これでいよいよ9月の自民党総裁選における安倍・石破の一騎打ちが、俄然面白くなってきた。

 しかし、総裁選の討論には時間的限りがある。

 そこで提案だ。

 自民党総裁選までまだひと月以上ある。

 その間に流す大手メディアの政治ニュースは、すべて安倍首相に都合のいい提灯記事ばかりになるのは目に見えている。

 そんなつまらないニュースにうんざりする国民を喜ばせるために、石破氏はフリー記者を含めたメディアと、総裁選の討論の予行演習を行うのだ。

 記者から思いのたけの質問をさせ、それらのすべてに安倍政治に対する批判的持論を打ち出すのだ。

 もちろん加計・森友疑惑や山口某準強姦疑惑をうやむやにしてはいけない、自分が首相になれば白黒つけるため指揮権を発動すると明言する。

 しかし、何と言っても私は外交・安保に期待する。

 日米地位協定の抜本的改正について安倍首相の覚悟を迫ってもらいたい。

 そして憲法9条改憲だ。

 安倍首相は山口県の自民党員の会合で、あらためて改憲の意欲を示したらしい。

 災害救済に尽くしている自衛隊を違憲状態に置いたままではかわいそうだから自衛隊明記の改憲を自分の手で行うと。

 中身はどうでもいいから、国民が騙されやすいところから手をつけて改憲すると認めたようなものだ。

 石破氏には、すかさずこう持論で反論してもらいたい。

 これまでの自民党が考えていた改憲案とは異なる、こんないい加減な改憲ならしない方がいいと。

 改憲するなら、堂々と自衛隊を軍隊と認める本来の改憲をすべきだと。

 しかし、いまは国民の理解が得られていない。

 だから今はまだ改憲すべき時ではない。

 ましてや覚悟のないあなたの手で自衛隊明記だけの改憲をさせるわけにはいかないと。

 こう言えば、私を含めた護憲論者たちも納得する。

 繰り返し、石破氏に提案したい。

 これは石破氏に対する私の究極の助言である。

 総裁選まで十分に時間がある。

 総裁選の一騎打ち政策討論の予行演習と称して、フリー記者を含むすべてのメディアに対する記者会見をもう一度開くのだ。

 いや、何回開いてもいい。

 そこで、もう一度、記者の質問のすべてに答えるのだ。

 そうすれば、もはや9月末の総裁選の政策論争は不要になる。

 あとは一方的に安倍首相の答えを聞くだけでいい。

 安倍首相の話す事を聞いて一票を投じる自民党議員は、皆、安倍に忖度するしかないバカ議員と言う事になる。

 次の選挙で落選必至だ。

 石破氏よ。

 最後にもう一度提言する。

 総裁選の一騎打ち政策討論の予行演習をかねて、フリー記者を含むすべてのメディアに対する記者会見をもう一度開くのだ。

 これ以上ない安倍首相に対する宣戦布告だ。

 総裁選を待つまでもなく、安倍首相との戦いに勝てること間違いない(了)

*****
# by kuroki_kazuya | 2018-08-14 06:05 | 日本の今後 | Comments(0)
極楽寺
a0043276_1338197.jpg
a0043276_13381532.jpg
a0043276_13384574.jpg
a0043276_1339048.jpg

# by kuroki_kazuya | 2018-08-13 07:07 | 写真 | Comments(0)
「起訴すべきだった」

=画期的と遺族側弁護士
―日航ジャンボ機墜落


8/12(日) 6:35配信より一部

時事通信

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180812-00000002-jij-soci

 遺族組織「8・12連絡会」顧問の海渡雄一弁護士の話 供述調書を見たことはないし、一人一人の供述も聞いたことがない。

 全容が明らかになったのは画期的だ。予見可能性をうかがわせる供述もあり、重要だ。この供述を見ても、検察審査会が不起訴不当と議決した2人について、検察は起訴すべきだった。

 当時の検察審査会には、強制起訴の制度がなく、捜査資料や供述内容が世の中に出ないまま闇に葬られた。これをいつか世に出せないかと思っていた。それをやってくれたことになる。

・・・(途中略)

 日航機墜落事故も関係者を起訴し、
裁判所で審理すべきだった。
個人の責任追及はできなくても、
(供述の報道で)何が起きたかを
明らかにする意味は大きい。

# by kuroki_kazuya | 2018-08-13 06:55 | 裁判 | Comments(0)